ダメージケアと育毛ケアを行い、切れ毛を予防しましょう


きれいなロングヘアーを目指すなら、切れ毛をしっかり予防してあげることが大切です。

では、そもそもなぜ切れ毛が起こってしまうのでしょうか。

実は、切れ毛には、大きく分けると2種類あります。

1つは、髪の毛へのダメージによる切れ毛です。

生活の中には、髪を傷めてしまう原因がたくさんあります。

たとえば、紫外線や摩擦、乾燥、ドライヤーやヘアーアイロンの熱などです。

そして、もう1つは、育毛環境が何らかの理由で悪化し、健康な髪が生えてこないために起こる切れ毛があります。

というのも、育毛環境が悪いと、健康な髪が生えてきません。

すると、細く弱い髪が生えてしまい、ちょっとした負荷によって、簡単にちぎれてしまうのです。

このように、切れ毛には、主にダメージによるものと、育毛環境の悪化によるものがあります。

そのため、切れ毛を防いで、美しいロングヘアーを目指すのであれば、ヘアケアで髪をダメージからしっかり守り、太くて強い髪を育てるケアが必要になってくるのです。

切れ毛をチェックして、原因を見つけましょう

切れ毛の原因は、髪のダメージと、育毛環境の悪化によるものがあるとお伝えしました。

では、自分はどのタイプにあてはまるのかをチェックしてみましょう。

切れ毛が起こる場所によって、原因をある程度推測することができます。

毛先で起こる切れ毛

毛先になるほど、切れ毛になりやすい場合は、髪のダメージによる傷みが原因だと推測できます。

このタイプの切れ毛は、しっかり毛先をケアしてあげると効果的です。

しかし、極端に傷んでいる場合は、毛先だけでも切って整える方が効果的でしょう。

根本付近で起こる切れ毛

毛先ではなく、頭皮の近くで、切れ毛が起こる場合、育毛環境が悪化している可能性があります。

一般的に、切れ毛が多いのは毛先部分で、根元部分はダメージが少ない部分です。

そのため、根元部分は切れ毛になりにくいともいえます。

しかし、髪そのものが弱いと、根元部分でも切れ毛が起こることがあります。

このタイプの人は、頭皮のケアを取り入れ、育毛環境を改善しましょう。

日々のヘアケアを見直し、ダメージから髪を守りましょう


髪のダメージによる切れ毛の場合は、髪の毛の傷みを修復し、保護してあげることが大切です。

髪はダメージを受けてしまうと、自力では元に戻ることができません。

だからこそ、手間をかけて、適切なヘアケアをすることが必要なのです。

では、どのようなケアを行えばいいのでしょうか。

ダメージから髪を守るためのポイントを、5つ、ご紹介します。

  1. トリートメントで、髪に栄養と水分を補給する
  2. アウトバス・トリートメントで髪の毛を保護する
  3. シャンプー後は、必ず、髪を乾かす
  4. 帽子やスプレータイプの日焼け止めで、紫外線対策をする
  5. 優しく丁寧にブラッシングをする

これ以外にも、日々のヘアケアをいつもより丁寧に優しくするようにして、なるべく髪に負担がかからないようにしてあげましょう。

毎日のケア次第で、切れ毛は、未然に防ぐことができますので、ぜひ実践してみてください。

育毛ケアを行い、切れ毛になりにくい髪を育てましょう

育毛環境の悪化による切れ毛は、育毛環境を改善し、健康で丈夫な髪を育てるケアで対策をしましょう。

生活習慣を見直す

夜更かしや運動不足などは、育毛環境を悪化させる原因です。

規則正しく、健康的な生活を目指しましょう。

栄養バランスの良い食事をとる

健康な髪が育つためには、栄養バランスのとれた食事を毎食きちんととるようにしましょう。

また、大豆や大豆製品に多く含まれるイソフラボンを積極的に摂取するのも髪のためにはおすすめです。

頭皮の血行を促進する

頭皮の血行が悪くなると、毛根に必要な栄養や酸素が十分には届かず、育毛が阻害されます。

頭皮マッサージを取り入れ、頭皮の血行を改善しましょう。

ストレスを発散する

過度なストレスは、血行不良や女性ホルモンの減少を引き起こし、育毛を阻害します。

なるべくストレスを溜めないように、上手に発散しましょう。

(まとめ)ロングヘアーにしたいけれど、切れ毛が心配…対策はあるの?

1.ダメージケアと育毛ケアを行い、切れ毛を予防しましょう

切れ毛の原因は、大きく分けると2つあります。

1つは、紫外線や摩擦などのダメージによるもの、そして、もう1つは、育毛環境の悪化です。

切れ毛を防ぐためには、ダメージケアと育毛ケアを同時に行う必要があります。

2.切れ毛をチェックして、原因を見つけましょう

切れ毛の状態によって、髪のダメージによる切れ毛なのか、育毛環境が悪化しているのかを判断することができます。

毛先付近で、切れ毛が起こる場合は、髪のダメージによる可能性が高いでしょう。

また、根本付近で起こる切れ毛は、育毛環境の悪化によるものだと考えられます。

3.日々のヘアケアを見直し、ダメージから髪を守りましょう

毛先付近の切れ毛を防ぐためには、髪のダメージケアを行うのが効果的です。

定期的にトリートメントをして、キューティクルを整えてあげましょう。

そして、アウトバス・トリートメントなどで乾燥や摩擦によるダメージから髪を保護すると、より効果が期待できます。

4.育毛ケアを行い、切れ毛になりにくい髪を育てましょう

根元付近で切れ毛が起こるときは、頭皮環境を整え、丈夫な髪が生えてくるようにしましょう。

生活習慣の見直しや、食生活の改善、頭皮の血行促進などを行うと効果が期待できます。

また、ストレスは髪の成長を妨げる原因になるので、極力ストレスを溜めない生活を心がけましょう。