発毛のためにはコラーゲンを作る成分の摂取が必要です


発毛のためには、髪の毛を作りやすい頭皮環境を作ることが必要となります。

その頭皮環境に良い効果をもたらすと考えられているのがコラーゲンです。

コラーゲンは肌の弾力を作ったり、新陳代謝を活発にしたりする効果があるといわれていますが、それだけでなく髪の毛を育てる細胞を守る役割をしていると考えられています。

そのため、コラーゲンを増やすことが必要となりますが、コラーゲンは口から摂取してもそのまま働いてはくれません。

コラーゲンを増やすためにはビタミンCなどの栄養素の摂取が必要です。

ビタミンCは体内でコラーゲンを合成する働きを持っているといわれています。

発毛のためには頭皮環境を整えるコラーゲンの働きが必要です

発毛をするためには、髪の毛を育てるための細胞に栄養を運んだり、毛穴の環境を整えたりして髪の毛が生えやすいようにすることが必要です。

コラーゲンは、肌の奥にあり肌の弾力を支えるために役立つ成分と考えられています。

コラーゲンが多い肌は、ハリと弾力があり、柔軟で血管の働きもスムーズです。

コラーゲンは、皮膚の層のうちの真皮という部分に多く含まれています。

頭皮を含む皮膚の奥にコラーゲンがあることで柔らかく若々しい肌を作ることができます。

頭皮にコラーゲンが増えることで、頭皮の弾力を良くすることができ、髪の毛を育てるための細胞にも十分な栄養を運ぶことができるでしょう。
栄養を十分に得た髪の毛の組織は、髪の毛を活発に作り出して、発毛が促進されると考えられます。

ただし、コラーゲンの量のピークは、20歳くらいとなっており、その後徐々にその量を減らしていきます。

17型コラーゲンは発毛組織を守っています


コラーゲンは、たんぱく質の一種ですが、加齢とともに徐々に減ってしまうものです。

コラーゲンの量は、肌のハリや美しさにも大きな影響を与え、頭皮のコラーゲンの量が減ることで弾力が失われ、髪の状態が悪くなるといわれています。

しかし、コラーゲンにはそれ以外にも髪の毛の環境に大きな影響を与えているものがあることが解明されました。

ある国立歯科大学の研究では、その髪の毛の環境に大きな影響を与えるのは17型コラーゲンであるとしています。

17型コラーゲンは、コラーゲンの一種であり、これは毛を作る機能を持つ毛包を守る働きを持っているということです。

毛包を守る17型コラーゲンが分解されると、毛包肝細胞は毛穴から皮膚の表面に押し出されて排出されてしまうと考えられています。

これは加齢によって細胞が修復しにくくなってくると起こりやすくなります。

老化によって薄毛が進行するメカニズムに関係しているといわれており、これが起こるとその部分は発毛の機能を失い、毛が生えなくなるそうです。

コラーゲンは食べて摂取するのではなく体内で作られます

コラーゲンは頭皮の弾力を守り、頭皮環境を改善するだけでなく、髪の毛を育てる働きにもより直接的に関係しているものがあるようです。

そのため、コラーゲンが減少するリスクの高くなる加齢に備えて、コラーゲンを増やす工夫が必要となります。

コラーゲンは、肌から直接浸透させたり、食べ物から摂取したりする効果は薄いといわれています。

コラーゲンを増やしたい場合には、体内でコラーゲンを合成しやすくすることが必要です。

コラーゲンの合成には、ビタミンCの働きが欠かせません。

コラーゲンを含む食品は、体内に入るとアミノ酸まで分解されます。

それを再び合成してコラーゲンが生まれるのです。

ビタミンCはその再合成のための補酵素として働いており、不足するとコラーゲンが作られにくくなる恐れがあります。

ビタミンCを含む食材としては、レモンや柿などの果物があげられます。

また、低分子コラーゲンなどのサプリを利用するのも良いかもしれません。

ただし、17型コラーゲンに関しては、体内で作るのが難しく、人工的に作ることも難しいと考えられています。

(まとめ)発毛のためのコラーゲンの必要性は?

1.発毛のためにはコラーゲンを作る成分の摂取が必要です

発毛のためには、コラーゲンによる頭皮環境の改善と毛を育てる細胞を守る働きが必要です。

コラーゲンを増やすためには、体内でコラーゲンの合成を助けるビタミンCが役立ちます。

2.発毛のためには頭皮環境を整えるコラーゲンの働きが必要です

コラーゲンは、頭皮を含む皮膚の層の真皮という部分に含まれており、肌の弾力や柔軟性を支えています。

コラーゲンが増えると頭皮も弾力を持ち、髪の毛を育てやすい環境になるといわれています。

3.17型コラーゲンは発毛組織を守っています

コラーゲンのなかには、頭皮の弾力を作り出すというだけでなく、髪の毛を作る細胞を守る17型コラーゲンというものもあることが分かりました。

これが失われることで、発毛機能を失い、薄毛になると考えられています。

4.コラーゲンは食べて摂取するのではなく体内で作られます

コラーゲンを増やすためには、体内で分解されたアミノ酸を再合成することが必要です。

その合成には補酵素として働くビタミンCの摂取が欠かせません。

サプリメントで低分子コラーゲンなどを利用するのも良いでしょう。