食生活の見直しと、髪へのケアを重視した生活をしましょう


切れ毛や枝毛が増えてきたら、早速、なにか対策を考えた方がよいでしょう。

髪の毛はダメージを受けた部分を修復したり、元の健康な髪へ再生するような機能がありませんので、そのままにしておくとダメージは広がるばかりです。

では、どのような対処をしたらよいでしょうか。

原因に心当たりがある場合は、それに対応することが一番です。

例えば、栄養バランスに配慮した食事を摂れているでしょうか。

脂分多めの食事、野菜中心の食事は、栄養バランスに欠きます。

そのときは満足しても、長く続けると、健康を害してしまうので見直しましょう。

また、髪の毛のケアはしっかりしていますか。

体の構成成分に近い、髪に優しい成分のシャンプーを使用することも有効です。

しかし、まずは、ケアの方法を見直しましょう。

シャンプー前に髪の毛をお湯でゆすいで汚れを落としたり、シャンプー後の髪をドライヤーでしっかり乾かすことが効果的です。

髪へ強い刺激を与えることを控えましょう

普段から規則正しい生活を心掛けていても、切れ毛や枝毛になりやすい方もいるのではないでしょうか。

オシャレのために定期的にカラーリングやパーマをよくかけている方は、切れ毛になりやすいといわれていますので注意しましょう。

なるべく髪に負担をかけない方法でカラーリングやパーマをしてもらえる美容院があるようですが、それでも、カラーリングやパーマをかけることは髪本来の姿を人工的に変化させていることなので負担が大きいことに変わりありません。

もし、どうしてもカラーリングやパーマをしたい場合は、その分、髪へのケアを忘れないようにしましょう。

ダメージヘアを避けたい、ダメージを広げたくない場合は、髪への刺激を抑えることが一番です。

ストレス解消も忘れずにしましょう


女性は家事や育児そして介護など、それぞれの役割に追われる日々になりがちではないでしょうか。

積極的に疲労を癒したり、ストレス解消をしていますか。

疲労やストレスは、頭皮を緊張させたり、皮脂分泌のバランスを崩す原因となり、髪の成長を妨げる可能性があります。

疲れやストレスを溜め込みがちになってしまうなら、定期的にストレスを発散する習慣をつけることも必要です。

過度のダイエットも、ストレスになりますので控えましょう。

毎日、たったの数分でも、日常のことから離れる時間をつくってみませんか。

なにかをし「ながら」のストレス解消がオススメです。

例えば、お風呂の湯船に浸かりながらの読書や音楽鑑賞、美容パックはいかがでしょうか。

生活の中に自分だけの時間をつくってみましょう。

食生活の問題や生活習慣が原因ではない場合もあります

切れ毛や抜け毛などの、髪のトラブルは、食生活などの生活習慣を直すと回復することが多いと考えられています。

しかし、場合によっては、原因が食生活や生活習慣にはないこともあるので、忘れないようにしましょう。

食生活や生活習慣の見直しをしても、髪のトラブルが治らないときは、早めに病院を受診することをオススメします。

しかし、その場合はどの専門医を受診すればよいのでしょうか。

切れ毛や枝毛のほかにも、頭皮のかゆみ・フケ・湿疹・炎症・吹き出物などの異常も伴っているなら、皮膚科を受診しましょう。

また、女性の場合は、ホルモンバランスの乱れでも発毛トラブルになる可能性があります。

妊娠・出産、生理不順などの心当たりがある場合は、婦人科へ行くことをオススメします。

(まとめ)切れ毛や枝毛の状態がひどいときはどう対処したらよいの?

1. 食生活の見直しと、髪へのケアを重視した生活をしましょう

髪の毛は、ダメージを受けた部分を修復したり、元の健康な髪へ再生するような機能がありません。

栄養バランスに配慮した食事を摂れているか、また、髪の毛のケアはしっかりできているかを見直して、ダメージの拡大を抑えましょう。

2. 髪へ強い刺激を与えることを控えましょう

オシャレのために定期的にカラーリングやパーマをよくかけている方は、切れ毛になりやすいといわれていますので注意しましょう。

もし、どうしてもカラーリングやパーマをしたい場合は、その分、髪へのケアを忘れないようにしましょう。

3. ストレス解消も忘れずにしましょう

疲労やストレスは、頭皮を緊張させ、皮脂分泌のバランスを崩す原因となり、髪の成長を妨げる可能性があります。

疲れやストレスを溜め込みがちになってしまうのなら、定期的にストレスを発散する習慣をつけましょう。

4. 食生活の問題や生活習慣が原因ではない場合もあります

食生活や生活習慣を見直しても、髪のトラブルが治らないときは、病院を受診することをオススメします。

切れ毛や枝毛のほかにも、頭皮のかゆみ・フケ・湿疹などの異常も伴っているなら皮膚科、ホルモンバランスに心当たりがある場合は婦人科を受診しましょう。