50代は女性ホルモンが減少する時期です


閉経の平均年齢は50歳と言われています。

最近では、50歳~54歳で閉経を迎える方が多いとも言われていますが、どちらにせよ、50代前半頃には多くの女性が月経を終えているということです。

女性ホルモンは月経と密接な関わりがあるため、閉経に向けて急激に減少します。

そのため、50代女性の女性ホルモンは30代や40代に比べて少なくなっています。

女性ホルモンの分泌量が減少することで、更年期障害が起こります

閉経前後の5年間を、「更年期」と呼びます。

この時期は、女性ホルモンエストロゲンの分泌量が急激に減少する時期でもあります。

閉経の平均年齢は50歳と言われていますから、50代前半というのは、まさに更年期の最終段階で、女性ホルモンの分泌量が減少し続けている時期ということになります。

40代後半、あるいは、閉経が遅い人の場合は50代から起こることもある更年期は、「更年期障害」という言葉としてよく知られています。

この「更年期障害」がどの程度深刻な症状として現れるかは、それぞれの女性によって異なり、仕事や家事といった通常の日常生活が送れないほど辛い症状が出る場合もあります。

更年期に起こるトラブルは、火照りやイライラ感、憂鬱感など、自律神経の乱れによって起こる症状に似ています。

「病気ではないのだから」と言う人もいますが、月経痛やPMSと同様に、女性の体に変化が起こり、それによって苦しんでいるということに間違いはないのですから、後ろめたさを覚えたりはせず、しっかり休んだり、場合によっては病院にかかるようにしましょう。

お肌や髪にも様々な変化が起こります


女性ホルモンの分泌量が減少することによって起こるのは、心身の不調だけではありません。

女性ホルモンエストロゲンには、肌や髪を美しくする働きがあるため、これが減少することによって、どんどんお肌が老化したり、急激に髪質が悪くなる、白髪になる、抜け毛が起こるといった問題が起こる場合もあるのです。

肌の老化

お肌のたるみや皺、シミなどは、紫外線や肌の乾燥、汚れなど、様々な原因から起こります。

しかし、受けた紫外線がお肌の状態に影響しやすくなったり、乾燥が起こったりするのは、そもそも肌が老化して、新陳代謝が悪くなったり、保水力が低下したりするためなのです。

髪の老化

頭皮も肌の一部ですから、お顔と同じように老化していきます。

すると、頭皮の血行が悪くなって抜け毛が起こったり、髪を黒くしているメラニン色素を生成するメラノサイトの働きが弱まって、白髪が増えたりといったことが起こります。

また、女性ホルモンは髪の毛を長く美しく保つという働きを持っているため、分泌量が減ることで、髪質が低下して細くなったり、抜け毛が目立つようになっていきます。

生活を見直して心身の健康を維持しましょう

50代になってもまだ閉経していない、という人も中にはいますが、そういう方であっても、いつか必ず閉経する時が来ます。

ある日突然調子を崩すことがないように、日頃から女性ホルモンのバランスや体の調子をできるだけ整えるように心掛けましょう。

お友達とのおでかけ

50代になると、子どもも手を離れ、時間を自分のために使いやすくなってきます。

また、子育てが終わることで、家計に余裕が出てくる場合も多いでしょう。

是非、そうした余暇や余裕を使って、お友達とおでかけをしたり、ちょっと優雅なランチタイムを過ごしてみて下さい。

こういう時間は、ストレス解消に大いに役立ちます。

ストレスは女性ホルモンのバランスを乱す大敵ですから、なるべくストレスのない生活を心がけて下さい。

運動

年齢を重ねるにつれて、どんどんと筋肉量が落ち、代謝も下がっていきます。

お肌や髪が生まれ変わるためにも、新陳代謝が高いことは重要なポイントです。

また、筋肉量を増やすことで血行を良くしたり、冷えを予防することもできます。

60代、70代を健康に過ごすためにも、意識して体を動かすようにしましょう。

(まとめ)50代の女性ホルモンはどうなっている?

1.50代は女性ホルモンが減少する時期です

閉経の平均年齢は50歳ですから、50代女性は多くが閉経しているということです。

女性ホルモンの分泌量は閉経に向けて減少するため、この時期の女性はそれまでの年代に比べて女性ホルモン量が少なくなっています。

2.女性ホルモンの分泌量が減少することで、更年期障害が起こります

閉経前後の5年間は、更年期と呼ばれる時期で、様々なトラブルが女性の体に起こります。

「病期ではない」などと思わずに、きちんとケアをするようにしましょう。

症状がひどい場合は病院にかかるようにしてください。

3.お肌や髪にも様々な変化が起こります

女性ホルモンの分泌量が低下することで、お肌や髪の老化も進んで行きます。

肌の乾燥によるたるみや皺、また、髪を長く保つ働きをする女性ホルモンが減少することによる抜け毛や髪質の低下などが起こります。

4.生活を見直して心身の健康を維持しましょう

閉経や老化は誰にでもくるものです。

だんだんと体が思う通りにいかなくなってくるのを防ぐためにも、運動をして筋肉量をキープするようにしましょう。

また、お友達とおでかけをすることも、ストレス解消に役立ちます。