負担がかかりやすい分け目は、ダメージが出る前に対策を


切れ毛の原因はその大部分が、髪のケア不足や栄養不足と指摘されることが多いようです。髪の毛の内部がスカスカになってしまい、正常な髪を維持することができず、途中で切れてしまう状態のことをいいます。

一方、分け目は、年齢を重ねることや体調によって、髪が薄くみえたりして、切れ毛や抜け毛のダメージが集中しやすい箇所だとわれています。

髪の毛は、細胞分裂をして治癒することができないので、一度ダメージを受けると再生することができません。

ですから可能な限りダメージが出る前に、分け目のケアをしていきたいところです。分け目のケアとしては、まず、こまめに分け目を変えてみることではないでしょうか。

長い間分け目を同じ状態にしていると、クセがついて負担が集中してしまうことがあるのです。髪をドライヤーで乾かす際に、いつもと異なる箇所を分け目にして、根元から乾かしていくことをオススメします。

また自宅での頭皮マッサージをしてみることも効果的です。いつも負担がかかっている部分をケアしつつ、ダメージを緩和するケアを、積極的に取り入れましょう。

分け目をケアするドライヤーのかけ方を取り入れましょう

分け目にダメージを集中させないためにも、まずは分け目を変えてみましょう。いつも同じ場所を分け目にしていると、変えるのなんてむずかしいといったイメージがありますが、そんなことはありません。

分け目を変えやすいタイミングは、お風呂から上がって、髪の毛を乾かすときです。

シャンプー後の濡れた髪をいつもの分け目で分けずに、いつも右側に髪の分け目がある方は、左から右にドライヤーをかけて分け目を消します。

反対にいつも左側に髪の分け目がある方は、右から左にドライヤーをかけて分け目を消しましょう。このとき髪の根元に熱風を送るイメージでドライヤーをかけることがポイントです。

こうすることによって、頭頂部の中心の位置にきれいにつむじが出て、分け目がないスタイリングができます。

バランスのよい食生活を心掛けましょう


何度もいいますが、髪の毛にはダメージを治して元通りにする機能が備わっていません。毛根から取り入れた栄養を元にして伸びていくだけですから、髪は栄養状態が顕著にあらわれる部分といえるのではないでしょうか。

そのため髪の状態が悪いときには、まず一番に、栄養バランスに配慮している食事を摂れているかどうか見直すことが必要です。

髪をこれから生成する成分が十分でなければ、薄毛や切れ毛などのダメージが出てしまうものですが、それ以前に、栄養バランスが悪い食事は徐々に健康を害していく可能性も秘めています。

栄養バランスに配慮した食事が摂れていないなら、そのことによって、ホルモンバランスを乱したり、そもそも栄養を運ぶための血流が悪くなってしまったり、ということも考えられますので軽く考えないようにしましょう。

ケアも取り入れながら髪のオシャレを楽しみましょう

髪の毛の色や長さは、全身のオシャレを考えるときには外せないポイントです。カラーリングやパーマは手軽に雰囲気を変えることができるので、オシャレの一環として取り入れる方は多いのではないでしょうか。

一方で、年齢を重ねることによってどうしても髪はボリュームがなくなり、白髪が出てきてしまいます。この部分をカバーするためにも、カラーリングやパーマは有効です。

最近は美容院でも髪になるべく負担をかけない方法が開発されているようですが、それでも髪の毛に人口的に手を加えている点では同じです。

カラーリングやパーマをする際には、ヘアパックをし、髪に優しいシャンプーを使うなどして、ケアを重視するようにしましょう。

(まとめ)分け目に集中するひどい切れ毛を改善するにはどうするの?

1. 負担がかかりやすい分け目は、ダメージが出る前に対策を

髪には傷ついた部分を治癒して再生するような機能はありません。

分け目である・なしに関わらず、髪のダメージは悪化しないよう、日々ケアしていくしか方法はないのです。分け目の負担が多い場合は、時折、分け目を変えるようにしましょう。

2. 分け目をケアするドライヤーのかけ方を取り入れましょう

分け目を変えやすいタイミングは、お風呂から上がって髪の毛を乾かすときです。

シャンプー後の濡れた髪の根元に、熱風を送っていくイメージで、いつもの分け目で分けずに反対方向へ髪を分けながら乾かすことがポイントです。

3. バランスのよい食生活を心掛けましょう

髪の状態が悪いときには、まず一番に、栄養バランスに配慮している食事を摂れているかどうか見直すことが必要です。

もし摂れていないなら、ホルモンバランスを乱したり、そもそも栄養を運ぶための血流が悪くなってしまうことも考えられますので食事は軽く考えないようにしましょう。

4. ケアも取り入れながら髪のオシャレを楽しみましょう

オシャレのためにカラーリングやパーマを取り入れる方は多いのではないでしょうか。

昨今は髪に優しいカラーリング剤やパーマの方法も開発されているようですが、髪へ負担がかかることは変わりません。負担をかけたらケアを重視するようにしましょう。