切れ毛が多い髪は梅雨の湿気に影響を受けやすくなります


髪の毛の状態は、周りの湿度などの環境によって左右されやすく、特に傷んだ髪の毛は大きな影響を受けるものです。

切れ毛が多い髪の毛は、梅雨の時期にダメージが目立ちやすく、セットもまとまりにくくなるようです。

これは、湿気を帯びた髪の毛が広がってしまうことが影響しています。

特に切れ毛は髪の質も傷んでいることが多いため、湿気を含みやすく、跳ねることが多いようです。

また、切れ毛の断面は傷んで白っぽく目立ちますし、短い切れ毛が跳ねるとボサボサした印象を与えます。

湿気の多い梅雨は髪が水分で膨張します

梅雨の季節や雨の日などに、髪の毛がまとまりにくくなったり、必要以上にボリュームが出たりするという人は多いものです。

また、雨の日にはうねりや跳ねが出やすくなるということもあるでしょう。

こうした現象と同じように切れ毛も湿気の多い梅雨や雨の日に、目立ちます。

湿気の多い季節には、髪もその水分を取り込みやすくなりますが、必要以上に水分を吸い込んでしまうことで跳ねたりまとまりが悪くなったりするようです。

髪はキューティクルが表面を覆っていますが、キューティクルの隙間から水分を取り込んでいきます。

髪の内部にはコルテックスという成分やメデュラという芯のような部分がありますが、コルテックスが失われた状態の髪はその部分に水分を吸収しやすくなるといわれてます。

全体的にうねりが出ることもありますが、切れ毛の場合には短いことによって毛先がヘアスタイルの途中で無関係に跳ねてしまい、ツンツンと飛び出て目立ちやすくなります。

切れ毛の多い髪はダメージを受けています


梅雨の季節のうねりや切れ毛の跳ねは、髪の毛がダメージを受けていると出やすくなります。

髪の毛は、空気中に湿気が多い時やシャンプーをするために髪を濡らした時などに水分を吸収します。

これは誰にでも起こることですが、特に髪の質や傷み具合によって髪の水分吸収量は増減するようです。

切れ毛の多い髪というのは、そもそも栄養不足や摩擦などの刺激によってダメージを受けていることが多くなります。

健康な髪の毛は太く丈夫で途中で切れにくくなりますが、栄養不足やダメージのある髪は弱く、キューティクルも不完全になりがちです。

そのため、切れ毛は特に湿気の影響を受けやすくなると考えておくことが大切です。

栄養が行き届かない髪は、切れ毛になりやすいうえに、髪の内部のコルテックスが不十分となり、キューティクルが剥がれて水分が入る隙間もできやすくなっています。

髪への栄養は、頭皮の状態や生活習慣などに影響されており、外的な刺激によってキューティクルはさらに剥がれやすくなることがあります。

梅雨に切れ毛を目立たなくするには適切なケアが大切です

梅雨の切れ毛の目立ちを抑えるためには、適切なヘアケアと体の内側から髪の毛にケアを行うことが必要となります。

髪は肌の角質と同じなので、ヘアケアで生えている髪の毛を健康にすることはできませんが、水分を吸収しすぎないようにすることは可能です。

根本的に髪の毛を健康にするためには、内から栄養を届けて髪を育てる細胞を活性化させていきます。

ヘアケアで髪質を改善

切れ毛を目立たなくするためには、トリートメントで栄養分を外側から与えて、髪の状態を適切に保つことが大切です。

空気中の湿気を吸収させにくくするために役立ちます。

また、過剰な水分を入れてしまうキューティクルの隙間を減らすためにオイルなどで髪の表面を覆うケアも効果的です。

体内のケアで髪を丈夫に

切れ毛を減らし、髪の毛をうねらせないようにするには、髪の毛の健康が大切です。

髪の毛を健康で丈夫にするためには、頭皮の血行を促進して栄養分を届けやすくして、髪を育てる毛母細胞の働きを活性化させなければいけません。

頭皮のマッサージを行い、血流を良くして、食事では髪の元になるたんぱく質を十分に摂取しましょう。

(まとめ)切れ毛が梅雨に目立つのはなぜ?

1.切れ毛が多い髪は梅雨の湿気に影響を受けやすくなります

切れ毛が多い髪は梅雨の湿気によって広がりやすく、セットがまとまりにくくなります。

切れ毛は特に、髪質も傷んでいることが多いため、湿気を含みやすくなるためです。

また、短い切れ毛は跳ねやすく、目立ちます。

2.湿気の多い梅雨は髪が水分で膨張します

湿気の多い梅雨や雨の日には、髪の毛が余分に水分を吸収してしまい、切れ毛が跳ねたり髪全体がうねったりしがちです。

髪の内部の組織が失われていると、キューティクルの隙間から水分が入りやすくなります。

3.切れ毛の多い髪はダメージを受けています

切れ毛の多い髪は栄養不足や摩擦などの刺激によって不健康になっている可能性があります。

そのため、切れ毛にもなるうえに、水分を吸収しやすくなって梅雨の時期などに目立ちやすくなります。

4.梅雨に切れ毛を目立たなくするには適切なケアが大切です

梅雨に切れ毛を目立たないようにするには、ヘアケアと体内のケアが必要です。

ヘアケアでは、髪に余分な水分を与えないようにトリートメントやオイルで髪を守ります。

さらに丈夫な髪を作るために、頭皮の血行促進と食事で栄養を摂ることが大切です。