毛細血管を意識して生活することは、育毛環境のために大事です


最近の研究で、毛細血管が加齢により減少する仕組みの一部が判明しました。

これは加齢により、毛細血管の内皮細胞と壁細胞の接着が弱くなり、毛細血管の壁が剥がれてしまうためです。

正常な状態の毛細血管は、血管内皮細胞を壁細胞が覆い、血液内の栄養は血管から染み出しています。

しかし、加齢により壁細胞が剥がれた毛細血管では、血液内の栄養が毛根に届く前に漏れてしまいます。

この毛細血管内の2つの細胞達を接着する受容体をTie2(タイツー)といいます。

このTie2が加齢のせいで減少してしまい、壁細胞が剥がれてしまうのです。

また、毛細血管は血流が悪く、血液が通らないと使われなくなり、最後には無くなってしまうことは、既に知られています。

頭皮の毛細血管が減少して毛根に栄養が届かなくなると、薄毛や抜け毛、切れ毛が起こってしまいます。

それだけでなく、毛細血管の減少は、お肌のシミやたるみの原因でもあります。

薄毛やシミ、たるみを始めとした加齢による身体の変化を最小限にするために、日ごろから毛細血管の健康を意識して生活しましょう。

血流アップで毛細血管を元気にする

毛細血管は血液が流れ込まないと劣化してしまいます。

したがって、血流をアップさせて、毛細血管まで血液を流れ込ませると毛細血管は健康になるわけです。

そのためには、毎日短時間でもいいので運動を続けることです。

特にふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、筋肉を使うことで、心臓から脚に降りた血液をまた心臓に戻すポンプのように働きます。

ウォーキングや仕事などで意識して階段を登るだけで、ふくらはぎの筋肉が使われます。

時間が無いのでもっと簡単にしたいという方は、その場につま先で立ち、かかとをゆっくりと上げ下ろすことを十数回繰り返すだけで、血流がよくなります。

これならば、特に道具や場所が必要なく、ちょっとした隙間時間に簡単にできます。

ちなみに、ふくらはぎの運動をすると、足のむくみも楽になります。

毛細血管を健康にする成分がシナモンにある


毛細血管の内皮細胞と壁細胞を接着させる「Tie2」を活性化させるには、アンジオポエチンというタンパク質が必要です。

シナモンの一種である桂皮(ケイヒ)に含まれる成分が、このアンジオポエチンのように働き、Tie2を活性化させることが、研究で明らかになっています。

シナモンは一日0.6グラムの僅かな量で構いません。

一日一杯のシナモンをコーヒーや紅茶に入れて飲むだけで、十分な量が摂れます。

また、シナモンはトーストにしたり、プレーンヨーグルトに入れたりしても美味しく食べられます。

ただし、摂りすぎると肝臓に悪影響を及ぼしますので注意しましょう。

また、桂皮は漢方薬に含まれていることがあります。

お飲みの漢方薬の説明書を確認してみましょう。

毛細血管を減らしてしまう3つの悪い生活習慣

不潔

シャワーだけでは身体が芯から温まらず、血流が滞り、毛細血管の減少につながります。

温かい湯船に浸かり、身体を温める時間を作りましょう。

入浴時に肩や首、ふくらはぎをマッサージしたり、シャンプー時に頭皮をマッサージすることで血流を向上させることができます。

喫煙

喫煙は血管に悪影響を与えます。

まず、ニコチンが血管を収縮させてしまいます。

その上、血液をドロドロにするので、血液内の栄養が毛細血管に流れにくくなります。

そして、毛細血管の減少の原因になるのです。

食生活

暴飲暴食は血管を傷つけます。

炭水化物を食べ過ぎると、含まれる糖質の過剰摂取により血糖値が高くなります。

すると血液中にブドウ糖が多くなり、ドロドロと流れが悪くなり、詰まりやすくなるのです。

また、塩分が多い食生活をしていると、血圧が高くなり、血管が破れやすくなります。

(まとめ)毛細血管の減少を防ぐ努力は、育毛のために役立ちますか?

1.毛細血管を意識して生活することは、育毛環境のために大事です

毛細血管は毛根に栄養を届ける役割を果たします。

この毛細血管は、加齢により細胞壁が破れることで、減少してしまうことが最近の研究で明らかになりました。

また、血流不足で血液が流れなくなると、毛細血管は無くなってしまいます。

2.血流アップで毛細血管を元気にする

血流を上げるには、ウォーキングやストレッチのような軽い運動を毎日続けることです。

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれます。

つま先を使って、ふくらはぎの上げ下ろしを十数回行ったり、階段を意識して登ることで、ふくらはぎの筋肉を使い、全身の血流がアップします。

3.毛細血管を健康にする成分がシナモンにある

Tie2という毛細血管内の2つの細胞壁の接着に関係する受容体があります。

最近の研究で、シナモンや桂皮に含まれる成分が、このTie2を活性化するタンパク質の代わりになることが判明しました。

シナモンや桂皮を摂りすぎないように、適度に摂取しましょう。

4.毛細血管を減らしてしまう3つの悪い生活習慣

入浴はシャワーだけで済まさずに、湯船につかって身体を芯から温め、マッサージをしたりして血流アップさせましょう。

喫煙は血管を収縮させ、血液を流れにくくさせるので、禁煙しましょう。

糖質が多く、塩分の高い食生活は、糖尿病や高血圧などの原因になります。