ゴールデンタイムに睡眠をとることは女性ホルモンのバランスを整えます


女性ホルモンのバランスを整えることは、睡眠と大きな関わりを持っています。

夜22時から翌2時までのゴールデンタイムに良質な睡眠をとることは、女性ホルモンの分泌を促し、バランスを整えるためにも大切です。

とはいえ、22時に眠れる生活を送っている人は少数でしょう。

そういう場合は、極力早い時間に質の良い睡眠をとるように心がけて下さい。

ゴールデンタイムは成長ホルモンの分泌量が増加します

「22時から2時はお肌のゴールデンタイム」と言われる理由は、この時間に成長ホルモンが多量に分泌され、美しいお肌が作られやすくなるからです。

成長ホルモンというのは、女性ホルモンとはまた別のホルモンですが、日々生まれ変わっている肌や、髪の毛を美しく成長させるためには必要なホルモンです。

また、肌や髪の美しさを保つ働きをしている女性ホルモンも、夜きちんと睡眠をとることで分泌量が一定になりやすくなります。

このような理由から、「22時から2時に良質の睡眠をとることは肌に良い」と言われているのです。

しかし、実際に22時に眠ることができる女性は一握りでしょう。

それどころか、ゴールデンタイムが終わる2時過ぎに眠るという女性もいるかと思います。

このような世相をふまえて、最近では、「4時間の深い睡眠をとること」が大切だと言われ始めています。

入眠後、深い眠りに入った後の3時間ほどが、成長ホルモンが多く分泌される時間帯だからです。

しかし、やはり昼間よりは夜の方が成長ホルモンは出やすくなりますし、女性ホルモンのバランスを整えるためにも、夜眠ることは大切です。

できるだけ夜間に睡眠時間を確保するようにしましょう。

良質な睡眠をとることが大切です


いくらゴールデンタイムにベッドに入っていても、まったく眠くなくてしょっちゅうスマホに手を伸ばしていたり、ごろごろと寝返りをうってばかりいるようでは意味がありません。

「眠らなければいけないのに眠れない」と思うことは、睡眠障害に繋がりかねない問題ですし、ストレスにもなります。

睡眠をとる時は、できるだけ深い眠りに入りやすい環境を整えることが大切です。

入浴とストレッチ

眠る前には、ゆったり湯船に浸かってストレッチなどを行いましょう。

入浴で全身の血行を良くしてリラックスした後で、軽いストレッチを行うと、スムーズに睡眠に入りやすくなります。

ただし、脳を覚醒させてしまうような激しい運動や、熱いお湯に浸かるのは避けましょう。

食事

眠る直前に食事をすると、胃腸が働いている状態で眠ることになるため、深い睡眠に入り辛くなってしまいます。

食事は眠る3時間ほど前には済ませるようにしましょう。

また、覚醒効果のあるカフェインを含むコーヒー、紅茶、玉露などは寝る前には飲まないようにしてください。

女性ホルモンのバランスを整えるために生活リズムを安定させましょう

ゴールデンタイムに睡眠をとることは、成長ホルモンの分泌を促したり、女性ホルモンのバランスを整えるという他に、「生活リズムを整える」という効果もあります。

毎日ゴールデンタイムに睡眠をとる生活を行っている場合、自然と睡眠時間が22時から2時の4時間を含む時間に限定されます。

多くの方の場合は、それより早く眠ることはないでしょうから、恐らくは5時や6時に起きることになります。

季節にもよりますが、これはちょうど日がのぼり始める時間でもあります。

夜、決まった時間に眠り、起床して朝日を浴びる生活というのは、生活リズムを整えるために有効な手段です。

生活リズムが整うと、体がそのリズムに沿って動くようになっていきますから、入眠や起床もスムーズになっていきます。

女性ホルモンのバランスも、日によって生活リズムが全く異なるよりも、ある程度一定のリズムで生活した方が整いやすくなります。

22時に眠るのが難しい場合は、0時から7時などでも良いので、就寝と起床の時間をある程度決めてみることをお勧めします。

(まとめ)ゴールデンタイムは女性ホルモンにとっても良い?

1.ゴールデンタイムに睡眠をとることは女性ホルモンのバランスを整えます

女性ホルモンのバランスは、睡眠と深いかかわりがあります。

22時から2時のゴールデンタイムに眠ることは、女性ホルモンのためにも良いことなのです。

この時間に眠れない人は、少しでも早い時間に良質の睡眠をとるよう心がけましょう。

2.ゴールデンタイムは成長ホルモンの分泌量が増加します

ゴールデンタイムは成長ホルモンの分泌量が増加しますが、22時に眠るのは困難です。

そこで、最近では「入眠後の4時間深い眠りにつくことが大切」とも言われています。

しかし、女性ホルモンのバランスを整えるためには、やはり夜間の睡眠がお勧めです。

3.良質な睡眠をとることが大切です

ゴールデンタイムにベッドに入っても、眠れなければ意味がありません。

スムーズに睡眠に入れるように、眠る前はぬるめのお湯に浸かったりストレッチをしたりしましょう。

また、寝る直前の食事やカフェインを含む飲み物の摂取は控えてください。

4.女性ホルモンのバランスを整えるために生活リズムを安定させましょう

ゴールデンタイムに決まって睡眠をとるということは、自然と就寝時間と起床時間が定まるということでもあります。

これは女性ホルモンのバランスを整えるためにも効果的ですから、是非就寝と起床の時間を一定にしてみてください。