発毛を促進するにはタンパク質が欠かせません


髪の毛の大部分はタンパク質でできているため、タンパク質を十分に摂取する必要があります。

発毛剤や育毛シャンプーを使用し、頭皮の血行を促しているのになかなか薄毛が改善しないという人もいるでしょう。

その場合、タンパク質やタンパク質を合成する際に必要な、ビタミンやミネラルが不足している可能性があります。

食生活や生活習慣を見直していきましょう。

髪の毛の90%以上はケラチンでできています

髪の毛の90%以上は「ケラチン」というタンパク質です。

ほかにもタンパク質は心臓や内臓、血管や血液、肌、筋肉など、さまざまな体の部位を構成しています。

そのため、タンパク質が不足してしまうと、生きていくうえで重要な心臓や内臓、血液、筋肉などの修復が優先されます。

そのなかでも生命の維持に大きく影響しない髪の毛の成長は、優先順位は低くなってしまうため薄毛などにつながってしまうのです。

ケラチンは約18種類のアミノ酸が結合し、作られたタンパク質です。

そのなかでも最も多いといわれるシスチンというアミノ酸は、体内でメチオニンというアミノ酸からもつくられます。

メチオニンは体内で合成することのできない必須アミノ酸であるため、日々の食事から摂取する必要があります。

普段の食生活でタンパク質をしっかりと摂り、バランスの良い食事を行っていれば問題はありませんが、タンパク質が不足した状態が続いてしまうと、髪や頭皮のトラブルの原因になります。

また、以下に当てはまる人は注意が必要です。

食生活の改善などの対策を行いましょう。

  • 過度の食事制限やダイエットをしている
  • 好きなものばかりを食べるなど、バランスの悪い食事が多い
  • インスタント食品が多い
  • 外食やコンビニ弁当などが多い

必須アミノ酸を含んでいる食べ物や植物性タンパク質を摂りましょう


髪を作るには、体内で合成できない必須アミノ酸も必要になるため、食事で補ってあげることが大切です。

髪の毛に多く含まれるシスチンは多ければ多いほど、丈夫な髪になるといわれています。

このシスチンは必須アミノ酸であるメチオニンというアミノ酸からも作られるため、食事で補ってあげる必要があります。

必須アミノ酸を多く含んでいる食べ物には下記があります。

  • 豆腐
  • 大豆製品
  • 玄米
  • いも類など

また、タンパク質を摂るときには植物性の食品を摂るように意識しましょう。

お肉や魚、卵にも必須アミノ酸は豊富に含まれていますが、動物性の食品は摂りすぎると内臓に負担がかかります。

お肉や魚などのタンパク質を摂るときには、キウイフルーツやパイナップルと一緒に食べるのがおすすめです。

キウイやパイナップルに含まれる食物酵素が、タンパク質の分解や消化吸収を助けてくれます。

動物性の食品は摂り過ぎには注意しましょう。

タンパク質の合成には亜鉛やビタミンB群も必要です

丈夫な髪を作るにはタンパク質は欠かせません。

しかし、タンパク質だけを摂ればいいということではありません。

髪が作られるときには、その材料となるタンパク質はアミノ酸に一度分解され、その後再び合成されます。

これをタンパク質代謝といい、その際にはさまざまな栄養素が必要になるためです。

牡蠣やレバーなど亜鉛を含むもの

ケラチンに再合成する際に、亜鉛が必要になります。

牡蠣や牛肉、レバー、卵黄には亜鉛が多く含まれています。

亜鉛は現代人が不足しやすい栄養素といわれており、普段から意識して摂るようにしておきましょう。

亜鉛は、タンパク質の合成やホルモン分泌、新陳代謝、細胞分裂、血糖値や骨などにも関わってきます。

また、亜鉛には抜け毛の原因になるといわれる酵素を抑える働きがあるといわれています。

緑黄色野菜

タンパク質代謝の際にはビタミンB群が必要です。

髪に必要な栄養素はほかにも、ビタミンA、B、C、D、E、F、パントテン酸があります。

これらは緑黄色野菜に多く含まれているので、緑黄色野菜を意識的に摂るようにしましょう。

生のサラダなどで食べようとしても、なかなか必要量を摂ることができないため、茹でたり塩もみしてかさを減らしたり工夫して、しっかり摂りましょう。

(まとめ)発毛を促すにはタンパク質が必要?

1.発毛を促進するにはタンパク質が欠かせません

髪の毛の主成分はタンパク質でできているため、発毛を促進させるにはタンパク質の摂取が重要なポイントになります。

薄毛対策を行っても効果が出ない人は、日々の食生活を改めて見直しましょう。

2.髪の毛の90%以上はケラチンでできています

髪の毛の90%以上はケラチンというタンパク質でできており、体内にタンパク質が十分にないと生命の維持に関係のない髪の成長は後回しになってしまいます。

そのため発毛を促すには、タンパク質を十分に摂るように心がけましょう。

3.必須アミノ酸を含んでいる食べ物や植物性タンパク質を摂りましょう

丈夫な髪の毛を作るためには、良質なタンパク質が欠かせません。

動物性のタンパク質は摂りすぎると内臓に負担がかかりやすいので、植物性のタンパク質を積極的に摂るように心がけましょう。

4.タンパク質の合成には亜鉛やビタミンB群も必要です

髪の成長には主成分のタンパク質だけでなく、さまざまな栄養素が関わっています。

亜鉛などのミネラルやビタミンなど、意識していないと不足してしまいがちです。

普段から意識してバランスの良い食事を心がけましょう。