イソフラボンは、女性ホルモンの一種と似た働きをします


女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類がありますが、このうち、イソフラボンが似た働きをするのは、エストロゲンです。

エストロゲンには、女性の肌を美しく保ったり、髪の成長を促したりする働きがあります。

イソフラボンは、このような女性の美を維持する働きを持っているのです。

イソフラボンには美しい肌や髪を作る、ホルモンバランスを整えるなど女性に嬉しい様々な働きがあります

イソフラボンを摂取することで、女性にはどのような魅力があるのでしょうか。

特に、女性ホルモンと似た働きをする点に着目してまとめると、以下のようになります。

美肌・美髪

エストロゲンには、女性らしい美しい肌や髪を作り、維持する働きがあります。

イソフラボンにも、同じようにこのような働きがあります。

イソフラボンが配合された化粧品が多いことからも、こうした働きがあることがわかります。

ホルモンバランスを整える

エストロゲンが不足してしまってホルモンバランスが崩れた時に、イソフラボンを摂取することで、不足分をカバーすることができます。

反対に、エストロゲンの過剰分泌が起こっている時には、イソフラボンが過剰分泌を抑える働きをしてくれるため、バランスを整えることができるのです。

PMS予防

女性ホルモンのバランスが崩れると、PMSの症状が出やすくなります。

イソフラボンでホルモンバランスを整えることで、PMSの症状を軽減させる効果が期待できます。

また、イソフラボンには子宮を収縮させるホルモンの分泌を抑える働きがあるため、腹痛などの症状が軽減されるのです。

ただし、生理直前のイソフラボン摂取は逆効果になるケースもあるので注意が必要です。

イソフラボンの摂取は量やタイミングに気を付けましょう


女性に嬉しい働きをするイソフラボンですが、摂るタイミングや摂取量によっては、却って健康を損ねる可能性もあります。

イソフラボンを摂る際の注意事項についても知っておきましょう。

月経前は危険?

月経前にイソフラボンを摂取することで、PMSが反対に強くなってしまうケースもあります。

PMSの原因となるプロゲステロンと、イソフラボンに似たエストロゲンは、同時に摂ることで、プロゲステロンの働きが強くなるという性質を持っています。

そのため、プロゲステロンの分泌量が増加する時期に、エストロゲンに似たイソフラボンを摂ることで、プロゲステロンの働きが強まってしまうのです。

摂りすぎに注意

イソフラボンには、1日の摂取上限が定められています。

摂りすぎることで健康を害してしまうこともあるので気を付けましょう。

1日の目安摂取量は40mg~50mg、上限は75mgと定められています。

これを超えたからといってただちに健康被害が出るようなものではありませんが、継続して多量に摂りすぎないようにしましょう。

イソフラボンが含まれる食事を取りましょう

イソフラボンは、大豆製品に多く含まれています。

食事の中から、自然にイソフラボンを摂取できる生活を目指しましょう。

お味噌汁

お味噌汁に使われるお味噌の原材料は大豆です。

とはいえ、お味噌自体にはそれほど多量のイソフラボンは含まれていません。

お味噌汁に厚揚げなどを具材として入れることで、大豆の摂取量をアップさせることができます。

きなこ餅

きなこは、大豆製品の中でも、特にイソフラボンが多量に含まれている食品です。

きなこ餅の他、きなこドリンクやきなこ白玉、きなこクッキーなど、3時のおやつにはきなこのスイーツをチョイスしてみてはいかがでしょうか。

豆腐

毎日の食卓に気軽に乗せることができる大豆製品といえば、お豆腐ですね。

冷ややっこやお味噌汁、湯豆腐、田楽、炒め物など、豆腐は様々なお料理に使うことができます。

また、豆腐白玉や豆腐プリンなど、お菓子にも活用できます。

豆腐のレパートリーを増やして、美しく輝く毎日を送りましょう。

(まとめ)女性ホルモンとイソフラボンは似た働きをする?

1.イソフラボンは、女性ホルモンの一種と似た働きをします

2種類の女性ホルモンのうち、イソフラボンが似た働きをするというのは、「エストロゲン」です。

イソフラボンは、エストロゲンと同じく、女性らしい美しさを保つ働きを持っているのです。

2.イソフラボンには美しい肌や髪を作る、ホルモンバランスを整えるなど女性に嬉しい様々な働きがあります

イソフラボンには、肌や髪を美しくしたり、ホルモンバランスを整えたりといった女性に嬉しい効果がたくさんあります。

また、PMSを軽減させる働きもありますが、生理直前に摂ると悪化するケースもあるので気を付けましょう。

3.イソフラボンの摂取は量やタイミングに気を付けましょう

イソフラボンは、月経の直前に摂ると却ってPMSが悪化してしまう場合もあります。

また、1日の摂取量には上限が定められているため、継続して多量に摂り続けることがないようにしてください。

4.イソフラボンが含まれる食事を取りましょう

イソフラボンが多く含まれる大豆製品を、毎日の食事で摂りましょう。

揚げのお味噌汁やきなこスイーツ、お豆腐料理など、大豆製品のメニューはたくさんありますから、レパートリーを増やしてみて下さい。