切れ毛は髪がちぎれた状態、枝毛は縦に裂けたものです


切れ毛や枝毛があると、まとまりのない髪になったり、せっかくのヘアアレンジもきれいに仕上がらなかったりと、女性にとって悩ましいものです。

そこで、まず切れ毛や枝毛について詳しく知っておきましょう。

まず、切れ毛は、髪が途中で不自然にちぎれてしまった状態の髪のことを指します。

そして、枝毛は、毛先から縦に裂けてしまった状態の髪をいいます。

この2つは、見た目は全く異なっているのです。

ところが、切れ毛と枝毛に共通している部分もあります。

それは、切れ毛や枝毛を引き起こす原因です。

切れ毛や枝毛の主な原因は、髪のダメージで、これにより髪がもろくなってしまうと、切れ毛や枝毛が起こります。

髪のダメージの蓄積によって、切れ毛や抜け毛が起こります

切れ毛と枝毛は、実は原因は同じで、髪のダメージです。

髪のダメージには、以下のようなものがあります。

  • パーマ、ヘアカラー
  • 摩擦
  • ドライヤーやヘアアイロンの熱
  • 乾燥
  • 紫外線

これらは、髪の一番外側にあるキューティクルを傷つける原因です。

キューティクルには、髪の内部を守る働きがあるので、はがれたり、めくれたりすると髪の内部にまでダメージが進んでしまいます。

すると、髪の内部にある繊維質の結合を断ち切ってしまったり、中に空洞を作ったりして切れやすく、裂けやすい状態なってしまうのです。

そのため、外からのダメージによる切れ毛や枝毛は、毛先部分に起こりやすくなるのが特徴です。

毛先にいけばいくほどダメージが蓄積されているので、ロングヘアの女性はとくに、切れ毛や枝毛に悩まされがちになります。

髪は、内側からもダメージを受けるので注意しましょう


髪のダメージは、外側からのものと、内側からのものがあります。

外側からのダメージは、先ほど説明したパーマやヘアカラー、摩擦などのことです。

それとは違い、髪は内側、つまり体内や頭皮の環境によってダメージを受けることがあります。

  • 栄養不足
  • 血行不良
  • 生活習慣の乱れ
  • 女性ホルモンの減少

以上のような原因があると、頭皮環境が悪化したり、育毛を阻害したりする可能性があります。

すると、健康な髪が生えることができず、細く弱い髪が生えてしまうのです。

細い髪は、太い髪に比べてもろく、ちょっとしたダメージによって、切れたり、裂けたりすることがあります。

そのため、切れ毛や枝毛を根本的に改善するためには、育毛環境を整えることも大切なのです。

切れ毛や枝毛を防ぐには、シャンプー方法を見直しましょう

切れ毛と枝毛を防ぐためには、日頃のヘアケアを見直すのが効果的です。

とくに、髪が濡れてダメージを受けやすくなるシャンプー時のケアのしかたを見直すだけでも、髪のダメージを減らす効果が期待できます。

まず、シャンプー時には、以下の点に気をつけましょう。

  • シャンプー前にブラッシングをする
  • シャンプーは泡立ててから頭皮、髪につける
  • 髪をこらないように、頭皮を洗う

以上の3つを意識すれば、シャンプーの際の髪の摩擦を予防し、キューティクルがはがれるのを防ぐことができます。

そして、シャンプー後のケアも大切です。

  • タオルで髪をゴシゴシこすらないようにする
  • 洗髪後は、なるべく早く髪を乾かす

タオルで髪の水気を拭き取るときは、優しくポンポンと抑えるようにすると、摩擦を軽減できます。

また、髪が濡れた状態で放置すると、頭皮環境も悪くなるので、すぐにドライヤーで乾かしましょう。

乾かすときは、ドライヤーを髪や頭皮に近づけすぎないようにし、根元から毛先に向かって風があたるようにすると、キューティクルも整いやすく、艶のある美しい髪に仕上がります。

また、ドライヤー前に、洗い流さないトリートメントやオイルをつけると、熱のダメージを軽減できるでしょう。

このように、いつもより髪を労わることで切れ毛や枝毛は予防できるので、切れ毛や枝毛に悩んでいる人は、実践してみましょう。

(まとめ)切れ毛と枝毛には、どんな違いがありますか?

1. 切れ毛は髪がちぎれた状態、枝毛は縦に裂けたものです

切れ毛は、髪が途中でちぎれてしまった髪のことをいいます。

一方、枝毛は、毛先が縦に裂けた状態を指します。

切れ毛と枝毛は、見た目には明らかな違いがありますが、その原因は同じで、髪のダメージによって起こっています。

2. 髪のダメージの蓄積によって、切れ毛や抜け毛が起こります

切れ毛と枝毛の原因は、髪のダメージです。

髪にダメージを与える要因には、以下のようなものがあります。

  • パーマ、ヘアカラー
  • 摩擦
  • ドライヤーやヘアアイロンの熱
  • 乾燥
  • 紫外線

これらは、キューティクルを傷つけ、切れ毛や枝毛につながります。

3. 髪は、内側からもダメージを受けるので注意しましょう

体内や頭皮の環境によっても、髪にダメージを与えます。

  • 栄養不足
  • 血行不良
  • 生活習慣の乱れ
  • 女性ホルモンの減少

これらによって、育毛が阻害されると、健康な髪が育たず、切れ毛や枝毛になりやすい髪が生えてしまいます。

4. 切れ毛や枝毛を防ぐには、シャンプー方法を見直しましょう

シャンプー方法やシャンプー後のケアによって、かえってダメージを進行させる恐れがあるので注意が必要です。

髪に摩擦が起きないよう丁寧にシャンプーしましょう。

そして、シャンプー後は、ドライヤーで素早く乾かしましょう。