女性ホルモンを増やすには寝る時間を安定させることが大切です


女性ホルモンは女性の体を美しくしたり、健康を維持したりすることができるといわれています。
抜け毛の予防や薄毛対策にも大切なものと考えられており、減ってしまったら増やし、いつも安定させておきたいものです。
女性ホルモンを増やしたり、分泌を活発にしたりするためには、寝る時間の工夫が必要です。

寝る時間を安定させることで、女性ホルモンを分泌するために必要な脳や体の働きをも安定させることが期待できます。
十分に寝る時間を取るだけでなく、寝る前の時間にも工夫をして快適な睡眠を心がけることが必要となるでしょう。

女性ホルモンを増やすためには寝る時間にリラックスすることが大切です

女性ホルモンを増やすために行いたいのは、寝る時間の前に十分にリラックスできる環境を作ることです。
女性ホルモンを作るために睡眠が必要、寝る時間の確保が必要といっていても、質の良い睡眠が取れなければ意味がなくなってしまいます。
女性ホルモンを分泌させやすくするためには、質の良い睡眠を取って脳を休ませることが大切です。

寝る時間の前にはリラックスできる自分の好きなことをすると良いでしょう。
ただし、寝る前の飲食は体の消化機能を働かせることになってしまうため、睡眠中に脳を休めることができません。
できれば、温かい飲み物程度に抑え、読書をしたり睡眠に良いヨガをしたり、のんびりとした気分を味わいましょう。
これらを行うことで、自律神経の副交感神経が優位となり、睡眠に入りやすい体内環境を作りやすくなります。

リラックスできるといっても、寝る時間の前にスマートフォンやパソコンをするのは避けましょう。
こうした電子機器の光は脳を覚醒させてしまい、自律神経が緊張してしまう恐れがあります。

女性ホルモンを分泌するには毎日の寝る時間を工夫します


女性ホルモンを分泌させるために睡眠を工夫する場合には、たった1日頑張っただけでは足りません。
女性ホルモンの分泌のためには、体内環境を安定的に良い状態に保つことが必要となるため、毎日の寝る時間を安定させることが必要です。
仕事や勉強が忙しい人には難しいことかもしれませんが、髪の毛や肌の健康のためには必要不可欠となります。

毎日の寝る時間は、成長ホルモンの分泌のゴールデンタイムといわれる時間に合わせることが良いでしょう。
成長ホルモンは夜の10から深夜2時の間に出るといわれており、その前に就寝することが必要となります。
成長ホルモンは体の組織を修復することができ、脳や内臓なども整えてくれそうです。

また、早寝早起きをすることで、この時間帯にメラトニンという熟睡させるための睡眠ホルモンが出やすくすることも可能です。
メラトニンは起床から14時間から16時間後に出始める傾向を持っており、朝7時に起きたならば夜10時くらいに出始めます。
寝る時間を安定させることで、自然に熟睡しやすい環境を作れるのです。

熟睡し、体の機能を修復することで、体は活発に働くことができるようになり、女性ホルモンの分泌もスムーズになるでしょう。

寝る時間を安定させることで脳を休ませます

女性ホルモンは、脳からの指令によって卵巣から分泌されるものです。
脳と卵巣の関係は少し複雑で、卵巣への刺激を与えるためだけにさまざまな動きがあります。
脳の視床下部という部分は女性ホルモンの量をチェックする機能を持っており、足りなくなると脳下垂体という部分に働きかけて「性腺刺激ホルモン」という物質を分泌させます。
このホルモンの刺激を受けて卵巣は女性ホルモンを分泌します。

脳では、女性ホルモンのチェック機能と分泌促進機能を行っており、脳の働きは女性ホルモンに大きな影響を与えています。
そのため、脳が疲れていては女性ホルモンの分泌は正常に行われなくなります。
寝る時間は脳を休めて機能を回復するのに大切な時間となり、女性ホルモンの分泌にも良い影響を与えます。

特にストレスや疲れを負っていると感じたら、脳も疲れているはずなので寝る時間の工夫が必要となりそうです。
また、寝る時間中に分泌される成長ホルモンは、卵巣刺激への反応の向上も期待できます。

(まとめ)女性ホルモンと寝る時間は関係あるの?

1.女性ホルモンを増やすには寝る時間を安定させることが大切です

美容や健康に良い影響を与える女性ホルモンを増やすためには、寝る時間を工夫することが大切になります。
睡眠時間を確保するだけでなく、寝る前の時間にも注意をして快適な睡眠を作りましょう。

2.女性ホルモンを増やすためには寝る時間にリラックスすることが大切です

女性ホルモンを出しやすくするためには、寝る時間の前に十分リラックスをして副交感神経を優位にしておくことが大切です。
こうすることで、睡眠を取りやすい体内環境ができて、質の高い睡眠が得られるでしょう。

3.女性ホルモンを分泌するには毎日の寝る時間を工夫します

女性ホルモンを分泌するためには、毎日の寝る時間を大切にすることが必要です。
早寝早起きを心がけて、睡眠に必要なホルモンを分泌させるとともに体を修復するホルモンも利用します。

4.寝る時間を安定させることで脳を休ませます

女性ホルモンは脳からの指令で卵巣から分泌されるため、寝る時間を確保することで脳の疲れを無くすことが必要となります。
女性ホルモンを分泌しやすくするために、ストレスや疲れが溜まった脳を睡眠で休めてあげましょう。