生活の中で知覚神経を刺激する行動を取り入れると、育毛に役立つ成長因子を増やせます


年齢を重ねると、抜け毛や薄毛、肌トラブル、身体の不調などに悩む方が増えてきます。

しかし、なぜ加齢とともに身体にさまざまな問題が発生するのでしょうか。

この問題を解決するキーワードが、成長因子です。

聞き慣れない言葉かもしれませんが簡単に説明すると、成長因子とは人の細胞をコントロールしているタンパク質の総称で、新陳代謝をアップさせ身体を若々しくする働きがあります。

しかし、この成長因子の分泌量は一定ではなく、20代後半から減少すると言われています。

つまり、加齢による抜け毛や薄毛、肌トラブルなど身体の不調は、成長因子の減少が関係しているということです。

また、成長因子の種類は数多くあります。

その中には髪の毛を元気にする「IGF-I(アイジーエフワン)」という成長因子があります。

このIGF-Iは、知覚神経を刺激すると増えるという性質を持っています。

そこで日常生活の中で、運度や入浴など知覚神経に刺激を与えるような行動を心掛け、IGF-Iを体内で増やせば、育毛が期待できるということになります。

育毛にはIGF-Iという成長因子が関係しています

抜け毛や薄毛の原因は、ストレスや食生活などの生活習慣の他にも、「IGF-I」という成長因子の減少が関係していると言われています。

そもそも成長因子とは、身体の中で作れる物質で、細胞をコントロールしているタンパク質の総称です。

人の身体は60兆個の細胞からできており、細胞分裂を繰り返して成長しています。

この細胞分裂に必要なのが成長因子で、私たちの身体になくてはならない存在です。

しかし、この成長因子の分泌量は一定ではなく、20代後半から減少します。

たとえば、子供はケガをして傷ができてもすぐに治りますが、一方の大人は傷がなかなか治りません。

これは、子供の頃は成長因子が活発で新しい細胞が盛んに作られるため傷の治りが早く、一方の大人は、成長因子が減少しているため、新しい細胞がなかなかできず傷の治りが遅いということになります。

このように加齢とともに減少する成長因子ですが、その種類は数多くあり、さまざまな働きがあります。

その中には髪の毛を元気にすると言われる「IGF-I(アイジーエフワン)」という成長因子があります。

知覚神経を刺激するとIGF-Iが増加する可能性があります


では、加齢ともに減る成長因子をどのように増やせばよいのでしょうか。

最近では、年齢を重ねた肌に潤い与えるためのエイジングケアとして美容や医療の世界でも成長因子に注目が集まっています。

具体的には、減少した成長因子を身体の外側から補うために、成長因子配合の育毛剤や化粧品を使ったり、クリニックで治療したりするケースです。

しかし、特別なことをしなくてもIGF-Iの増やす方法があります。

それが知覚神経の刺激です。

知覚神経とは

知覚神経とは、熱さや痛みなどを感じる、身体の感覚に関する神経を言います。

五感を刺激する生活を心掛け、楽しく育毛につなげましょう。

①見る②聞く③触る④味わう⑤におい

IGF-Iと育毛のメカニズム

①知覚神経を刺激する→②IGF-Iが増える→③血流を促進する→④健康的になる、髪の毛が成長する→⑤育毛が期待できる

自分の力でIGF-Iを増やすことができます

ここからは、自分の力で知覚神経を刺激してIGF-Iが増やす方法をご紹介します。

今日から実践してIGF-Iを増やし元気な髪の毛を育てる育毛習慣を身に付けましょう。

食べ物を温める

知覚神経は、温度が高いほど刺激されIGF-Iが増えます。

逆に、冷たい物は知覚神経の刺激を抑制するので、冷たいジュースなどを飲み過ぎないようにしましょう。

塩分を控える

塩分には、知覚神経を刺激する作用があります。

しかし、塩分を取り過ぎると知覚神経が麻痺して、IGF-Iが減らし薄毛の原因になります。

お風呂にゆっくり入る

お風呂に入ると、皮膚の知覚神経が刺激されます。

シャワーで済ませるのではなく、しっかり湯船に浸かって身体を温めましょう。

適度な運動と適度な紫外線

適度な運動をすることや適度に紫外線を浴びることで、IGF-Iが増えます。

紫外線を極度に怖がる必要はありません。

(まとめ)自分でできる、育毛を助ける成長因子IGF-Iの増やし方とは?

1.生活の中で知覚神経を刺激する行動と取り入れると、育毛に役立つ成長因子を増やせます

日常生活の中で、運度や入浴など知覚神経に刺激を与えるような行動を心掛け、「IGF-I(アイジーエフワン)」という成長因子を増やせば、髪の毛が元気になり育毛にも健康にも役立ちます。

2.育毛にはIGF-Iという成長因子が関係しています

成長因子とは、身体の中で作れる物質で、細胞をコントロールしているタンパク質の総称です。

成長因子の種類は数多くあります。

その中には、髪の毛を元気にする働きがあるIGF-Iという成長因子があります。

3.知覚神経を刺激するとIGF-Iが増加する可能性があります

特別なことをしなくてもIGF-Iを増やす方法があります。

それは熱さや痛みなどを感じる知覚神経を刺激することです。

五感を刺激するような生活を心掛け、楽しくIGF-Iを増やし髪の毛を元気にしていきましょう。

4.自分の力でIGF-Iを増やすことができます

温かい食べ物を食べたり、塩分を控えたり、湯船に浸かり身体を温めたりと、自分の力で知覚神経を刺激してIGF-Iが増やすことができます。

今日から実践して元気な髪の毛を育てる育毛習慣を身に付けましょう。