20代は女性ホルモンの分泌量が安定して女性が一番輝く時期です


20代の女性というのは、若く、美しいものです。

「美人」と言った時にぱっと思い浮かぶのは、20代や30代の女性が多いのではないでしょうか。

その中でも、成熟した魅力がある30代とは違い、20代にはフレッシュではじけるような魅力があります。

思春期を過ぎて、女性ホルモンの分泌量が安定し、大人として魅力ある女性となるのが20代なのです。

20代女性は生活に大きな変化がある時期です

20代がどのような年代が考えてみましょう。

まず、大学卒業や就職といった大きなライフイベントがあります。

さらに、就職後、1年、3年、5年と時がすぎるうちに、仕事に慣れ、部下が出来、責任も重くなって行くことでしょう。

恋愛面でも、恋人ができた時に結婚や将来的な生活を考えるようになるなど、10代の頃とは違ったスタンスになってきます。

中には、出産をして母親として新たな生活を送ることになる女性もいるでしょう。

このように、20代の女性には多くのライフイベントがあります。

どのような生活を送るのかは、時代やその人ごとの考え方によって異なりますが、就職やキャリア形成、結婚など、何を選ぶかという違いはあるにせよ、20代が女性の一生の中で非常に大きな変化の時期であり、頭や体をフルに動かすことになることの多い時期であるというのは、多くの人に当てはまることだと思います。

こうした20代女性の変化や活躍は、健康あってのことです。

女性の心身の健康に大きな影響を与える女性ホルモンは、20代後半にピークを迎えます。

つまり、女性にとって20代後半というのは、心身が充実していて、新しいことを始めたり、活発に活動するのにぴったりの時代ということです。

20代の過ごし方がその後の女性の体に影響を与えます


20代の女性は、10代のように女性ホルモンの分泌量が安定しない時期でもなく、また、30代以降のように、女性ホルモンが減少し、体が老化していく時期に差し掛かっているわけでもありません。

そのため、徹夜で働いたり、お酒を飲んだりといった無理をしても、1晩ぐっすり眠れば回復できる場合が多い時期でもあります。

スイーツ巡りをしたり、飲み放題に行ったりといった、暴飲暴食をしてしまう人もいるでしょう。

また、毎日栄養ドリンクを飲みながら遅くまで残業をしているという人もいるかもしれません。

確かに、20代のうちはこのような生活をしていても、即座に体に影響が出ることはあまりありません。

しかし、このような生活を日常的に続けていると、30代、40代と年齢を重ねた時に、突然の不調に悩まされたり、それまでに無理をしたツケが回って来てしまいます。

こうした生活は、その後の心身の健康を蝕んでしまうということを知っておきましょう。

20代でも生活が乱れると女性ホルモンのバランスが崩れることがあります

20代女性であっても、生活の乱れやストレスから、女性ホルモンの分泌バランスが大きく崩れてしまう場合があります。

「まだ若いから」と無理をしすぎると、大きなトラブルに繋がることもあるので気を付けましょう。

脱毛症

女性ホルモンのバランスが崩れることによる脱毛は、「びまん性脱毛症」と呼ばれます。

主に加齢によって起こるものですが、女性ホルモンのバランスが崩れたり、分泌量が低下したりすると20代の女性であっても発症することがあります。

更年期障害

更年期障害とは、閉経前の前後5年の更年期に起こるトラブルで、めまいや火照り、不眠、イライラ感など、様々な問題が起こります。

ところが、最近では、若年性更年期障害と呼ばれる障害を引き起こす若い女性が増えています。

本来であれば閉経前後に女性ホルモンが急激に減少する時期に起こるトラブルが、生活習慣やストレスによる女性ホルモンの減少によって起こってしまうのです。

このようなことを起こさないためにも、若いうちから健康を意識した生活を送りましょう。

(まとめ)20代の時の女性ホルモンの状態って?

1.20代は女性ホルモンの分泌量が安定して女性が一番輝く時期です

20代の女性は、思春期の10代や、成熟した30代とはまた違う、若々しい大人の魅力を持っています。

これは、思春期に乱れていた女性ホルモンの分泌量が安定するためです。

2.20代女性は生活に大きな変化がある時期です

20代は、女性にとって、就職や出産など、様々なライフイベントがあり得る年代です。

どのような人生を送るかは人によって違いますが、20代の女性は女性ホルモンの分泌量も多く、新しいことに活発にチャレンジしやすい年代でもあります。

3.20代の過ごし方がその後の女性の体に影響を与えます

20代のうちは、睡眠時間を削って仕事やレジャーを行ったり、食事内容をおろそかにしても、ただちに影響が出るということはありません。

しかし、こうした生活を続けていると、年齢を重ねた後で突然体の不調を起こしてしまうことがあります。

4.20代でも生活が乱れると女性ホルモンのバランスが崩れることがあります

20代の女性も、生活の乱れやストレスで女性ホルモンのバランスが崩れ、脱毛症や更年期障害といった、年齢を重ねた女性に起こりがちなトラブルに見舞われることがあります。

若いうちから健康的な生活を心がけましょう。