髪の毛の匂いをよくするためにはシャンプーやトリートメントなどのお手入れ方法を見直しましょう


髪の毛は、どのように手入れをしたかによって匂いが変わります。

つかっているヘアトリートメントやヘアスプレー、スタイリング剤の匂いはもちろんですが、それだけではなく、シャンプーできちんと汚れを落とせているかどうかや、髪の毛に匂いが付いた時にすかさず洗っているかどうかなどが重要になってきます。

髪の匂いが気になる場合は、お手入れ方法を変えてみましょう。

髪の毛がクサイと感じる場合、髪の毛の原因、地肌の原因の2つがあります

「髪の毛がクサイ」と感じる原因は、大きくわけて次の2つです。

髪の毛自体がクサイ

喫煙者がいる場所や、焼肉などに行くと、その匂いが髪に移ってしまうことがあります。

髪の毛は、手や顔などに比べて匂いが付きやすい部位なのです。

特に、乾燥などによってキューティクルが剥がれた髪の毛は、内部組織の中に匂いが入り込みやすくなっています。

こうした匂いが髪に付いてしまうと、髪自体が悪臭の元になってしまいます。

地肌がクサイ

地肌にシャンプーやヘアスプレーなどが残っていて雑菌が繁殖したり、皮脂が分泌過多になったりすると、きつい匂いの原因になります。

毎日シャンプーをしていても、その方法を間違えていると地肌の匂いに繋がることがあるので、気になる場合は、ラップを地肌に押し付けたり、指の腹で擦ったりして匂いを嗅いでみましょう。

また、このような地肌の雑菌や皮脂は、人に不快感を与えるだけでなく、自分にとってもツライ痒みや炎症などの症状を引き起こすこともありますから十分注意しましょう。

髪の毛の嫌な匂いをとるためには洗髪が効果的です


髪の毛の嫌な匂いを防ぐために、正しい方法で洗髪するようにしましょう。

髪の毛を洗う前

髪の毛の絡まりをほどき、大きな汚れを取り除くために、毛先から丁寧にブラッシングを行ってください。

また、定期的にオイルクレンジングを行うことで、毛穴に詰まった汚れをよりしっかりと落とすことができます。

ホホバオイルやココナッツオイルを頭皮に馴染ませてマッサージし、蒸しタオルで頭皮を包みます。

その後は、いつも通り洗髪してください。

ぬめりが落ち辛い場合は軽く二度洗いをしても良いでしょう。

頭皮の洗い方

「髪の毛を洗う」と言いますが、実際には頭皮を中心に洗います。

指の腹でマッサージをするようにしながら、毛穴の汚れを落としましょう。

力を入れ過ぎたり爪を立てたりしないように気を付けてください。

また、シャンプーやコンディショナーの流し残しがないように、お湯で十分にすすぐことが大切です。

汚れを落とすための洗髪ですが、最後のすすぎが甘いと、反対に毛穴に汚れが詰まって悪臭の原因になってしまいます。

良い香りのヘアケア用品は時に逆効果となります

髪の毛にいい匂いを付けようとして、強い香りのシャンプーやコンディショナーを使ったり、香りの強いヘアスタイリング剤を使う場合があります。

しかし、こうした製品の香料は、頭皮や髪にとって良くない影響を与える場合があるので注意しましょう。

香り成分が肌に合わない場合

香料がお肌に合わないと、頭皮の痒みに繋がる場合があります。

すると、頭皮を掻いてしまって荒れの原因になったり、フケが出たりします。

特にアレルギー体質の方や、お肌が敏感な人が香りの強い製品を使う場合は、使った後で頭皮に異常が起こっていないか意識しておくようにしましょう。

香りがクサイ匂いと混ざり合う場合

せっかく良い香りでも、頭皮が嫌な匂いを発しているせいで、却って悪臭の原因になってしまうということもあります。

これは、体臭の強い人が強い香水を使うと混ざり合って嫌な匂いになることがあるのと同じです。

良い香りの製品を使う時は、まず、頭皮と髪を清潔にして、嫌な匂いの元を断つようにしましょう。

また、体臭が濃い人は、それとまじりあってしまうこともあります。

食生活や運動に気を付けて、体臭改善を目指しましょう。

(まとめ)髪の毛の匂いをよくするためにはどうすればいい?

1.髪の毛の匂いをよくするためにはシャンプーやトリートメントなどのお手入れ方法を見直しましょう

髪の匂いは、お手入れ方法によって左右されます。

使っているスタイリング剤の匂いなどだけでなく、きちんと汚れが落とせているかどうかや、必要十分な洗髪を行っているかどうか見直してみましょう。

2.髪の毛がクサイと感じる場合、髪の毛の原因、地肌の原因の2つがあります

髪の毛の匂いの原因は、髪自体に煙草などの匂いが移ってしまってしまうことと、地肌で雑菌が繁殖したり皮脂分泌が過剰になることです。

地肌が匂う場合は、炎症や痒み、フケと言ったトラブルが起こる可能性もあるので注意しましょう。

3.髪の毛の嫌な匂いをとるためには洗髪が効果的です

髪の毛の嫌な匂いを防ぐためには、髪の毛を洗う前にしっかりブラッシングをしたり、定期的にオイルパックをするのが効果的です。

また、髪を洗った後はすすぎ残しがないように、十分にシャンプーやコンディショナーを流してください。

4.良い香りのヘアケア用品は時に逆効果となります

良い香りのヘアケア用品は、刺激が強くて頭皮トラブルを引き起こしてしまう場合があります。

また、頭皮や身体の匂いが強い人が強い香りの製品を使うと、混ざり合って却って嫌な匂いになる場合もあるので気を付けましょう。