女性ホルモンは、美容にも欠かせないホルモンです


女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2種類があります。

美容面で語られる女性ホルモンとは、主にエストロゲンのことを指します。

なぜなら、エストロゲンには、肌や髪を美しくする作用があるからです。

このエストロゲンは、20代~30代前半ごろが一番活発に分泌されます。

そのため、この時期は女性の一生の中で、より魅力的な女性になれる時期ともいえるでしょう。

しかし、女性ホルモンはピークを過ぎると減少するため、さまざまな肌トラブルが起こる可能性があるので注意が必要です。

女性ホルモンのピークは、20代~30代前半です

女性の女性ホルモンは、生後1~3か月に大きく分泌されたあとすぐに少なくなり、初経を迎える10~12歳ごろから多く分泌され始めます。

これにより、月経が始まったり胸が大きくなったりといった、体の変化が起こります。

しかし、このころは女性ホルモンの量もそれほど多くなく、分泌量も不安定な状態です。

そのため、生理不順や体調不良などとともに、ニキビや吹き出物、肌が脂っぽくなるといった美容面での悩みも増える時期になります。

しかし、徐々に年齢が上がるにつれて、女性ホルモンの分泌量も安定してきます。

すると、思春期以降に悩んでいた肌のトラブルが、落ち着いてくる人が多くなってくることでしょう。

これは、エストロゲンの分泌のピークが、20~30代前半におとずれるためです。

エストロゲンが安定している時期は、美しく、キメが整った、つややかな肌になります。

ところが、女性ホルモンは、ピークを過ぎると、減少し始め非常に低く下げ止まります。

これは加齢によって、主に卵巣機能が低下するからです。

女性ホルモンが減少すると、再び、肌荒れや吹き出物、肌のハリや艶が失われ、シワやたるみ、乾燥などに悩み始めます。

そして、女性ホルモンは髪の成長にも関わっているため、35歳あたりから徐々に、髪質の変化や抜け毛の増加、薄毛の悩みが増えていきます。

女性ホルモンが減少すると、心身に悪影響をもたらします


女性ホルモンが減る原因は、なにも年齢だけの話ではありません。

実は女性ホルモンは、ほんの些細なことでも減少してしまいます。

そのため、たとえ若い人であっても、減ってしまうことがあるので注意が必要です。

そして、もし、女性ホルモンが必要以上に減ってしまうと、女性の心と体にさまざまな影響を与えます。

例えば、精神面では、イライラや憂鬱、やる気がなくなるといった症状がでます。

また、身体面では、肌荒れや吹き出物、皮脂の過剰分泌などの肌トラブル、抜け毛や薄毛などの毛髪トラブル、生理不順や月経前症候群などの月経トラブルを引き起こします。

このように、女性ホルモンは、とても繊細であるがゆえに、若くても、心身両面のトラブルのもととなるので注意しなければなりません。

女性ホルモンを安定させるには、生活を見直しましょう

女性ホルモンは、さまざまな要因によって減少します。

しかし、生活を見直すことで、バランスを保ちながら、安定させることはできます。

女性ホルモンの必要以上の減少を食い止め、美容面でも魅力ある女性を目指しましょう。

規則正しい生活

女性ホルモンは、生活リズムが乱れると、分泌量が不安定になります。

そのため、女性ホルモンを減らさないためには、生活リズムを整えましょう。

大豆イソフラボンの摂取

大豆イソフラボンは、大豆や大豆製品に多く含まれる成分です。

大豆イソフラボンを摂取すれば、エストロゲンを補うことができるといわれています。

これは、大豆イソフラボンに、エストロゲンと同じような働きがあるからです。

ストレス対策

ストレスは、女性ホルモンを乱す大きな原因の一つです。

とはいえ、ストレスのない生活など現実的ではありません。

そこで、大切なのは、ストレスをどのようにして、溜めないようにするかです。

ストレスを溜めないためには、ゆっくりとリラックスする時間をとったり、気の合う仲間と楽しい時間を過ごしたりするのが効果的です。

何か一つでもいいので、ストレスを軽減できる趣味や楽しみを見つけるようにしましょう。

(まとめ)女性ホルモンは、育毛だけでなく、美容にも大切なの?

1. 女性ホルモンは、美容にも欠かせないホルモンです

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

主に美容に関わりがあるとされているのは、エストロゲンです。

エストロゲンには、肌や髪を美しく保つ作用があるので、女性を若々しく、そして魅力的にしてくれるといわれています。

2. 女性ホルモンのピークは、20代~30代前半です

女性ホルモンは、加齢とともに分泌量が変化します。

10歳前後から多く分泌されるようになり、徐々に分泌量が増えていきます。

そして、20代~30代前半あたりになるとピークを迎えます。

ピークを過ぎると、今度は減少傾向になり下げ止まります。

3. 女性ホルモンが減少すると、心身に悪影響をもたらします

女性ホルモンは、加齢以外にも、さまざまな要因によって減少します。

そして、もし、女性ホルモンが減少してしまったら、イライラや憂鬱といった精神的な症状、肌や毛髪のトラブル、月経トラブルなど心身の健康に影響を与えます。

4. 女性ホルモンを安定させるには、生活を見直しましょう

美容面でも美しさを保つためには、女性ホルモンがバランスを保ちながら、安定して分泌されなければなりません。

生活を見直すことで、女性ホルモンの必要以上の減少を食い止め、美容面でも魅力ある女性を目指しましょう。