女性ホルモンによって、髪質が変化することがあります


女性ホルモンは、髪の生成、成長に関与しているホルモンです。

そのため、女性ホルモンの分泌量によって、髪質が変化します。

女性ホルモンであるエストロゲンが増加すると、ハリ、コシがあり美しい髪が生えるとされています。

反対に、エストロゲンが減少すると、細くて弱い髪が生えるといわれています。

とはいえ、髪質は、遺伝などにより、生まれた時からある程度決まっているので、女性ホルモンがたくさん分泌されても、必ずしも理想的な髪質に変化するわけではありません。

また、女性ホルモン以外にも、さまざまな要因によって髪質は変化するものです。

すべてが女性ホルモンの影響ではないということは、理解しておく必要があるでしょう。

女性の髪質は、加齢に伴い変化します

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、女性の髪を美しくする役割があります。

なぜなら、女性ホルモンは、新陳代謝を活発にし、豊かでつやのある髪を作り出すホルモンでもあるからです。

ところが、女性ホルモンの分泌量は、年齢によって変化します。

そして、女性ホルモン分泌量の変化に伴い、髪質も変わっていきます。

10代

10代は、女性ホルモンによって大人の体へと変化する時期です。

それまで、子供の細くて柔らかい髪だった人も、太くコシのある大人の髪へと成長します。

また、子供のころはストレートだった人も、髪が太くなるにつれて、くせが目立つようになることがあります。

20代~30代

女性ホルモンが安定して分泌される時期です。

比較的、髪も、きれいな状態を保てる時期といえるでしょう。

しかし、出産を経験した場合、産後は髪のボリュームが減ったり、くせ毛になったりする人もいます。

40代~

更年期と呼ばれる時期に入り、女性ホルモンが減少します。

髪のハリやコシ、つやが失われることもあります。

女性特有の薄毛である「びまん性脱毛症」で悩む女性も増えてくるのもこの年代です。

髪質を変化させる要因は、女性ホルモンだけではありません


髪質を変える原因となるもののひとつが女性ホルモンですが、その他にもたくさんの要因によって変わることがあります。

頭皮の汚れ

頭皮の毛穴に汚れが詰まると、まっすぐに髪が生えてこなくなり、うねったような髪が生えることがあります。

頭皮のたるみ

頭皮は、加齢やむくみによって、たるむことがあります。

たるんだ頭皮は、毛穴の形を変形させてしまうので、髪のうねりの原因になります。

パーマやヘアカラー

パーマやヘアカラーは、髪の毛と、頭皮を傷めてしまいます。

ダメージを受けた髪は、パサついたり、ごわついたりします。

睡眠不足、栄養不足

十分な睡眠がとれていなかったり、栄養バランスのよい食事をとれていなかったりすると、丈夫な髪を生成することができません。

すると、髪が細く、もろくなり、切れやすい髪やパサついた髪になることがあります。

ストレス

過度なストレスは、頭皮の血行不良や女性ホルモンの乱れを引き起こし、育毛を阻害します。

せっかく生えても、縮れたり、くせが強くなったりします。

髪質を改善するためには、生活を整えることが大切です

髪質は、女性ホルモンの分泌量や生活環境などによって変化するものです。

そのため、日々の過ごし方を見直すことで、髪質改善の効果が期待できます。

生活習慣の見直し

健康的で美しい髪をつくるためには、生活習慣の見直しは欠かせません。

十分な睡眠と、栄養バランスのとれた食事、適度な運動を取りいれましょう。

また生活リズムを整えることも大切です。

適切なヘアケア

自分の髪質や髪の悩みに合ったヘアケアも、髪質改善には重要です。

口コミを参考にしてヘアケア用品を選ぶのも方法のひとつですが、自分の髪や頭皮に合ったものを選ぶようにしましょう。

また、頭皮たるみや汚れには、頭皮マッサージやクレンジングを実践するのも効果的です。

ストレス対策

ストレスを溜めこむと、心と体に影響を与えるので、極力、溜めないようにしましょう。

一日のうちで、リラックスできる時間をつくったり、休みの日には好きなことに没頭したりして、上手にストレスを発散していきましょう。

(まとめ)女性ホルモンは、髪質に影響を与えますか?

1. 女性ホルモンによって、髪質が変化することがあります

女性ホルモンは、髪の成長に関わるホルモンです。

そのため、女性ホルモンの分泌量によって、髪質が変化する可能性があります。

また、女性ホルモン以外にも髪質を変化させる要因があるので、今の髪質になっている原因は女性ホルモンだけではありません。

2. 女性の髪質は、加齢に伴い変化します

10代は、太くてコシのある大人の髪に変化する時期です。

20代~30代は、美しい髪を保てる時期ですが、出産により、髪のボリュームが減ったり、くせ毛が目立ったりすることがあります。

40代以上になると、抜け毛の増加や薄毛に悩む女性が増えてきます。

3. 髪質を変化させる要因は、女性ホルモンだけではありません

頭皮の汚れやたるみによって、くせ毛になる可能性があります。

パーマやヘアカラーは、髪や、頭皮にダメージを与え、髪のパサつきやごわつきの原因になります。

睡眠や栄養の不足、ストレスは、髪の成長を妨げ、細く弱い髪になったり、縮れた髪の毛になったりする原因となります。

4. 髪質を改善するためには、生活を整えることが大切です

髪質は、さまざまな要因によって変わってしまうものです。

そのため、日々の過ごし方やケアのしかたで髪質を改善させることもできるでしょう。

髪質を改善させたいのであれば、生活習慣の見直しや適切なヘアケア、ストレスの対策をしっかり行いましょう。