産後の髪のトラブルの主な原因は、女性ホルモンの減少です


産後に抜け毛の増加や切れ毛、髪のパサつきやうねりなど、さまざまな毛髪トラブルが増えるのは、女性ホルモンの減少が関わっていると考えられています。

それは、女性ホルモンには、髪の成長を促したり、美しさを保ったりする役割があるからです。

この女性ホルモンは、妊娠中はたくさん分泌されています。

しかし、出産を終えると、女性ホルモンの分泌量は一気に減少するため、産後はホルモンバランスが乱れた状態になりやすいのです。

このように、産後はホルモンバランスが乱れ、女性ホルモンが減少するため、髪の成長がスムーズにいかず、毛髪トラブルが増えやすくなると考えられています。

産後は、毛髪トラブルを引き起こす原因がたくさんあります

産後の切れ毛や抜け毛などの原因は、主にホルモンバランスですが、産後はそれ以外の要因も考えられます。

ヘアケア不足

産後は、とにかく赤ちゃんのお世話で大忙しです。

そのため、ついつい自分の髪のケアは後回しになりがちになります。

シャンプーやトリートメントが不十分であったり、髪をしっかり乾かせなかったりする生活が続くと、どうしても髪はダメージを受けやすくなります。

睡眠不足

赤ちゃんは、昼夜問わず泣き出すので、これまで通り夜にまとまって寝るということが難しくなります。

また、赤ちゃんが気になって熟睡するのも難しいでしょう。

そのため、睡眠時間の不足や睡眠の質の低下により、ホルモンバランスや自律神経が乱れて、髪の成長を阻害してしまう可能性があります。

ストレスや疲労の蓄積

慣れない育児や、育児の悩みによって、ストレスと疲労が蓄積されがちです。

これにより自律神経やホルモンに異常をきたし、抜け毛や切れ毛につながります。

不十分な食事

産後は、ゆったりと食事を準備することも難しく、また十分な食事を食べることもままなりません。

すると、栄養不足な状態になり、髪の成長にまで栄養分が回ってこなくなり、健康な髪が育たなくなってしまいます。

産後の毛髪トラブルを改善しましょう


産後の髪のトラブルを改善するためには、以下の点に注意して生活すると良いでしょう。

こまめに休養をとる

赤ちゃんとの生活は、ストレスや疲れが溜まりやすいので、こまめに休養をとるようにしましょう。

また、赤ちゃんが寝ている時間は、自分も横になったり、お昼寝をしたりするのがおすすめです。

赤ちゃんのお世話と、自分の身の回りのことだけするようにし、無理はしないようにしましょう。

栄養のあるものを少しずつ食べる

産後は、まとまった食事の時間を確保するのは難しいので、ちょっとつまめるおかずやおにぎりなどを常備しておくと良いでしょう。

たっぷりの野菜とお肉などをまとめて煮込んで、スープにしておけば、手間も少なく、栄養と水分補給が同時にできるのでおすすめです。

産後は無理せず、赤ちゃんとの生活を楽しみましょう

産後は、赤ちゃんのお世話で手いっぱいになってしまうのは、どんなお母さんでも一緒です。

そのため、ホルモンバランスが乱れてしまうのを、完全に防ぐのは難しいでしょう。

とはいえ、抜け落ちる髪や、プツプツと切れる髪を見ると、心配になることもあるかもしれません。

しかし、ホルモンバランスは徐々に落ち着いてくるものなので、あまり心配しすぎないようにしましょう。

また、産後は、出産によって身体も疲労しており、すべてを完璧にしようとしてもうまくいかないことも多い時期です。

まずは、赤ちゃんのお世話を優先し、周りの人に上手に頼りながら生活を送るようにしましょう。

無理せず、そして、焦らず、まずは赤ちゃんとの生活を楽しんでみてください。

少しでもリラックスして、楽しい育児生活を過ごすほうが、かえってストレスが軽減できるので、ホルモンバランスや身体の回復のためには効果があるのではないでしょうか。

(まとめ)なぜ産後に、切れ毛や抜け毛などの毛髪トラブルが増えるの?

1. 産後の髪のトラブルの主な原因は、女性ホルモンの減少です

出産を終えると、それまでたっぷり分泌されていた女性ホルモンが急激に減少します。

髪の成長に関わる女性ホルモンが少なくなると、育毛が阻害されるので、抜け毛や切れ毛、パサつき、うねりなど、さまざまな毛髪トラブルを引き起こしてしまうのです。

2. 産後は、毛髪トラブルを引き起こす原因がたくさんあります

産後の生活の中には、女性ホルモンの減少以外にも、育毛を阻害する要因があります。

  • ヘアケア不足
  • 睡眠不足
  • ストレスや疲労の蓄積
  • 不十分な食事

これらは、ホルモンバランスの乱れと相まって、さらに育毛を妨げます。

3. 産後の毛髪トラブルを改善しましょう

産後の生活を見直せば、ある程度毛髪トラブルを軽減できます。

こまめに休養をとり、身体の疲れや睡眠不足を解消しましょう。

また、作り置きのおかずやおにぎりのように、さっとつまめるものを用意して、栄養補給も忘れないようにしましょう。

4. 産後は無理せず、赤ちゃんとの生活を楽しみましょう

出産は、母体への負担も大きいので、赤ちゃんのお世話や身の回りのことだけするようにし、身体の回復に努めましょう。

無理しすぎるのは禁物です。

ときには周りの人にサポートをお願いしながら、赤ちゃんとの生活を楽しみましょう。