切れ毛を寝かせるには正しいケアとセット方法が大切です


切れ毛を寝かせるためには、髪の毛に余計な負担を与えない正しいケアとセット方法が必要です。

多くの切れ毛は、毎日の外からの刺激によるダメージを受け傷ついてできます。

また、栄養不足や生活習慣の乱れによって髪が弱っていることも原因となります。

切れ毛が多く、目立つと、無理にセットをして寝かせようとする人もいますが、それによってさらにダメージを与えることもあるため注意が必要です。

切れ毛が目立つようになったら、寝かせることとともに切れ毛を減らすことも考えたいものです。

切れ毛を寝かせるのが難しいのは髪表面の傷みが原因です

切れ毛はピンピンと立ち上がったり、髪の毛のまとまりを悪くしたりするため、髪が傷んだように見えてしまいます。

キレイに見えないので悩みの種となりがちですが、一番の問題は本当に髪が傷んでいるということです。

髪の表面が傷ついていると、水分が蒸発したり過剰に吸収されたりします。

そのため、髪の毛の水分量が一定ではなくなり、うねりが出たり跳ねたりしやすくなって、寝かせるのは困難になるのです。

髪の表面にはキューティクルがあり、その内側にはコルテックスやメデュラという成分が入っています。

キューティクルはうろこ状に重なっていますが、摩擦で剥がれやすくなり、剥がれると髪の内部の成分が流れ出たり、水分が入ったりします。

キューティクルが傷つくことで髪の内部もダメージを受けやすくなり、切れやすくなります。

つまり、髪のダメージは切れ毛の寝かせにくさも引き起こしているということです。

日本人の多くは、髪の毛にくせを持っているといわれています。

くせは髪の断面の形が一定でないことで起こりますが、その断面の不均一によって一本あたりの髪の水分量も違ってしまい、さらに落ち着かず寝かせることが難しくなってしまいます。

切れ毛を寝かせるためには保湿が必要です


切れ毛を寝かせるためには、髪の毛の状態を改善することが大切です。

これから生えてくる髪の毛のためには頭皮を、そして今現在生えている髪の毛には外側から保湿をしてあげることが必要となります。

保湿をすることで、髪の毛の成長を助け、髪の毛の内側を守ることができるでしょう。

髪の毛の成長を助ける保湿

髪の毛の成長を助けることで、次に生えてくる髪の質をアップさせて、切れ毛になりにくい髪の毛にすることが期待できます。

成長を助けるためには、その土壌となる頭皮の保湿が必要です。

頭皮の乾燥を防ぐためには、適切な量の皮脂を残すためにシャンプーの成分を低刺激のものにすると良いでしょう。

さらに頭皮用の保湿剤などを使うことも効果的です。

髪の毛を外側から保湿

生えている髪の毛は、頭皮を整えるだけで変化を起こすことはできません。

そのため、直接髪の毛に対して保湿をすることも必要です。

トリートメントを利用したり、ドライヤーを当てすぎないように注意したりすることで、髪の毛の内側からの水分蒸発を抑えます。

水分が必要といっても濡れたままでは頭皮に雑菌を増やすリスクになるため、シャンプー後にはドライヤーで乾燥させることは欠かせません。

切れ毛を寝かせるには体調管理も大切です

髪の毛を寝かせるためには、体内の環境を改善して、刺激に負けない丈夫な髪の毛を作ることも大切です。

切れ毛を減らして、今ある切れ毛も後から生えてくる部分を質の良いものへと変えていきます。

体内の環境を整えるためには、生活習慣を改善して、睡眠不足やストレス、栄養不足などをなくすことが必要です。

女性ホルモンのエストロゲンは、コラーゲンの増加や髪の毛の成長を助けます。

女性ホルモンは、生活習慣の乱れによって分泌が減ってしまうため、生活の乱れで髪の毛の状態が悪化することもあるのです。

また、食生活の乱れによって栄養不足が起こると、髪の毛を作るもととなる栄養が足りず、良い髪の毛を育てることができません。

髪の毛の状態は体の調子を反映するものなので、切れ毛が増えたり髪のまとまりがなくなったりしたら体調管理を行うことが大切です。

(まとめ)切れ毛を寝かせることができる?

1.切れ毛を寝かせるには正しいケアとセット方法が大切です

切れ毛を寝かせるためには、髪の毛に負担を与えないように正しいケアとセットをすることが必要です。

切れ毛が目立つのはダメージや髪の弱さが関係しています。

そのため、寝かせようとして無理にケアをすることも問題となります。

2.切れ毛を寝かせるのが難しいのは髪表面の傷みが原因です

切れ毛を寝かせることができないと、傷んだように見えますが、実際に傷んでいることで髪は寝かせにくくなっています。

傷んだ髪は水分の蒸発や吸収が激しくなり、うねりやすくなりますし、傷ついていることで切れ毛も引き起こします。

3.切れ毛を寝かせるためには保湿が必要です

切れ毛を寝かせるためには、頭皮と髪の毛の保湿を行うことが必要となります。

頭皮は刺激の弱いシャンプーで皮脂を落としすぎないようにして、ドライヤーを使う時間にも気をつけましょう。

4.切れ毛を寝かせるには体調管理も大切です

切れ毛を減らして髪の毛を寝かせるためには、生活習慣の改善も大切です。

髪の毛を作るための機能を促進し栄養を十分に運ぶには、体内環境を整えて良い髪の毛を作りやすくしなければいけません。