女性ホルモンに増毛効果はなく、育毛促進効果が期待できます


髪のボリュームが少ない人や薄毛に悩んでいる人にとって、「増毛」という言葉はとても魅力的に感じることでしょう。

しかし、「増毛」というと、薄くなった部分の「見た目」に手を入れて髪を増やすことで、一般的には植毛やウイッグのことを指します。

自分の髪がこれから育ってゆくサポートをする「育毛」とは区別して考えてゆくべきなのです。

女性ホルモンは、髪の成長を促進する育毛効果が期待されているホルモンであって、増毛効果があるとまではいえません。

しかし、増毛しながら育毛するとき、女性ホルモンは重要になるといえるでしょう。

女性ホルモンは、増毛効果があると思われがちです

女性ホルモンには、育毛促進作用があるといわれているため、増毛できると感じる人がいるようです。

確かに、女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、髪の毛の成長と深く関わっています。

エストロゲンには、髪の成長期を長くして、美しく豊かな髪を保つ作用があるからです。

反対に、エストロゲンが減少してしまうと、抜け毛が増えたり、薄毛になったりします。

出産後や更年期の抜け毛は、エストロゲンの減少が原因であるものの代表的な例といえるでしょう。

このように、女性ホルモンの分泌量はたしかに髪の毛に影響を与えているため、それが多ければ増えるもの、と印象で考え、「増毛」と結びつけてしまいがちになるのです。

しかし、女性ホルモンは、少なければ成長が鈍くなる、つまり、髪を成長させる勢いのために必要なのであって、見た目にも髪の毛の量が増えるような増毛効果があるとはいえません。

「増毛」と「育毛」は、意味の異なる言葉です


薄毛や抜け毛の解決策として、増毛や育毛という言葉が使われます。

この2つは、混同されやすいのですが、実はまったく異なるものです。

育毛とは

育毛とは、字のごとく自分の髪の毛を育てることです。

前提として、髪の毛が生える状態でなければなりません。

メリットは、今ある自分の髪の毛を育てて活かせることです。

デメリットは、効果が実感できるまでに時間がかかることでしょう。

なかなか効果が現れないと、途中で挫折しそうになったり、不安になったりします。

また、一度育毛に成功したとしても、育毛ケアをやめてしまえば、再び、抜け毛や薄毛になる可能性があるので注意が必要です。

育毛で大切なのは、継続していくことなのです。

増毛とは

「増毛」という言葉は、一般的に、髪の毛の薄い部分の「見た目」に髪が増えるよう手を加えることを指し、使われています。

ウイッグや植毛などの方法で、自分の髪や人工毛を植え付けたり、エクステンションをつける感覚で、地毛に人工毛を結びつけたりするものを指します。

メリットとして、即効性がある点や、薄毛が気になる部分だけに対応できる点が挙げられます。

デメリットは、サロンに定期的に通うメンテナンスが欠かせないという点です。

施術費用は、カバーしたい部分や範囲によって異なり、場合によっては高額になるケースもあります。

増毛と育毛を組み合わせれば、精神的な負担を軽減できます

育毛は、ヘアサイクルの関係上、どうしても効果が表れにくいというデメリットがあります。

しかし、女性の薄毛の場合は、生活習慣を整えれば、ある程度改善できるといわれています。

そのため、少しずつでも自分の髪を育てる工夫をしたいものです。

しかし、すでに薄毛で悩んでいる人にとって、髪が生えてくるまでの間、不安になりすぎ、ストレスになってしまうこともあるでしょう。

そんなときは、即効性のある増毛を組み合わせるのがおすすめです。

たとえば、簡単に着脱できるウイッグなら、頭皮に負担をかけにくく、気になる部分をカバーしてくれるのに役立ちます。

人前に出るときや、出かけるときには、ウイッグを活用しながら、生活改善やヘアケア見直しを行い、育毛をしましょう。

増毛をうまく使えば、今ある悩みを解消し、気持ちに余裕が持てるようになります。

ストレスや不安を「増毛」で解消すれば、前向きに「育毛」に取り組んでいけるのではないでしょうか。

(まとめ)女性ホルモンには、増毛効果がありますか?

1. 女性ホルモンには、増毛効果はありませんが、育毛促進効果は期待できます

女性ホルモンは、髪の成長を促進したり、成長期を長くしたりする作用があります。

そのため、増毛効果ではなく、育毛促進効果が期待されているホルモンです。

また、増毛とは、一般的にウイッグや植毛のことを指します。

2. 女性ホルモンは、増毛効果があると思われがちです

女性ホルモンに増毛効果があると勘違いしがちなのは、女性ホルモンが髪の成長に深く関わっているからです。

女性ホルモンは、あくまでも育毛を促進する作用があるにすぎず、髪の量を増やす効果があるわけではありません。

3. 「増毛」と「育毛」は、意味の異なる言葉です

増毛と育毛は、よく似た言葉のように感じますが、実は区別されるものです。

育毛とは、自分の髪の毛を育てることをいいます。

増毛とは、一般的に、植毛やウイッグなどによって、髪が増えたようにすることをいいます。

4. 増毛と育毛を組み合わせれば、精神的な負担を軽減できます

育毛は、効果を実感できるまでに時間がかかるというデメリットがあります。

そのため、薄毛に悩んでいる人は、ウイッグのような頭皮にあまり負担をかけない「増毛」と、生活改善などの「育毛」ケアを組み合させると、精神的な負担を減らせます。