女性ホルモンの減少が更年期を引き起こします


女性ホルモンは、女性の体を整える役割を持っています。
思春期から30代くらいまで増え続けて、40~50代にかけて減り始めます。
女性ホルモンが減り始めた頃から女性の髪や肌が衰えやすくなっていき、更年期にはさまざまな症状が現れるのです。

更年期の女性における体内の女性ホルモンの量は、ピーク時の半分以下にまで減っているといわれています。
女性ホルモンが分泌されにくくなったことで、体内環境がバランスを崩し、女性ホルモンの影響で美しく健康を保っていた髪や肌がトラブルを引き起こしやすくなります。

更年期の女性の体は不安定になっており、ストレスや疲れの影響を受けやすく、生活習慣の乱れや忙しさなどでより一層体調不良になることもあるようです。

年齢に関係なく女性ホルモンが減ると更年期障害が起こります

女性ホルモンは女性の生理をコントロールしていたり、肌や髪の毛の生育を促進したりする働きなどを持っています。
通常では、10代から20代くらいに分泌されるようになり、20代から30代にかけてピークを迎えます。
この頃の女性の肌や髪の毛が美しく健康的になるのも女性ホルモンの影響と考えられます。

しかし、30代後半くらいになると女性ホルモンが減っていき、肌トラブルや抜け毛などの悩みが増え始めます。
さらに40代をすぎると更年期の症状も出やすくなっていきます。
更年期の症状は、女性ホルモンの分泌が減ることでさまざまな不調を引き起こします。

女性ホルモンは自然に加齢によって減るものですが、それ以外の原因でも減ることがあるといわれています。
無理なダイエットや過剰な疲れの蓄積などがあると、若い頃でも女性ホルモンが減少して更年期のような症状が起こることもあるようです。
20代後半からは女性ホルモンが安定して、もっとも美しく人生も楽しい時期ですが、健康に気を使わずに無理をすると若年性の更年期になるかもしれません。

女性ホルモンが分泌されにくいことで体がバランスを崩して更年期になります


女性ホルモンの分泌が減ることで更年期のさまざまな症状が起こるのは、脳の指令と体の機能が連携を取れなくなるためといわれています。
女性ホルモンは卵巣で分泌されるものですが、その分泌をコントロールしているのは脳の視床下部です。
脳は女性ホルモンが減ってくると卵巣に指令を出して女性ホルモンを分泌させます。
しかし、更年期の頃には女性の卵巣の機能が停滞してしまい、脳から指令を受け取っても十分に女性ホルモンを分泌できないことがあるのです。

卵巣が正しく機能しないため、脳は女性ホルモンの減少を改善しようとしてたくさんの指令を出します。
このことによって脳はパニック状態になり、自律神経や他のホルモンバランスのコントロールを乱してしまいます。
脳のパニックは顔のほてりや頭痛、動悸、肩こりなどの体の不調を引き起こし、さらにイライラや気持ちの落ち込みなどのメンタルにも影響を与えます。
肌の乾燥や肌荒れ、抜け毛が増えて薄毛に悩む人もいるようです。

女性ホルモンの乱れを減らすと更年期の症状は抑えられるかもしれません

女性ホルモンが急激に減少することによって起こる更年期の症状は、自律神経やホルモンバランスを乱して悪循環を引き起こすことがあります。
女性ホルモンの減少で脳がパニックを起こすと、自律神経やホルモンバランスが乱れますが、それによってストレスや疲れが溜まり、さらに脳や自律神経、ホルモンバランスに乱れを引き起こすことが心配です。
また、卵巣や脳の機能が普段の生活で酷使されたり疲れていたりすると、さらに更年期が辛くなると考えられています。

女性ホルモンの急激な減少が起こる更年期の時期には、さらに症状を悪化させないための工夫が必要です。
女性ホルモンの乱れを減らすように生活習慣を整えて日々の生活を送ることで、症状を軽減できる可能性があります。
更年期の症状で体が思うように動かないと自分を責めてしまう人もいるようですが、思いつめずにリラックスして毎日を楽しく過ごすことも大切です。

(まとめ)女性ホルモンは更年期にどう関係している?

1.女性ホルモンの減少が更年期を引き起こします

女性ホルモンの減少は、更年期の症状として女性の体にさまざまな不調を引き起こします。
女性ホルモンが保っていた健康や美しさが衰えて、トラブルが起こりやすくなります。

2.年齢に関係なく女性ホルモンが減ると更年期障害が起こります

女性ホルモンの減少が更年期の症状を引き起こし、髪や肌は衰えを見せ始めます。
女性ホルモンがピークとなる若い年齢では肌も髪も健康な楽しい時期ですが、無理をすると女性ホルモンが減って更年期のような症状を引き起こすこともあります。

3.女性ホルモンが分泌されにくいことで体がバランスを崩して更年期になります

女性ホルモンの分泌が卵巣で行われにくくなると、脳が女性ホルモンをコントロールしようとしてパニックを起こします。
脳のパニックによって自律神経や他のホルモンバランスにも乱れが起こり、心身の不調や肌、髪のトラブルを起こします。

4.女性ホルモンの乱れを減らすと更年期の症状は抑えられるかもしれません

女性ホルモンの急激な減少による更年期の症状は、ストレスや疲れでさらに悪化する可能性があります。
生活習慣を整えて元気に楽しく過ごすことで更年期の症状を軽減することが大切です。