女性ホルモンが減少すると、切れ毛も増えてしまいます


途中でプツンと切れて、ツンツンと飛び出している髪の毛が、気になったことはありませんか?

そのような状態の髪は切れ毛です。

何らかの原因でダメージを受けて、脆くなった髪の毛が、切断されてしまったのです。

切れ毛を引き起こす要因としては、静電気や紫外線によるダメージや、パーマーやカラーリングでの傷みなどがありますが、そのほかに女性ホルモンの減少も考えられます。

女性ホルモンのエストロゲンは、毛髪を成長させる働きをしますが、このエストロゲンが減少すると活発に成長できなくなり、髪が脆くなってしまいます。

そうなると、傷んだ部分から髪が切断されて、切れ毛ができてしまうのです。

切れ毛が多いと、髪のまとまりが悪くなりスタイリングがうまくできませんし、髪のボリュームダウンにもつながります。

エストロゲンの減少によって生じるヘアダメージは、切れ毛だけではありません。

抜け毛、枝毛、パサつきなどもが多くなります。

女性は、生理周期でホルモンバランスが変化し、加齢や出産でもまた大きく、増減の変化をしますので、毛髪もその影響を受けやすい傾向があります。

日頃からホルモンのバランスを意識していきながら、健康で美しい髪を育みたいものです。

食生活で女性ホルモンのバランスを整えましょう

大豆イソフラボンはエストロゲンの働きを助けます

髪の成長に必須といわれる女性ホルモン・エストロゲンを増やすには、どうしたらよいのでしょうか。

ホルモンバランスを整える作用をする食品があります。

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、エストロゲンに似た働きをしてくれる成分です。

豆腐や納豆、味噌や豆乳など、大豆が原料の食品はたくさんありますので、積極的にとりいれるとよいでしょう。

亜鉛やビタミンEで女性ホルモン不足を改善

大豆のほかにも、女性ホルモンの分泌を促す食品がいくつかあります。

まずは、亜鉛を含む食品である、レバー、胡麻、牡蠣などです。

さらに、ビタミンEを含む、ナッツ類やカボチャなどのほか、良質なタンパク質を補給できる卵もよいとされます。

食生活で女性ホルモンのバランスを整える工夫をしてみましょう。

髪を成長させるには安眠することが大事です


ホルモンバランスを整えて、切れ毛などの毛髪トラブルを防ぐには、睡眠も重要です。

髪を成長させる女性ホルモンのエストロゲンは、睡眠時につくられています。

ですので、睡眠不足になると、エストロゲンが満足に生成されなくなります。

また、長時間寝ているはずなのに、ぐっすり眠った感じがしないという人は、安眠していないのかもしれません。

睡眠中、私たちは浅い眠りと深い眠りを規則的に繰り返していますが、そのリズムが乱れると、眠りが浅くなり安眠できなくなります。

エストロゲンは、深い眠りの時に分泌されるものなので、睡眠不足によりホルモンバランスが崩れるということになります。

ホルモンバランスを安定させるためには、6~8時間は睡眠をとるように心掛け、夜更かしはせず深夜0時までには就寝するようにしましょう。

また、寝る直前には入浴やスマートフォンの操作などの体に刺激を与えることは避け、安眠ができるよう気を配りましょう。

リラックスして過ごすことでホルモンバランスを整えましょう

ストレスはホルモンバランスを乱す大きな原因

ホルモンのバランスはとてもデリケートなもので、ストレスが影響し、不安定になることは珍しくありません。

切れ毛などの毛髪トラブルの原因をたどると、ストレスによるホルモンバランスの崩れが元凶であることも多いものです。

仕事や家事、人間関係などの問題でストレスが溜まっていると感じたら、リラックスする時間を設けて、うまくリフレッシュするように工夫しましょう。

ホルモンバランスの変化は生理現象です

女性は排卵から生理前にかけて、エストロゲン量は比較的高いまま、もうひとつの女性ホルモン・プロゲステロンの量が大きく増えて、そのあと、2つの女性ホルモンが大きく減っていわゆる生理が起こります。

生理後しばらくまで、毎月、ひと月の半分は、髪を成長させるエストロゲン量は比較的低めです。

そういったわけで、女性は、排卵から生理前にかけて、成長は著しいですが、人により状況によりホルモンバランスが崩れがちになり、そのあと生理前から生理後までは、成長というよりは維持の期間となります。

エストロゲンの分泌量が低い間は、ほかの要因が重なることにより、髪が脆くなり、切れ毛などの問題が起こりやすくなります。

生理前から生理後のデリケートな時期は、リラックスして過ごし、食生活に気をつけてみるなど、心身に気を配るようにしましょう。

(まとめ)女性ホルモンの減少は切れ毛の原因になるって本当?

1.女性ホルモンが減少すると、切れ毛も増えてしまいます

髪の毛が途中でプツンと切れてしまう状態が切れ毛です。

切れ毛は、ダメージにより髪が脆くなっているために起こるものです。

ダメージの原因は、紫外線や静電気による傷みのほか、女性ホルモン・エストロゲンの減少も考えられます。

女性はホルモンバランスが不安定な傾向にあるので、髪の健康には気を配りたいものです。

2.食生活で女性ホルモンのバランスを整えましょう

髪の健康に大切なホルモンバランスを安定させる食品があります。

大豆イソフラボンを含む豆腐や納豆などの大豆食品は、髪を成長させる女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれます。

また、レバーや胡麻などの亜鉛を含んだ食品や、良質なタンパク質を含む卵もよいとされています。

3.髪を成長させるには安眠することが大事です

ホルモンのバランスを整えて切れ毛などのトラブルを予防するためは、睡眠が重要です。

髪の成長に必要な女性ホルモンのエストロゲンは、睡眠時に生成されるので、睡眠不足は分泌量の減少につながります。

また、エストロゲンは深い眠りの時に生成されるので、できるだけ深くぐっすり安眠できるよう工夫をしましょう。

4.リラックスして過ごすことでホルモンバランスを整えましょう

髪の健康に影響を与えるホルモンバランスですが、ストレスが溜まると不安定になりやすくなります。

また、女性は排卵から生理前にかけても、人により状況により、ホルモンバランスが崩れがちになります。

ホルモンバランスはとても繊細なものなので、日々リラックスをして過ごすよう心掛けましょう。