一般的に女性ホルモンが減少を始める年齢は30代後半からといわれています


女性ホルモンの減少は加齢とともに起こるといわれています。
思春期の頃から盛んに分泌を始めて、20代から30代にかけてピークを迎えてから減少を始めます。
20代、30代前半までは女性ホルモンの影響で髪の毛や肌の調子も良いことが多く、出産時期としても適しているといえるでしょう。

しかし、その時期をすぎると徐々に女性ホルモンが減少して、髪や肌だけでなく体調にも影響を及ぼすようになってくるようです。
さらに女性ホルモンが急激に減少するのは更年期と呼ばれる時期であり、年齢としては45歳から55歳くらいにあたります。
年齢が進むことによる女性ホルモンの減少は完全には避けられませんが、生活改善でその進み具合を抑えることはできるかもしれません。
生活習慣を見直して、体の内側から健康的な状態を目指すと良いでしょう。

女性ホルモンの減少する年齢の目安は30代です

女性ホルモンは10歳前後から分泌を始めて、女の子の体つきを女性らしくしたり月経を開始させたりします。
女性ホルモンには、女性の髪の毛や肌を美しく保つための働きや月経を起こして妊娠や出産できる体を作る働きを持っています。
それがピークとなる年齢には、女性はもっとも美しく輝き、妊娠出産のチャンスも多くなるようです。

そんな女性ホルモンも、いつまでも女性を輝かせ続けることはできません。
徐々に妊娠出産のピーク時を超えると、女性ホルモンの分泌は減少していきます。
女性ホルモンが減少に転じる年齢としては、35歳前後と考えられています。

10歳くらいから分泌を始めた女性ホルモンは、20代から30代前半まで分泌量を増やしていき、その後減少方向に変わっていきます。
40代を迎えると急激に減少すると考えられており、その影響で45歳から55歳くらいの間に更年期障害を迎えることが多くなるのです。
女性ホルモンの減少は年齢とともにいずれ起こるものですが、生活習慣などによって早まったり遅れたりすることもあります。

女性ホルモンが年齢によって減少するのは体内の老化が関係しています


女性ホルモンの減少に年齢が関係しているのは、それによって体内が老化を始めるためです。
女性ホルモンは、脳からの指令によって卵巣から分泌されます。
脳からの指令や卵巣からの分泌など、女性ホルモンを作るのに関係している機能は老化によって停滞しやすくなります。
それによって正常なホルモン分泌ができなくなり、減少のリスクが高くなるといわれています。

卵巣機能が低下する年齢は、一般的に30代後半くらいとされています。
ちょうどその年齢の女性は人生のなかで忙しい時期を迎えることも多く、生活リズムの乱れや、ストレスや疲れを溜めやすい人が増加する傾向にあります。
ストレスや生活リズムの乱れも女性ホルモンの分泌に悪影響を与えるといわれており、加齢による機能低下をさらに進めるリスクとなりそうです。

ストレスや疲れ、生活リズムの乱れは、自律神経のバランスを乱すといわれています。
自律神経がバランスを崩したことによってホルモンバランスも乱れやすくなったり、分泌が停滞したりするようです。

年齢による女性ホルモンの減少には生活習慣の見直しで対策します

年齢を重ねることは誰もが避けることができないものですし、その影響で女性ホルモンが減少することも同じく止められるものではありません。
しかし、女性ホルモンの減少を生活の乱れによってより進めてしまっている場合には、それを見直すことで減少を遅らせることができるかもしれません。
また、若いうちから体に負担をかけるようなダイエットなどをしている場合にも、その悪影響を受けないように生活改善をしてみましょう。

女性ホルモンを減少させないようにするには、生活リズムを整えることが大切です。
毎日の生活を規則正しく送ることで、体内にリズムを作ります。
これによって自律神経の働きが正常になり、ホルモンバランスや体の機能が改善されることが期待できます。

睡眠時間や3食の食事のタイミングなどを整え、健康的に生活を送りましょう。
運動や趣味などを楽しみ、明るく楽しく生きることも女性ホルモンに良い影響を与えてくれるはずです。

(まとめ)女性ホルモンが減少する年齢は?

1.一般的に女性ホルモンが減少を始める年齢は30代後半からといわれています

女性ホルモンは20代から30代でピークとなり、30代後半くらいから徐々に減少を始めます。
ピーク時は髪や肌も体調も良いことが多いのですが、減少し始めると体調不良を起こしやすくなるようです。

2.女性ホルモンの減少する年齢の目安は30代です

女性ホルモンの分泌は、10歳前後から始まり、30代後半くらいから減少を始めます。
ピークの年齢には女性を美しく健康にしてくれますが、減少すると更年期障害などのトラブルが起こりやすくなります。

3.女性ホルモンが年齢によって減少するのは体内の老化が関係しています

女性ホルモンの減少は、体内の老化によって起こりやすくなり、その年齢がちょうど30代後半といわれています。
卵巣機能の低下のほかに、生活のなかでもストレスや生活リズムの乱れなどの女性ホルモン分泌を妨げることが起こりやすくなります。

4.年齢による女性ホルモンの減少には生活習慣の見直しで対策します

年齢によって起こる女性ホルモンの減少は食い止められません。
しかし、それを遅らせることはできそうです。
生活習慣が乱れていたり、体に負担をかけるダイエットをしていたりする人は、それを正して健康的な生活をこころがけましょう。