グリチルリチン酸は、頭皮環境を整え、育毛をサポートする成分です。


グリチルリチン酸は、甘草という植物の根から抽出された成分で、抗酸化作用や抗アレルギー作用があります。

そのため、現在ではグリチルリチン酸を配合した医薬品や化粧品などが、多数販売され、育毛剤にも含まれています。

グリチルリチン酸が入っている育毛剤には、頭皮の炎症やアレルギーによって荒れてしまった頭皮環境を改善し、抜け毛を防ぐ効果があると言われているのです。

頭皮トラブルが抜け毛を引き起こします。

育毛を阻害する要因の一つに、頭皮トラブルがあります。

頭皮トラブルとは、頭皮の炎症や湿疹、乾燥、皮脂の過剰分泌などがあります。

頭皮は髪が生えるための土台であり、健康でなければ髪の毛は正常に成長することができません。

健康で丈夫な髪を育てるためには、頭皮環境は重要な要素なのです。

そのため、健康で豊かな髪を成長させるためには、頭皮トラブルを解消し、頭皮環境を整える必要があります。

頭皮に何らかのトラブルがある人は、まずは頭皮環境を整え、正常化させることを意識するようにしましょう。

頭皮環境を整えるケア用品の一つに、育毛剤があります。

育毛剤の中でも、グリチルリチン酸が入っているものを使用すると、頭皮に直接働きかけ、頭皮トラブルの予防や改善に役立つでしょう。

グリチルリチン酸とは


頭皮を正常化させるのに有効だと言われているのが、グリチルリチン酸です。

グリチルリチン酸は、多くの育毛剤にも含まれている成分です。

では、グリチルリチン酸とはどのような成分なのでしょうか。

グリチルリチン酸とは

グリチルリチン酸は、甘草という植物の根から抽出される天然の成分です。

甘草は、古くから甘味料や漢方としても親しまれてきた植物です。

グリチルリチン酸は、そのままでは水に溶けにくい性質があるため、育毛剤の成分表示にはグリチルリチン酸という表記ではなく、「グリチルリチン酸ジカリウム」や「グリチルリチン酸2K」というグリチルリチン酸誘導体の名前で表記されていることがあります。

グリチルリチン酸の効果・効能

グリチルリチン酸には、殺菌作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用があります。

ニキビ化粧品や風邪薬、抗アレルギー薬、育毛剤など、幅広い商品や医薬品に含まれています。

グリチルリチン酸の副作用

グリチルリチン酸は、頭皮環境を改善する効果があり注目されている成分です。

しかし、一方で副作用の危険性があるとして問題視する考え方もあります。

グリチルリチン酸の副作用

グリチルリチン酸による副作用とは、偽アルドステロン症と呼ばれ、具体的には高ナトリウム血症や低カリウム血症という症状が現れるとされています。

しかし、これはグリチルリチン酸を長期的で大量に経口摂取した場合です。

グリチルリチン酸配合の育毛剤の使用について

グリチルリチン酸の配合された化粧品や育毛剤を使用する場合は、大量摂取にはなりにくく、副作用の問題はないとされています。

そのため、頭皮に直接つける育毛剤を使う時は、使用方法を守っていれば、過剰にグリチルリチン酸の副作用を気にする必要はありません。

しかし、どの成分にも言えることですが、グリチルリチン酸を配合しているかどうかに関わらず、使っているときに少しでも異常があれば、使用を中止するべきでしょう。

(まとめ) 育毛剤に含まれているグリチルリチン酸って何?その効果は?

1.グリチルリチン酸は、頭皮環境を整え、育毛をサポートする成分です。

育毛剤に含まれているグリチルリチン酸は、頭皮トラブルの予防や改善の効果のある成分です。

育毛剤以外にも、医薬品や化粧品などにも配合されています。

2.頭皮トラブルが抜け毛を引き起こします。

頭皮トラブルがあると、健康な髪が成長することができません。

そのため、頭皮に何らかのトラブルがある場合は、まず頭皮環境を整えることが大切です。

頭皮環境を整えるケア用品には、育毛剤があります。

3.グリチルリチン酸とは

グリチルリチン酸は、甘草という植物の根の部分から抽出される天然成分です。

殺菌作用や抗炎症作用、抗アレルギー作用があり、育毛剤などの商品や医薬品にも含まれています。

成分表示では、「グリチルリチン酸ジカリウム」や「グリチルリチン酸2K」と表記されている場合があります。

4.グリチルリチン酸の副作用

グリチルリチン酸は、医薬品としても多用されている一方で、副作用の危険性についても問題になるケースがあります。

しかし、肌や頭皮につける場合には、使用方法を守っていれば、副作用のリスクは低いと考えられています。