女性ホルモンの分泌量の増減は、髪の成長に関係します


なぜか、ちょっとしたことでイライラしたり、体のだるさを感じたりすることはありませんか?

もしかしたら、心や体の不調は女性ホルモンの影響かもしれません。

女性ホルモンは、女性の体づくりに大切な役割を担うホルモンなのです。

「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類あり、月経、妊娠、出産だけでなく、肌や毛髪などの成長にも関わってきます。

女性ホルモンの分泌量は、月経周期や一生の中でも変化しています。

またそれ以外にも、生活習慣やストレスなど、さまざまな要因で増減してしまいます。

ホルモンバランスが崩れることは、髪の成長に悪影響を及ぼすだけでなく、体の健康をそこなう要因にもなりかねません。

裏を返せば、ホルモンバランスを整えることは、心や体を健やかに保つことにつながるのです。

実は、女性ホルモンのバランスを良くするために、自分でできることもあります。

まずは、女性ホルモンの働きを知り、日常生活を見直してみましょう。

女性ホルモンの分泌量は変化します

一生の間で分泌される女性ホルモンの量は、たったスプーン1杯ほどだといわれています。

しかし、それだけの分量でも女性の体に大きな影響を与えます。

時期に個人差はありますが、初経(初潮)を迎える頃から女性ホルモンの分泌量が増え始めます。

妊娠前は、エストロゲンとプロゲステロンが、月経周期に沿って主役が切り替わりながら分泌されます。

一般的に、女性ホルモンの分泌が最も安定するのが、20代から30代です。

エストロゲンは妊娠できるように準備する働きを、プロゲステロンは妊娠を継続させる働きをもつので、その時期は妊娠や出産に適しているといえるでしょう。

40代頃から女性ホルモンの分泌は徐々に低下し、閉経前後の更年期になると激減するため、いわゆる更年期障害といわれる症状が出る人もいます。

閉経後には、女性ホルモンの分泌はそれまでの10分の1程度まで少なくなり、女性ホルモンによって守られていた体の機能に変調をきたす場合もあります。

女性ホルモンは、髪の成長と維持に関係があります


エストロゲンは、髪の成長を促し、かつ、髪の成長期を持続させる作用があります。

また、プロゲステロンは、毛髪の寿命を延ばす作用があります。

女性のライフサイクルの中で、女性ホルモンの変動が顕著になるのが、妊娠・出産と更年期です。

妊娠中に増加した女性ホルモンは、もっと前に抜けるべきだった髪もキープするので、安定期には抜け毛が減ります。

しかし、出産後は、その分泌量が急激に減少するため、髪の毛がごっそり抜けることもあるでしょう。

ただ、通常、半年から1年程度で症状は落ち着き、元に戻っていきます。

ところが、加齢によって減少すると、元には戻りません。

この場合、髪が成長する期間が短くなって、脱毛したり、ハリやコシのない細い毛髪が生えてきて、薄毛を感じたりします。

これを「びまん性脱毛症」といいます。

そのほか、生活習慣の乱れや、ストレス過多、過度のダイエットなどによっても女性ホルモンが減少し、薄毛・脱毛を招く可能性があります。

ホルモンバランスを整える方法は生活の中にあります

日常生活の中に、減少した女性ホルモンを補う方法があります。

食生活の見直し

エストロゲンと似た働きをする「イソフラボン」を含む大豆製品や、エストロゲンの材料となる良質なコレステロールを含む卵の摂取は、エストロゲンを補う手助けをします。

栄養が偏ると、髪の健康もそこなうので、暴飲暴食を避け、バランスのよい食生活を心掛けましょう。

ストレスの解消

過剰なストレスによって、エストロゲンの分泌を促す卵胞刺激ホルモンの量が、減少することがあります。

適度な運動を行ったり、入浴でリラックスしたりするなど、自分に合ったストレス解消方法を見つけましょう。

また、慢性的に強いストレスを受ける状態は避けるようにしましょう。

生活習慣の改善

睡眠中には、成長ホルモンをはじめ、さまざまなホルモンが分泌されています。

睡眠不足や無理なダイエットによって、分泌量が減り、ホルモンバランスが崩れると、体に不調をきたす恐れがあります。

質のよい睡眠を取り、規則正しい生活を送るようにしましょう。

(まとめ)女性ホルモンの分泌量の変化は、髪に影響を与えますか?

1. 女性ホルモンの分泌量の増減は、髪の成長に関係します

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2種類です。

月経、妊娠、出産だけでなく、肌や毛髪などの成長にも関わります。

その分泌量はさまざまな要因で増減します。

髪や体のためにホルモンバランスを整えましょう。

2. 女性ホルモンの分泌量は変化します

初経を迎える頃から女性ホルモンの分泌量が増え始め、20代から30代に分泌が最も安定します。

そして、40代頃から徐々に低下し、閉経前後の更年期になると激減します。

閉経後には分泌はそれまでの10分の1程度に少なくなります。

3. 女性ホルモンは、髪の成長と維持に関係があります

エストロゲンは、髪の成長を促し、かつ、髪の成長期を持続させ、プロゲステロンは毛髪の寿命を延ばす作用があります。

妊娠・出産や更年期だけでなく、生活習慣の乱れなどでも減少し、薄毛・脱毛を招く可能性があります。

4. ホルモンバランスを整える方法は生活の中にあります

エストロゲンと似た働きのイソフラボンを含む大豆製品や、エストロゲンの材料となる良質なコレステロールを含む卵を摂取しましょう。

過剰なストレスや睡眠不足など防ぎ、規則正しい生活を送ることが大切です。