ダメージを和らげるケアでまとまりある髪を目指しましょう


切れ毛があると、ツンツンと跳ねてしまって、髪の毛全体のまとまりがなくなってしまいます。

しかし、そもそも髪の毛は、一度受けたダメージを修復して、元通りの状態に戻すことはできません。

そのため、切れ毛を減らすことはできませんが、髪に優しいケアをすることで、切れ毛を目立たなくすることはできるといわれています。

では、どのような方法があるでしょうか。

まずは使用しているシャンプーを見直してみましょう。

なるべく髪に優しい成分が配合されているシャンプーを選ぶことがポイントです。

また、シャンプー後の濡れた髪を、ドライヤーでしっかり乾かすことも、また重要といわれています。

濡れた状態の髪こそ、傷みやすいのです。

日々、忙しくて、「髪を乾かす」ということ自体が面倒に感じられますが、切れ毛のダメージを目立たなくするためにはこの工程は欠かせません。

少々手間やお金がかかりますが、傷んでしまった切れ毛を、まとまりのある髪へ戻すためには、日々のケアが必要であることを覚えておいてください。

髪に優しい成分配合のシャンプーを使いましょう

ヘアケアの成果を得るまでには、一定の時間が必要といわれています。

切れ毛が目立たなくなり、髪全体がまとまるようになるためには、やはり、日々、髪のために使用しているものを見直すべきではないでしょうか。

皆さんは、日頃、どのようなシャンプーを使用していますか。

ドラッグストアなどで安い価格で販売されている「高級アルコール系シャンプー」は洗浄力が強く、必要以上に皮脂を奪ってしまう可能性があるために、ダメージケアには向かないとされています。

オススメは、美容院などで使用される「アミノ酸系シャンプー」です。

泡立ちや、香りよりも、髪の毛を保護する成分に特化しているシャンプーといわれています。

少し高価なシャンプーですが、日々のお手入れのために検討してみましょう。

潤いを与えるヘアパックやトリートメントも効果的です


切れ毛になってしまった髪に、潤いを与える手段として効果的なものといえば、ヘアパックやトリートメントです。

いつも通っている美容院で、髪が荒れてしまっていることを相談してみると、最適なヘアケアをして貰えるかもしれません。

でも、自宅でも、ヘアパックやトリートメントは可能ですから、是非、試してみませんか。

ヘアパックの方法は簡単です。

まず、シャンプーをして、キレイになった髪にトリートメントを揉み込んで数分置きます。

このとき、ホットタオルで、髪の毛と、頭全体を包むようにすると、より一層効果的です。

頭皮が温まって、トリートメントの効果が、より染み込みやすくなります。

冬の寒い時期は、髪をパックしながら湯船につかるのがリラックスできてよいでしょう。

髪を乾かすことは髪の健康を守ることです

切れ毛を目立たなくさせるためのヘアケアのポイントとして、ドライヤーで、必ず髪を乾かすことが重要であることをお伝えしました。

では、シャンプー後に、ドライヤーをかけて髪を乾かすことに、どのようなメリットがあるのでしょうか。

実は、シャンプー後の濡れた髪は、髪の内部を守るキューティクルが開ききっていて、非常に無防備で傷つきやすい状態です。

丁寧に髪をドライヤーでしっかり乾かすことによって、キューティクルを、正常な状態へ戻すことができるのです。

髪をドライヤーでしっかり乾かすということは、髪を正常な状態にして刺激に負けない髪にすることなのです。

お風呂上がりのドライヤーは面倒に感じてしまいがちです。

しかし、髪や頭皮の環境を整える、重要な過程ではないでしょうか。

(まとめ)ツンツン跳ねる切れ毛を目立たなくするにはどうしたらよい?

1. ダメージを和らげるケアでまとまりある髪を目指しましょう

髪の毛は、一度ダメージを受けてしまうと、元通りの健康な髪に戻すことができません。

あくまでもダメージを和らげる対処法として、使用しているシャンプーの見直しや、ドライヤーで髪を乾かす習慣を取り入れる方法が効果的といわれています。

2. 髪に優しい成分配合のシャンプーを使いましょう

シャンプーには「高級アルコール系シャンプー」と「アミノ酸系シャンプー」があります。

前者は洗浄成分が強すぎて、ダメージを受けた髪には、刺激が強い可能性があるため、後者がオススメです。

直接髪に刺激を与える「シャンプー」選びには注意しましょう。

3. 潤いを与えるヘアパックやトリートメントも効果的です

切れ毛になってしまった髪に、潤いを与える手段として効果的なものといえば、ヘアパックやトリートメントです。

自宅のお風呂で手軽にできる、トリートメントを揉み込んだ髪にホットタオルを巻くヘアパックは、オススメです。

4. 髪を乾かすことは髪の健康を守ることです

シャンプーをした後の濡れた髪は、髪の内部を守るキューティクルが開ききっていて、非常に無防備で傷つきやすい状態といわれています。

髪をドライヤーでしっかり乾かすということは、髪を正常な状態にして刺激に負けない髪にすることなのです。