エストロゲンが正常値より下がると薄毛を引き起こすことも


女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類がありますが、そのうちのエストロゲンは、髪を成長させる働きをします。

このエストロゲンが減少すると、髪の成長期が短くなり、薄毛を引き起こす恐れがあるのです。

エストロゲン減少の要因は、加齢やストレスといったものですが、女性はホルモンバランスが繊細に保たれているため、少しの環境の変化がトラブルに繋がってしまいます。

エストロゲンが減ることによって起こる症状は、薄毛だけではありません。

生理不順、肌荒れ、イライラ、不眠など、心身にさまざまな問題が起きやすくなります。

薄毛のほかに上記のような症状がみられる人は、エストロゲンが不足しているのかもしれません。

女性ホルモンは加齢とともに減少する傾向にありますが、若い人であってもストレスなどが原因となり、ホルモンバランスが崩れることがあります。

女性にとって髪の健康はとても大切なことです。

エストロゲンの量については病院で調べることができますので、気になる方は専門医に相談してみましょう。

エストロゲン主成分の数値は、血液検査でわかります

エストロゲンの主成分「エストラジオール」の正常値は変動します

髪の成長に関わる女性ホルモンのエストロゲンは、主に「エストラジオール」という成分で構成されています。

このエストラジオールの値は血液検査で調べることができます。

そして、正常値は常に同じではありません。

卵胞期や排卵日など、タイミングによって変化するものです。

エストラジオールの正常値は

エストラジオールの正常値は以下のようになります。

  • 生理後0~14日目(卵胞期)13~70pg/ml
  • 生理後14日目(排卵日)70~240 pg/ml
  • 生理後14~28日目(黄体期)70~160 pg/ml

(生理周期が28日の場合)

なお、値が50 pg/mlを下回ると閉経が近いとみられ、閉経後は10pg/ml以下となっていきます。

また、エストラジオールの値がかなり高い場合には、妊娠の可能性も考えられるようです。

妊娠が進行するにつれエストラジオールの値が高くなっていきますが、その影響で、髪の生育が促進され、毛量が増えるケースもあるといいます。

40代半ばから、毛髪への影響が起こり始めます

更年期にはエストロゲンの分泌量が急減します

女性は更年期といわれる40代半ばになると、卵巣機能が低下します。

エストロゲンは卵巣で作られるため、その分泌量も急激に減少していきます。

そのため、この年代の女性は、体調に変化が起きやすく、倦怠感やのぼせ、むくみなど、更年期特有の症状が出るようになるのです。

女性の薄毛トラブルが増えるのも、この頃です。

エストロゲンが急激に減ることで、髪の成長期が短くなり、抜け毛が増える・新しい髪が育ちにくくなるなどの問題が起こります。

加齢を止めることはできませんが、更年期の症状には習慣による個人差があります。

エストロゲンが減少する更年期だからこそ、髪に良い習慣を心掛けたいものです。

頭皮や髪を清潔に保ったり、頭皮の血行を良くするケアをしたり、日頃から頭髪をいたわるようにしましょう。

エストロゲンを増やすためには大豆食品がおすすめ

エストロゲンの分泌を促進するために、有効な食品はあるのでしょうか?

大豆に含まれている栄養素の大豆イソフラボンは、エストロゲンに近い働きをするといわれています。

大豆イソフラボンは、味噌、豆腐、納豆などの身近な大豆食品で摂取できますので、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

エストロゲンを増加させる治療法もあります

主に更年期障害の人に用いられるのですが、エストロゲンを投与する治療法もあります。

これは、エストロゲンが減少したために起こる、心身の症状を和らげるための方法だそうです。

ただし、副作用の心配もあり、専門医と相談しながら慎重に取り入れるものとなっています。

まずは、食生活に配慮し、頭皮を清潔に保ち、髪に良い習慣を心がけて、エストロゲン減少の影響を受けにくい頭皮環境を手に入れましょう。

(まとめ)女性ホルモンが正常値を下回ると髪にどんな影響があるの?

1. エストロゲンが正常値より下がると薄毛を引き起こすことも

女性ホルモンのエストロゲンは、髪を成長させる働きをしますが、減少すると薄毛になることがあります。

女性はホルモンバランスが繊細に保たれているため、少しの環境の変化がトラブルに繋がってしまいます。

病院で数値を調べることができますので、気になる方は専門医に相談してみましょう。

2. エストロゲン主成分の数値は、血液検査でわかります

髪を成長させる女性ホルモンのエストロゲンは、「エストラジオール」という成分を中心に構成されています。

エストラジオールの数値は血液検査で分かりますが、その正常値は一定ではありません。

卵胞期や排卵日など、時期によって変動します。

3. 40代半ばから、毛髪への影響が起こり始めます

更年期になり卵巣機能が低下すると、エストロゲンは急減します。

これは、エストロゲンが卵巣で分泌されるためです。

そのため、この年代になると女性の薄毛のトラブルが起きやすくなります。

髪を成長させるエストロゲンが減る更年期には、髪に良い習慣を心がけるようにしましょう。

4. エストロゲンを増やすためには大豆食品がおすすめ

大豆食品に含まれる大豆イソフラボンは、エストロゲンに似た働きをします。

髪のトラブルが気になる人は、納豆や豆腐などの積極的な摂取をおすすめします。

更年期症状を抑えるためにはエストロゲンを投与する治療法もありますが、まずは食生活や頭皮ケアなどで頭皮環境を整えることから始めましょう。