30代になると髪質が変化して、切れ毛ができやすくなります


20代の頃と同じ手入れをしているのに、なんとなく、髪が細くなった、へんな癖が出てきた、つやがなくなってきた、ハリがなくなってきた、というような症状がありませんか。

切れ毛ができる原因は、主に、髪や地肌の乾燥、栄養不足、血行不良、過度なダメージといわれていますが、それでは、なぜ30代から急に、切れ毛ができる可能性が高くなるのでしょうか。

世間では20代はお肌の曲がり角などといいますが、髪の曲がり角は30代から始まる、といわれています。

30代になると体にいろいろな変化が起こってくるように、髪にもさまざまな変化が起こるのです。

髪が細くなったり、つやがなくなったりしてきた、といった症状がある場合は、髪が非常に弱くなっている状態といえます。

ですから、変化を感じてもこれまでと同じケアを続けていたり、放置したりしていると、次第に、枝毛や切れ毛ができやすくなります。

これがそのまま抜け毛の原因にもなってしまうため、30代に入って、これらの症状がある場合には、注意が必要なのです。

切れ毛の原因のひとつは、女性ホルモンの減少

30代頃から徐々に切れ毛や髪の変化が起こるのは、女性ホルモンが減少するからだと考えられています。

女性の体は、主にこの女性ホルモンによってコントロールされているといっても過言ではないほど、女性ホルモンは強力です。

女性ホルモンには、エストロゲンと、プロゲステロンの2つがあり、どちらも卵巣でつくられています。

これらの女性ホルモンは、月経や妊娠などをコントロールするだけでなく、肌の調子を整えたり、髪の毛を豊かに保ったりする働きも担っています。

しかし、30代頃から、この女性ホルモンは急に減少してきます。

女性の体は30代頃から変化が起こりやすく、同時に、肌や髪質に変化が表れてくるのです。

一般的に、更年期障害が起こる時期は40代後半からといわれますが、近年はストレスなどにより30代から更年期障害の症状を訴える人もいます。

食生活で、女性ホルモンを増やす


女性ホルモンは、病院の女性専門外来などでも処方されることがありますが、副作用が起こることもあり、また、つくられる過程の物質もホルモンとして重要な働きをしますので、できるだけ食事で補うことをお勧めします。

まず、毎日、毎日の食事に、大豆製品を取り入れましょう。

豆乳、豆腐、納豆などの大豆製品には、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが非常に多く含まれていますし、大豆は重要な必須アミノ酸を含む、手軽で貴重なタンパク源です。

また、カボチャ、アーモンド、アボガド、緑茶などは、卵巣を元気にするビタミンEを含んでいますから、積極的に摂取しましょう。

ごま、卵、マグロの赤身、キャベツなども、女性ホルモンをつくったり増やしたりするのには欠かせない、お勧め食材です。

意識して毎日の食事に取り入れることで、女性ホルモンを活性化しましょう。

食事で摂り切れない場合には、効率的に女性ホルモンを増やす成分を摂取することができる便利なサプリメントなどもさまざま販売されています。

どちらも、品質をよく確認して、継続して摂取することが大切です。

血行を良くして、切れ毛を改善

切れ毛の原因には、血行不良も、大きくかかわっています。

髪質が変化してきたら、育毛剤などを使用して、頭皮のマッサージをしましょう。

頭にはたくさんのツボが集まっています。

きれいにシャンプーした後に、指の腹を使って、できるだけ丁寧にマッサージを行いましょう。

また、女性は冷え性の人が多いです。できるだけ体を冷やさないようにし、できればシャワーではなく入浴をしましょう。

日頃より、体を動かし運動を心がけることも大切です。

近年、女性のストレスの原因はますます増加しており、真面目な女性は頑張ってしまいストレスに気付かない傾向があります。

運動は、血行不良を引き起こす「ストレス」を発散させる効果がありますので、運動不足にならないようにしましょう。

喫煙はもちろん、睡眠不足も、頭皮の血行不良を引き起こします。

規則正しい生活を送ることに気をつけましょう。

(まとめ)30代になると切れ毛ができやすくなるって本当?

1. 30代になると髪質が変化して、切れ毛ができやすくなります

30代になると体にいろいろな変化が起こってくるように、髪にもさまざまな変化が起こってくるのです。

髪が細くなったり、つやがなくなったりしてきたなら、髪が非常に弱くなっており、切れ毛や枝毛ができやすくなっています。

2. 切れ毛の原因のひとつは、女性ホルモンの減少

30代から切れ毛など髪の変化が起こるのは、女性ホルモンが減少するからだと考えられます。

30代に入ると、肌の調子を整えたり髪の毛を豊かに保ったりする働きも担う女性ホルモンが急に減少し始めるため、同時にさまざまな変化が表れてくるのです。

3. 食生活で、女性ホルモンを増やす

大豆製品には女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンや、体に重要な働きをする必須アミノ酸が多く含まれています。

カボチャ、アーモンド、アボガド、緑茶などの卵巣を元気にするビタミンEも積極的に摂取しましょう。

4. 血行を良くして、切れ毛を改善

切れ毛の原因には、血行不良も大きくかかわっています。

髪質が変化してきたら、育毛剤などを使用して、頭皮のマッサージをしましょう。

体を冷やさないようにし、運動を心がけることも大切です。

規則正しい生活を送りましょう。