妊娠中に増えた女性ホルモンは、出産後には減少します


女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

妊娠していない時は、エストロゲンとプロゲステロンが交互に優位になることで、毎月月経を起こします。

しかし、妊娠すると、エストロゲンとプロゲステロンがともに分泌されるようになり、お腹に宿った小さな命を守る働きをします。

エストロゲンは、子宮を大きくする役割があり、プロゲステロンは、胎盤をつくったり、乳腺の発達を促したりする役割があります。

やがて胎盤が完成すると、胎盤からも2種類の女性ホルモンが分泌されるようになります。

そのため、妊娠前に比べて、女性ホルモンの量は増えるのです。

ところが、出産を終えると、胎盤が排出されてしまいます。

また、妊娠を継続する必要もなくなるので、女性ホルモンの量は激減します。

出産後は、女性ホルモンの減少により、さまざまな体調不良、髪や肌のトラブルなどがおこることもありますが、再び女性ホルモンが正常に戻れば改善していきます。

妊娠初期に、抜け毛に悩む女性もいます

妊娠中は、女性ホルモンがそれまでよりも多く分泌されるようになるのですが、妊娠初期はまだ女性ホルモンのバランスが不安定になることがあり、抜け毛に悩む場合があります。

というのも、妊娠前はエストロゲンとプロゲステロンが月経周期に合わせて、交互に優位性を保っている状態であったにも関わらず、妊娠した途端、両方のホルモンがどんどん増えていくからです。

すると、これまでのホルモンバランスとは異なる状態になるので、ヘアサイクルが乱れる可能性があります。

ヘアサイクルが乱れてしまうと、髪の成長期が短くなり、抜け毛が増えるようになります。

また、ホルモンバランスだけでなく、妊娠初期にはつわりに悩まされる女性も多く、栄養不足や睡眠不足に陥ることがあり、これも抜け毛を増加させる要因になるのです。

しかし、妊娠初期の抜け毛は、徐々にホルモンが安定し、つわりがおさまってくると、改善することが多いですので、あまり心配しすぎないことが大切です。

産後は女性ホルモンが減り、抜け毛が増えることがあります


妊娠中は、2種類の女性ホルモンの働きのおかげで、赤ちゃんは健やかに成長します。

しかし、出産後は、妊娠状態を維持する必要がなくなり、女性ホルモンの分泌量も急激に減少するので、抜け毛が急に増えることがあります。

これは、妊娠中に保たれていた、赤ちゃんのための女性ホルモンによって、お母さんの髪の成長期が長く続いていたのに、出産後に一気に減ってしまうためです。

また、産後は、昼夜問わずの赤ちゃんをお世話していると睡眠不足になりますし、栄養不足にもなりやすくなります。

体内のホルモンバランスがなかなか整わないと、さらに抜け毛が増加する可能性もあるので注意が必要です。

とはいえ、産後の抜け毛は一時的なものであり、いずれは落ち着いてくるはずです。

あまり心配しすぎないようにし、産後はできるだけ赤ちゃんと一緒に眠ってしまい、赤ちゃんのお世話と自分の体の回復に専念しましょう。

出産後は、無理をせず、周りの人にサポートをお願いしよう

産後は、出産による体へのダメージとホルモンバランスの乱れによって体調を崩したり、精神が不安定になったりしがちです。

かわいい我が子を前にして、母として頑張りたいという気もちになるのもわかりますが、まずはお母さんの心身の状態を整えるようにしましょう。

ときには、思い切って丸一日、夫や両親にサポートをお願いすることも大切です。

また、子育て作業や家事を代わりにやってもらうだけでなく、話し相手になってもらうだけでも、ずいぶんストレスを軽減することができるでしょう。

自分でできる対策として、下記の2つも覚えておいてください。

なかなか実践するのは難しいときもあるかもしれませんが、ホルモンバランスが整いやすい環境をつくりましょう。

しっかり休養をとる

健康のためにも必要な、女性ホルモンの分泌を回復させるためには、リラックスすることが大切です。

産後は、赤ちゃんのお世話だけに専念し、赤ちゃんが寝ているときに一緒にお昼寝したり、家事の合間にも横になって体を休めたりして、自分の体もいたわりましょう。

食事は3食とる

栄養不足は、ホルモンバランスを乱す原因です。

食事は3食、栄養バランスのとれたものを摂りましょう。

どうしても食事の時間がとれないときは、つくり置きや冷凍おかずなどを活用して、赤ちゃんが寝ているときに、さっと食べられるようにしておくとよいでしょう。

(まとめ)妊娠中と出産後では、女性ホルモンの量は変化するの?

1. 妊娠中に増えた女性ホルモンは、出産後には減少します

妊娠すると、赤ちゃんを守るために、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が増えます。

しかし、出産すると、女性ホルモンの分泌量は一気に減ってしまい、さまざまな不調を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。

2. 妊娠初期に、抜け毛に悩む女性もいます

妊娠中は、たくさん分泌される女性ホルモンによって、抜け毛は起こりにくいという特徴があります。

しかし、妊娠初期は、これまでのホルモンバランスから妊娠中のホルモンバランスに変化する時期であるため、抜け毛が増える可能性もあります。

3. 産後は女性ホルモンが減り、抜け毛が増えることがあります

出産すると、これまで妊娠を支えてきた女性ホルモンが、一気に減ってしまいます。

すると、妊娠中は、女性ホルモンによって保てていた髪が、急に抜け始めます。

また、赤ちゃんのお世話や疲労の蓄積、睡眠不足、栄養不足なども、産後の抜け毛の原因です。

4. 出産後は、無理をせず、周りの人にサポートをお願いしよう

出産は、母体にもダメージを与えます。

また、産後はホルモンバランスも乱れやすいので、体力的にも精神的にも大変なときです。

そんな時は無理せず、周りの人に上手に甘えながら、お母さんの心身の状態の回復に努めましょう。