頭皮を整えて栄養を行き渡らせるのがシャンプーの役割です


育毛シャンプーには洗浄成分のほかに育毛を促進するさまざまな成分が配合されています。

たとえばホルモンバランスを整える成分、保湿や乾燥を抑える機能、血行促進効果などなどです。

ですが「髪の毛に栄養を与える成分」はシャンプーにはほとんどありません。

あってもほぼ効果はないといわれています。

なぜならシャンプーである以上、洗い流す過程が必須だからです。

世間にはさまざまな効能をうたったシャンプーが数多くありますが、「頭皮を洗浄する」というシャンプーの基本的な役割は変わりません。

そして、髪によい栄養がどれだけ入っていても、洗浄成分を洗い流すときに一緒に流れてしまうのでは効果はなかなか望めません。

栄養補給を目的とするなら、洗い流す必要のない育毛剤や身体の中から補給するサプリメントの方が効率的なのです。

ただし、頭皮環境が整っていない状態で栄養を与えても、効果を発揮することはできません。

髪に栄養を与えるなら、育毛シャンプーで頭皮を整え、サプリメントや育毛剤で栄養を補給するという組み合わせがベストでしょう。

ただ、育毛シャンプーはまだまだ発展途上の存在です。

この先さらに開発研究が進めば、より効果のあるものが出てくるかもしれません。

育毛シャンプーは頭皮環境を整えるもの

市販の育毛シャンプーは何のためにあるのでしょう。

ひとことでいうなら「頭皮環境を整える」役割を期待されているのです。

具体的には、皮脂の過剰分泌や頭皮のかゆみを予防したり、血行を促進させたりする効果です。

洗浄力をアピールする一般用のシャンプーに比べ、「頭皮の健康」に重点をおいた育毛シャンプーは、ほとんどが髪と同じアミノ酸の成分を使用しています。

アミノ酸系のシャンプーは、皮脂バランスを改善し、髪の傷みを改善するために必要とされる不飽和脂肪酸を与えてくれます。

また、男性の薄毛を引き起こす5αリダクターゼやDHTを抑制する成分や、女性の薄毛の主因であるホルモンバランスを正常にしてくれる成分などを配合したものも増えています。

さらに最近は毛母細胞や毛乳頭細胞の成長を促す天然エキスを配合しているものも発売されているようです。

ただし、こうした成分は「髪の栄養」とは別のものです。

血行を促し、頭皮を柔らかくして栄養を届けやすくするのが育毛シャンプーの役割です。

育毛に効果的な「髪の栄養」


頭皮や髪はタンパク質でできていますが、それは約20種類のアミノ酸がいろいろに組み合わさり構成されています。

ですので、髪の栄養状態の改善に必要な栄養素といえば、なんといっても「アミノ酸」です。

体内でアミノ酸を作るため、大豆、肉、青魚などのタンパク質を摂ることが必要です。

アミノ酸系のシャンプーの洗浄成分は、頭皮を傷めずに洗えるという以外に、髪の傷みを多少でも補修しようという効果もあります。

その他、「髪の栄養」といわれるものには、次のものが挙げられます。

・アミノ酸の合成に不可欠な亜鉛やビタミンB6・B12

・髪を作る材料にもなり、水分を含んだ柔らかい頭皮を作ってくれるコラーゲン

・男性ホルモンの増加を抑える作用のある大豆イソフラボン

栄養をまんべんなく摂取するのは、忙しい毎日の食事ではなかなか難しいかもしれません。

そういう場合には、育毛サプリメントや育毛剤をうまく利用しましょう。

アミノ酸系シャンプーで栄養を行き渡らせる手助けを

髪に栄養を届けるのは頭皮の毛細血管です。

毛乳頭は毛細血管から血液によって運ばれてきた酸素、アミノ酸、ビタミンなどの栄養素を受け取り、毛母細胞に発毛指令を与えます。

そのため、頭皮の血行が悪いと毛乳頭の栄養が不足し、髪のダメージや脱毛の原因になってしまうのです。

育毛剤やサプリメントでいくら栄養成分を補ったとしても、肝心の頭皮環境が悪い状態であれば抜け毛や薄毛は改善されません。

育毛のために大切なことは頭皮環境の正常化です。

まずは荒れている頭皮環境を回復し、毛乳頭にきちんと酸素や栄養が運ばれるようにすることです。

ここで重要になるのがシャンプーです。

アミノ酸系の育毛シャンプーなら、頭皮に与えるダメージが最も少なくすみ、多少の補修効果も期待でき、頭皮が健康を回復すれば栄養が入りやすくなります。

ハーブ成分や、アミノ酸成分が多く入ったシャンプーは血行促進効果も期待できます。

(まとめ)シャンプーで髪に栄養を与えることはできる?

1. 頭皮を整えて栄養を行き渡らせるのがシャンプーの役割です

シャンプーの基本的な役割は頭皮を洗浄することです。

栄養分があっても洗浄成分を流すときに一緒に流れてしまう以上、ほぼ効果はないといわれています。

髪に栄養を与えるなら育毛シャンプーで頭皮を整え、サプリメントや育毛剤で栄養を補給するようにしましょう。

2. 育毛シャンプーは頭皮環境を整えるもの

育毛シャンプーの役割は、皮脂の過剰分泌や頭皮のかゆみを予防し、血行を促進させ、栄養が吸収されやすい頭皮環境を作ることです。

最近は薄毛の原因である5αリダクターゼやDHTを抑制したり、ホルモンバランスを整えたりする成分を配合したものも増えています。

3. 育毛に効果的な「髪の栄養」

髪に必要な栄養素は

  • アミノ酸
  • 亜鉛やビタミンB6・B12
  • コラーゲン
  • 大豆イソフラボン

髪を構成する成分であるアミノ酸を配合したシャンプーは「髪に必要な栄養」がある、とあえていうこともできます。

育毛サプリメントや育毛剤をうまく利用してこれらの栄養を取り入れましょう。

4. アミノ酸系シャンプーで栄養を行き渡らせる手助けを

育毛剤やサプリメントでいくら栄養成分を補ったとしても、肝心の頭皮環境が悪い状態であれば抜け毛や薄毛は改善されません。

アミノ酸系の育毛シャンプーなら、頭皮に与えるダメージが最も少なくすみ、頭皮が健康を回復すれば栄養が入りやすくなります。