自己流の処理は、あまりおすすめできません


毛先の枝毛や、プチッと切れてしまった切れ毛は、とても厄介な存在です。

ぴょんぴょんと短い髪が飛び出たり、スタイリングがうまくいかなくなったりと、悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?

しかし、だからといって、毛先を切ったり、髪の毛そのものを抜いてしまったり、自己流の処理をしていませんか?

間違った処理を行うと、さらに切れ毛や枝毛を悪化させることもあるので、注意が必要です。

適切な処理方法を知り、きれいな髪をキープしましょう。

切れ毛や枝毛は、美容院で処理してもらいましょう

切れ毛や枝毛になってしまったら、どんなケアをしても、元通りになることはないので、髪を切るしかありません。

しかし、素人がやみくもにカットすると、髪にダメージを与えてしまったり、切り口からさらに髪が裂けてしまったりするので注意しましょう。

切れ毛や枝毛が気になるようになったら、美容院で髪のプロに切ってもらうのが一番です。

なぜなら美容師さんは、髪の傷み具合や悩みに応じて、適切に処理してくれるからです。

とはいえ、忙しくて美容院に行けないときもあるでしょう。

そんなときは、一時的な対処方法を知っておくと便利です。

例えば、短い髪が飛び出てしまう場合は、ワックスやスプレーなどのスタイリング剤をなでつけるようにすると、目立ちにくくなります。

また、毛先に洗い流さないトリートメントやヘアオイルをつけると、髪のまとまりが良くなります。

ただし、これらはあくまでも一時的なもので、切れ毛や枝毛を改善するわけではありません。

切れ毛や枝毛ができたら、なるべく早めに美容院に行くようにしましょう。

切れ毛や枝毛の原因を知り、繰り返さないようにしましょう


切れ毛や枝毛にならずに、きれいな髪を保つためには、まず切れ毛や枝毛の原因を知ることが大切です。

そもそも、なぜ切れ毛や枝毛になってしまうのでしょうか。

実は切れ毛も枝毛も、原因は髪のダメージです。

髪は、ダメージを受けると、キューティクルがはがれて、髪の内部の水分やタンパク質が流出してしまいます。

すると、髪の内部に空洞ができたり、髪の内部のタンパク質の結合が壊れてしまったりして、切れ毛や枝毛を引き起こすのです。

では、髪にダメージを与える原因には、どんなものがあるのでしょうか?

  • 乱暴なブラッシング
  • 逆毛を立てるなど、スタイリング時の摩擦
  • 髪の自然乾燥
  • ドライヤーで乾かし過ぎ
  • 紫外線
  • パーマやヘアカラー

以上のような要因によって、髪はダメージを受けてしまいます。

これらを改善しない限り、いくら切れ毛や枝毛の処理をしても、改善することはできません。

そのため、切れ毛や枝毛を根本的に解決するためには、毎日の髪のケアを見直し、髪にダメージを与えないような環境にすることが大切です。

また、育毛環境を整え、ダメージを受けにくい健康で丈夫な髪を育てるために、生活習慣の見直しや改善も効果的です。

髪のダメージを予防して、美しい髪を目指しましょう

切れ毛や枝毛を予防するためには、髪のダメージを防ぎ、キューティクルを傷つけないようにすることが大切です。

髪は、死んだ細胞の集まりなので、修復機能がなく、一度傷ついてしまうと、元に戻ることはありません。

だからこそ、ダメージを受けないようにする必要があるのです。

では、どうすれば髪のダメージを防げるのでしょうか?

それは、いつものヘアケアを優しく丁寧にすることです。

例えば、何げなくやりがちなブラッシングを、毛先から優しく行います。

そうすることで、余計な髪への負担を防げます。

また、ブラッシング用のブラシを、静電気が起こりにくい動物の毛のブラシに変えるのも効果的です。

そして、ドライヤーやヘアアイロンを使う前に、トリートメントやオイルで髪を保護すれば、熱のダメージを軽減できます。

このように、いつもより少し丁寧に優しく髪を扱うだけでも、ダメージを受けにくくすることができるのです。

まずはできることから、少しずつ実践し、美しい髪をキープしましょう。

(まとめ)切れ毛や枝毛ができてしまったら、自分で処理してもいいの?

1. 自己流の処理は、あまりおすすめできません

切れ毛や枝毛は、目につきやすく気になってしまうものです。

しかし、自分で切ったり、抜いたりといった処理をすると、余計に切れ毛や枝毛を悪化させる可能性もあるので注意しなければなりません。

適切な処理方法を知り、美しい髪を保ちましょう。

2. 切れ毛や枝毛は、美容院で処理してもらいましょう

切れ毛や枝毛ができてしまったときは、美容院で髪の傷み具合を確認してもらい、毛先をきれいに切ってもらいましょう。

また、すぐに美容院に行けないときは、スタイリング剤やトリートメント、オイルなどを活用して、対処するのがおすすめです。

3. 切れ毛や枝毛の原因を知り、繰り返さないようにしましょう

美容院で切れ毛や枝毛の処理をしてもらっても、切れ毛や枝毛の原因となる髪のダメージを取り除かなければ、何度も繰り返すので注意しましょう。

乱暴なブラッシングやスタイリングのときの摩擦など、髪のダメージを予防しましょう。

4. 髪のダメージを予防して、美しい髪を目指しましょう

髪は自己修復機能がないので、一度ダメージを受けてしまうと、元には戻りません。

そのため、美しい髪を保つためには、ダメージを予防することが大切です。

いつものヘアケアを見直し、髪を丁寧に優しく扱い、ダメージから髪を守りましょう。