60代の髪には育毛剤を活用したケアがおすすめです


60代女性の薄毛や抜け毛は、ほとんどが加齢によるものと言っても過言ではありません。

たとえば加齢による食欲低下で頭皮の栄養状態が悪くなってしまいます。

また、閉経後女性ホルモンの分泌が急激に減るため、髪の毛をつくる機能や再生能力、免疫力が低下してしまいます。

さらに血管の老化や運動不足が原因で血液循環も悪くなり、頭皮に必要な栄養や酸素が届きにくくなる、なども考えられます。

では、歳を取ってしまったら育毛は諦めなくてはならないのでしょうか?

答えはNOです。

最近は60代とは思えないほど若々しく、ファッションはもちろんヘアスタイルも美しい女性が増えています。

60代の髪には60代ならではの育毛法があるのです。

若い頃の育毛との一番の違いは育毛剤の活用です。

60代から育毛を目指すなら、シャンプーや頭皮マッサージ、生活の改善だけでは不十分です。

育毛剤には単に栄養を与えるだけでなく、毛根を活性化させる成分や血行を促進させる成分などが配合されています。

また、加齢によって失われがちな水分を補給し、うるおいを与える効果もあります。

育毛剤をうまく活用し、年齢による機能の低下を補うことで、まだまだ髪の若さを保つことができます。

60代の育毛ポイントその1:マッサージと育毛剤で毛乳頭を活性化

年齢を重ねると抜け毛や薄毛を実感します。

これは毛乳頭や毛母細胞が老化のために衰え、機能が低下してしまうからです。

毛乳頭は頭皮の毛細血管から栄養を取り込み、毛母細胞に「細胞分裂しなさい」という指示を出す、いわば育毛の司令塔です。

60代の育毛の最大のポイントとも言えるのが「毛乳頭の活性化」です。

毛乳頭を活性化するために必要なのが、

  1. 髪に必要な栄養を取ること
  2. 栄養を毛根に届けるために血流をよくすること

まずはシャンプー後や風呂上りに頭皮マッサージを行って頭皮の血行を促しましょう。

また、育毛剤には頭皮の血流を促進させるだけでなく、毛母細胞を活性化させる成分が配合されています。

マッサージと併用して育毛剤を使用することで、さらに高い効果が期待できます。

中でも細胞分裂の促進を促す効果をもつセンブリエキスやヒノキチオールを配合した育毛剤がおすすめです。

毛乳頭が正常に機能し、毛根が活性化すれば髪質は改善し、場合によっては「発毛」も期待できます。

60代の育毛ポイントその2:保湿成分のある育毛剤で頭皮の乾燥をふせぐ


女性ホルモンが減少することで、60代の肌の水分量は、若い頃に比べて思ったよりも低くなっています。

顔や手足にしわができるように、頭皮も水分不足から新陳代謝が上手くできなくなり、古い角質がたまって固い頭皮になっているのです。

頭皮が硬いと血流が悪くなり、血液からの栄養が届かずどんどん髪が痩せてしまいます。

これではせっかくの育毛剤の成分も浸透していきません。

頭皮マッサージやヘッドスパも有効ですが、育毛剤を選ぶ際にも保湿効果のあるものを使用したものを選びましょう。

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • オタネニンジンエキス

などの成分が、保湿力が高くおすすめです。

頭皮の乾燥をふせぎ、潤いが与えられることで、余分な皮脂の分泌が抑えられ、フケ、かゆみ、臭いなどの悩みも少なくなります。

毛穴を清潔にすることで育毛剤の栄養分がしっかりと浸透されるようにもなります。

60代の育毛ポイントその3:あせらずゆっくり取り組みましょう

髪の毛は成長するために時間がかかります。

20~40代であれば、髪の伸びる速度は平均で1日0.3~0.5mm、1ヶ月で約1.2cm程度です。

それが60代になると、1ヶ月0.9cmと遅くなります。

これは、髪の毛の生え変わりのサイクルが加齢によって変化したためです。

肌の新陳代謝も毛母細胞の分裂能力も衰えていますので、若い頃よりも成長が遅く感じる面もあるでしょう。

抜け毛や白髪が増えると一刻も早く改善したい、と思う気持ちはわかりますが、あせりは禁物です。

歳を取っても女性ホルモンは少量ですが分泌され続けています。

薄毛や抜け毛を気にするあまり、あせりがストレスになってしまってはホルモンバランスも崩れてしまい、逆効果です。

たとえば人目が気になる後頭部にはウィッグなどを利用してみるのもいいでしょう。

育毛剤だけでは効果が不十分な場合、サプリメントで栄養を補ったりホルモンバランスを整えたりすることも有効です。

(まとめ)60代になっても女性は育毛できる?

1.60代の髪には育毛剤を活用したケアがおすすめです

60代の薄毛や抜け毛の原因は主に加齢・老化によるものです。

  • 更年期による女性ホルモンの減少
  • 加齢による食欲低下
  • 加齢による血行不良

育毛剤をうまく活用することでこうした機能の低下を補えば、まだまだ髪の若さを保つことは可能です。

2.60代の育毛ポイントその1:マッサージと育毛剤で毛乳頭を活性化

毛乳頭は毛細血管から栄養を取り込み、毛母細胞へと送る重要な部分です。

この毛乳頭を活性化させることが育毛の大きなポイントです。

頭皮マッサージで血行を促し、ヘアサイクルを正常化させましょう。

育毛剤の併用でさらに高い効果を得ることができます。

3.60代の育毛ポイントその2:保湿成分のある育毛剤で頭皮の乾燥をふせぐ

若い頃に比べて60代の頭皮は水分量が激減し、固くなっています。

これは血流を阻害し、栄養が毛根に届かなくなる原因です。

ヒアルロン酸やコラーゲン、オタネニンジンエキスなど、保湿効果の高い成分を使った育毛剤を選ぶようにしましょう。

4.60代の育毛ポイントその3:あせらずゆっくり取り組みましょう

歳をとると髪の成長速度も遅くなります。

しかし、あせりはストレスとなるので育毛に悪い影響を与えます。

気になる薄い部分はウィッグでカバーする、サプリメントで栄養を補うなど、60代になってからの育毛はあせらずにじっくり取り組むことが大切です。