細毛の人は、切れ毛になりやすい傾向にあります


細毛とは、髪が細く痩せていき、コシがない髪のことをいいます。

細毛になってしまうと、髪が弱っているので、ちょっとしたダメージによって切れやすくなってしまいます。

そのため、日々のお手入れに気を配ったり、髪をダメージから守ったりと、手をかけてやらなければなりません。

また、髪がやせ細るのは、女性の薄毛の初期症状でもあります。

昔に比べて髪が痩せてきた、髪のボリュームが減ってきたと感じたら、早めに対処することが大切です。

太くて強い髪を育て、切れ毛や薄毛を予防、改善するためには、外からのケアと内からのケアを怠らないようにしましょう。

細毛になる原因には加齢や生活習慣などが関係しています

毛髪の太さや硬さなどの髪質には、個人差があり、さまざまな要因により変化するものです。

細毛についても、もともと髪が細い人もいれば、生活環境によって細毛になる人もいます。

生まれたときから髪が細い場合は、遺伝などの要因によって髪質が決まっていると考えられます。

そして、徐々に髪が細く変化してしまう原因には、以下のようなものが挙げられます。

  • 加齢
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 不規則な生活
  • 栄養不足
  • ストレス

以上のような要因によって、髪が細く、弱くなってしまう可能性があるのです。

もともと髪が細い人は、完全に髪質を変えるのは難しいのですが、細毛がだんだん気になるようになってきた人は、しっかりケアしてあげれば改善する可能性があります。

もともと細毛の人は、外からのケアに力を入れましょう


髪質は、遺伝などによって決まる部分もあるため、生まれ持った髪質を変えるのは難しいでしょう。

そのため、もともと細毛の人は、改善しない可能性もあります。

しかし、だからといって切れ毛を防ぐ方法がないわけではありません。

生えてくる髪は細くても、外からしっかりケアしてあげれば、切れ毛は予防できる可能性もあるのです。

では、どのようなケアが必要なのでしょうか。

ケア方法として、大切なのは、髪を保護することです。

髪は、一旦傷んでしまうと、自己修復ができません。

そのため、髪が傷まないように保護してあげること、そして、傷んでしまったら外からのケアで補修してあげることが大切になのです。

その際、洗い流すタイプのトリートメント剤、アウトバストリートメントやオイルを使用するのが、手軽で毎日続けやすいのではないでしょうか。

そして、日々の生活の中で、必要以上に髪にダメージを与えないことも大切です。

  • ドライヤーの熱
  • 紫外線
  • 無理なブラッシング
  • 摩擦や静電気

これらは、ダメージヘアの原因になります。

ヘアケアをするときは、髪を丁寧に優しく扱うようにし、髪に余計な負担をかけないようにしましょう。

そうすれば、細毛であってもある程度切れにくくする効果が期待できます。

そして、今よりも髪が細くなってしまわないように育毛環境も整えることも大切です。

育毛環境を整えれば、細毛を改善できる可能性があります

昔に比べて髪が細くなってきたと感じている場合は、育毛環境が悪いために細毛になってしまっているのかもしれません。

その場合は、育毛環境を整えれば改善する可能性があります。

生活習慣を見直す

健康な髪を育てるためには、健康的な生活を送ることが大切です。

規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

栄養不足を解消する

栄養が足りていないと、髪の成長に必要な栄養分を確保することができません。

すると、髪の成長を妨げることになります。

毎食きちんと栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

頭皮の血行を改善する

髪の成長に必要な栄養分は、頭皮の毛細血管を通って毛根に届けられます。

しかし、頭皮が血行不良になっていると、毛根に十分な栄養素を届けられなくなります。

そのため、頭皮の血行改善は、育毛環境を整える上で重要です。

ホルモンバランスを整える

女性ホルモンには、髪の成長を促進する作用があります。

しかし、ホルモンバランスが乱れて、女性ホルモンが減少すると、髪の成長を妨げ、抜け毛や切れ毛などのトラブルを引き起こすので注意しましょう。

(まとめ)細毛は切れ毛になりやすいの?改善策はある?

1. 細毛の人は、切れ毛になりやすい傾向にあります

細毛とは、髪が細く痩せ、コシのなくなってしまった髪のことをいいます。

髪が細いと、太い髪に比べて切れ毛が起こりやすくなります。

また、髪が痩せてしまうのは、薄毛の兆候である可能性もあるので、適切なケアが必要です。

2. 細毛になる原因には加齢や生活習慣などが関係しています

もともと髪が細い人の場合は、遺伝などの要因によって細毛になっていると考えられます。

昔に比べて髪が痩せてきたという場合は、加齢や生活習慣などによって、育毛が阻害されたことにより、髪質が変化したものだといえるでしょう。

3. もともと細毛の人は、外からのケアに力を入れましょう

生まれ持った髪質を改善させるのは難しいでしょう。

しかし、細毛だからといって、切れ毛が防げないわけではありません。

トリートメントなどで髪を保護して、出来るだけ髪に負担をかけないようにすれば、細毛であっても、切れ毛をある程度予防する効果が期待できます。

4. 育毛環境を整えれば、細毛を改善できる可能性があります

育毛環境が悪くなった結果、細毛になっている場合は、適切なケアを行えば改善する可能性があります。

生活習慣を見直し、食生活の乱れを正し、健康的な生活を送りましょう。

また、頭皮の血行やホルモンバランスにも気を配りましょう。