ダイエットが切れ毛の原因になることがあります


通常、髪の毛が健康な状態であれば、切れ毛になることはありません。

切れ毛の原因には、紫外線やドライヤー、パーマやヘアカラーなどによるダメージ、女性ホルモンの低下や、乱れた食生活、喫煙や睡眠不足などの生活習慣、ストレスなどがあります。

なぜダイエットで切れ毛になることがあるのでしょう。

実は、髪の毛は、ケラチンという18種類のアミノ酸が結合して作られており、このアミノ酸の組成は普段からの食事内容に大きく左右されることが分かっています。

そのためダイエットで、食事制限をしていたり、一つの食品しか食べなかったりといった食生活を送っていると、体だけでなく髪にまで栄養が行き届かなくなり、栄養不十分で切れ毛になってしまうのです。

ですから、ダイエットが原因で髪の毛が傷んだり切れたりしてしまうことは、髪の成分を考えると当然なのです。

また、ダイエットをしていなくても、ファストフードなど偏った食事ばかりとっていると、栄養不足により切れ毛ができます。

髪のためには、タンパク質、(脂質)、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどさまざまな栄養素をバランスよく摂ることが大切なのです。

切れ毛ができたらまずカット

切れ毛とは、髪の毛の表面を覆っているキューティクルがはがれ、そこから栄養分が出てしまうことで弱くなり切れてしまった状態です。

この切れ毛を放置しておくと、さらに悪化し、髪の毛全体がぱさぱさとまとまらない状態になります。

一度傷んだ部分は、元に戻ることはないので、切れ毛を直したいなら、潔く、まず傷んでちぎれた部分をカットすることをお勧めします。

放置しておくと、髪の毛は摩擦などからさらにダメージを受け、ボロボロになってしまうからです。

切れ毛をカットする時には、傷んだ部分だけをカットするのではなく、できれば切れ毛の部分から根本に向かって4~5センチのところをカットするとよいでしょう。

切れている部分から3~4センチは同じようにダメージを受け傷んでいることが多いためです。

また、よく切れるハサミで切ることも大切です。

切れの悪いハサミでは、毛先が傷み、またその部分から枝毛や切れ毛になることが考えられるのです。

ダイエット中の切れ毛予防に、低カロリー高タンパクの食品を


切れ毛の部分をカットしたら、ダイエット方法を見直してみましょう。

ダイエットが原因で切れ毛になっているということは、頭皮に栄養が行き届いていない、ということです。

そのまま放置しておくと、抜け毛につながることもあるので、頭皮のためにもしっかりと栄養補給しましょう。

ダイエット中に不足しがちなのはタンパク質です。

例えば、鶏肉(ささみ部分)牛肉(赤身)、豆腐、ツナ(水煮)、ソラマメ、エリンギなど、低カロリーで高タンパクの食品を摂りましょう。

追加して、一定期間、プロテインを取り入れてもよいでしょう。

低カロリーのものを上手に取り入れれば、髪の毛や肌の調子を落とさずにダイエットを成功させることができます。

ダイエットによる血行不良を改善しましょう

ダイエット中には、ほかに何もしていなければ貧血気味になったり、血行不良になりやすくなったりするものです。

食事制限などのダイエットでは、体の筋肉が落ち、基礎代謝が落ちてしまうことも関係しています。

血行がよくないと健康的に痩せることはできません。

頭皮にも栄養を送り届けることができません。

ダイエット中は体をマッサージしたり、積極的に運動をしたり、移動中は第二の心臓といわれるふくらはぎを鍛えるためつま先立ちしたりして、血液を循環させるよう注意してみましょう。

運動では有酸素運動のウォーキングやジョギングがお勧めです。

また、お風呂のお湯につかる、体を冷やさないようにする、冷たい飲み物や食べ物をとらないなど、体を冷やさない生活を心がけることも大切です。

また、ストレスも血行不良を引き起こします。リラックスする時間をとりストレスを上手に発散しましょう。

(まとめ)ダイエットが切れ毛の原因になるの?

1. ダイエットが切れ毛の原因になることがあります

髪の毛は、主にアミノ酸や脂質が結合して作られていますが、この組成は食事に大きく左右されてしまいます。

ダイエットで、食事制限や、偏った食生活を送っていると、体だけでなく髪にまで栄養が行き届かなくなり、切れ毛になってしまうのです。

2. 切れ毛ができたらまずカット

一度傷んだ部分は、元に戻ることはないので、切れ毛を直したいなら、まず、傷んでちぎれている部分は、よく切れるハサミでカットすることをお勧めします。

放置しておくと、髪の毛はさらにダメージを受け、ボロボロになってしまうからです。

3. ダイエット中の切れ毛予防に、低カロリー高タンパクの食品を

ダイエット中に不足しがちなのは髪のもとになるタンパク質です。

鶏肉(ささみ部分)、豆腐など、低カロリーのものをビタミンやミネラルと共に上手に取り入れれば、髪の毛や肌の調子を落とさずにダイエットを成功させることができます。

4. ダイエットによる血行不良を改善しましょう

ダイエット中は、ほかに何もしていなければ体の筋肉が落ち、基礎代謝が落ちてしまうため、血行不良になりやすいものです。

血行がよくないと健康的に痩せることはできません。

頭皮も栄養不足ですので、運動、入浴、ストレス発散などをして、血行をよくしましょう。