生活のなかで発生する内外からのダメージが原因だからです


切れ毛とは、途中で切れてしまった毛髪のことです。毛根から抜け落ちてしまう、抜け毛とは異なります。

毛髪が途中で切れる原因には、大きく分けて外的要因と内的要因があります。

外的要因は、たとえば強すぎるパーマやカラー、間違ったドライヤーの使い方、紫外線による乾燥などがあります。内的要因とは、ダイエットのし過ぎによる栄養不足、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。

強く美しい毛髪にするための栄養や、毛髪を成長させることにも関わるホルモンは、非常に重要なのです。

いずれの場合も、毎日のヘアケアの改善や、スペシャルケアの実施、食事内容や生活習慣を見直すことで、時間をかけて改善することは可能です。ただ、一度切れてしまった毛髪そのものを元に戻すことは残念ながら、できません。

ヘア・スタイルがまとまらなくなってしまうほどダメージが大きい切れ毛の場合は、思い切ってヘア・スタイルを変えてみるという解決策もあります。

切れ毛は習慣の改善で対策できます

パーマ・カラー・縮毛矯正のやりすぎ

これらは毛髪を薬剤などで痛めるため、切れ毛の原因になります。美容師と相談して、毛髪を痛めないような方法でのパーマや縮毛矯正、またはヘア・スタイルを工夫してみましょう。

紫外線

毛髪は紫外線によって傷み、切れ毛になる場合もあります。肌の日焼けと似ています。

この切れ毛は、日傘や帽子で毛髪を守れば防ぐことができます。紫外線は暑さに関係なく一年中ありますので、切れ毛がひどい場合はファッションに取り入れていきましょう。

間違ったヘアケア

ブラッシングで刺激しすぎることや、ドライヤーの熱風を一部分に当て続けることは、切れ毛の原因になります。

ヘアケアでできる切れ毛対策

トリートメントやヘアパックで保護しましょう。刺激の少ないブラシで丁寧にブラッシングしましょう。

天然素材のブラシを使い、もつれをゆっくりと解きながら丁寧にブラッシングすると、切れ毛の原因となる静電気や刺激を、比較的、少なくすることができます。

ドライヤー前には十分にタオルドライをし、ドライヤーは小刻みに動かしながら熱風を当てて、優しく乾燥させます。

切れ毛は食事と睡眠で改善できます


毛髪を成長させるのは、毎日の食事からくる栄養、とくにタンパク質が重要です。切れ毛の内的要因はこのタンパク質をはじめとした栄養不足です。

また生活習慣の乱れにより、毛髪を成長させるホルモンが不足することも、切れ毛の大きな原因です。

食事内容の改善

毛髪の成長のために必要なタンパク質(肉・魚・豆類)を積極的に摂りましょう。

ダイエットをしている方は、栄養バランスを見直し、食事制限だけでなく運動も取り入れましょう。毎食を野菜中心の献立にし、スイーツやジャンクフードを減らしましょう。

生活習慣の改善

質のよい睡眠を取るには、早寝早起きを心がけ、スマホを使う時間を調整して、就寝前には使わないようにしましょう。水分を適時摂り、部屋の湿度も気を付けて、乾燥を避けましょう。

ストレス解消や早寝早起き、毎食をきちんと食べて適度に運動する、といった規則正しい生活をし、ホルモンバランスを整えるために大きな役割を果たします。

ホルモンは毛髪の成長を促したり、頭皮を乾燥から守るよう働いたりします。

思い切ってショートヘアにしてみましょう

切れ毛になってしまった部分はもう修復しようがありません。

痛んだままの毛髪で、ヘア・スタイルのまとまりが悪いならば、いっそのこと、切れ毛の部分を切り落としてしまうのです。勇気が必要ですが、よい方法です。

その時にはヘアサロンに行って、切れ毛の部分をプロの美容師にチェックしてもらい、将来的にはどのようなヘア・スタイルにしたいのか希望を伝えてみましょう。

ショートヘアやセミロング、今より髪が短くなっても、正しいヘアケアと栄養を考慮した食生活を続け、そして規則的な生活習慣を継続することは重要です。

毛髪を外側と内側から美しく健康にする努力を続けていけば、今度は切れ毛の無い、ヘア・スタイルが決まる毛髪になれることでしょう。

(まとめ)ヘアケアと生活習慣が切れ毛と関係するのはなぜですか?

1. 生活のなかで発生する内外からのダメージが原因だからです

切れ毛は、毛髪が途中で切れてしまうことです。

その原因にはパーマやカラーのやりすぎ、紫外線や間違ったヘアケアといった外的なものと、栄養不足やホルモン不足といった内的なものがあります。

2. 切れ毛は習慣の改善で対策できます

パーマやカラーや縮毛矯正は薬剤で毛髪を痛め、紫外線は毛髪を乾燥させ、ブラッシングやドライヤーの間違ったやり方も切れ毛の原因となります。

毛髪を痛めないヘア・スタイルやヘアケアで切れ毛対策をすることができます。

3. 切れ毛は食事と睡眠で改善できます

間違った食事制限により、毛髪の成長のために必要となるタンパク質などの栄養が不足し、切れ毛になることがあります。

また睡眠不足やストレスが原因で、ホルモンバランスが乱れた時も、切れ毛が起こります。野菜中心の食事と運動、きちんと睡眠を取ることが必要です。

4. 思い切ってショートヘアにしてみましょう

切れてしまった毛髪は元に戻すことができません。

思い切って切れ毛の部分を切り落とし、ヘア・スタイルを短くすることはよい解決策です。次回、前よりもきれいな毛髪になるため、努力を続けましょう。