地肌への刺激があるので肌の弱い人は避けましょう


市販のシャンプーの多くにはエタノールが配合されています。

エタノールは、「静菌」作用があるため、雑菌の繁殖などで洗浄液が変質するのを防ぐ「安定剤」として使用されています。

また、毛穴を引き締める、汗や皮脂の分泌を抑えるといった効果もあるため、頭皮のかゆみやフケを抑えるスカルプシャンプーにもよく使われています。

近年このエタノールが「頭皮によくないのでは?」といわれ、エタノールフリーの製品が増えてきました。

確かに、悪影響がまったくないわけではありません。

エタノールはアルコールなので、アルコールアレルギーがある場合は肌に赤みが出たり、かぶれたりするケースがあります。

また、フケが増える(頭皮が乾燥していた場合)、皮脂の分泌が増える、ヘアカラーの抜けが早まったりパーマがとれやすくなったりするなどのトラブルも想定できます。

ただし、シャンプーで使われているエタノールはごく微量のもの。

しかも洗顔料やシャンプーに添加されている場合は、洗い流されるため、人体にはほとんど問題はありません。

とはいえ、刺激物であることは確かです。

髪や頭皮の健康を重視したい場合はエタノール配合のシャンプーは避けた方がよいでしょう。

エタノールがシャンプーに配合される理由

製品の品質保持

アルコールには殺菌効果があり、最も使いやすい消毒剤として使われます。

しかしシャンプーに含まれるエタノールに使用されるのはごく微量で、微生物の増殖を阻害する「静菌効果」程度です。

雑菌によって製品が劣化しないよう、安全を維持する役割が主になります。

成分を溶解する

シャンプーに含まれる成分の中には、水分や他の成分とうまく混ざらないものがあります。

それらを溶解させるため、エタノールが配合されています。

配合比率が1%以下のエタノールの場合は植物エキスの溶剤として使われています。

皮脂汚れを除去

エタノールには皮脂を溶かす作用があります。

そのため頭皮の皮脂分泌を抑え、かゆみやフケを抑える役割を果たします。

揮発性があり、使用後に「スカッとする」清涼感を求められるスカルプシャンプーなどには多く使われています。

頭皮を清潔にする

頭皮に繁殖した雑菌は、フケ、かゆみ、においなどの原因になります。

エタノールには、弱いながらも殺菌や消毒の効果があるため、こうしたトラブルを防ぐことが期待できます。

エタノール入りのシャンプーを避けた方がよいケース


シャンプーに配合されたエタノールは微量で、人体への毒性はほぼ心配ありません。

しかしできれば避けた方がよい人もいます。

アルコールアレルギーがある人

かゆみをとるためのシャンプーでかえってかゆみが増した、という場合はアルコールアレルギーの可能性があります。

心配な人は頭皮に使う前に、腕の内側などでパッチテストを行なうとよいでしょう。

乾燥肌・敏感肌の人

エタノールは揮発性が高く、また水分と油分との親和性が高いため、配合量が多いと頭皮から水分と皮脂の双方を必要以上に奪ってしまいます。

加齢で肌が乾燥しやすくなっている人、敏感肌の人には刺激が強すぎるので、アルコールフリーのシャンプーを選ぶようにしましょう。

パーマやヘアカラーがとれやすい人

パーマ液やカラー剤というのは、いわば髪にコーティングをしている状態です。

アルコールはそのコーティング成分を溶かしてしまうため、パーマや白髪染めの効果が薄れてしまうことがあります。

シャンプー選びでは配合量のチェックを

厚生労働省の認可を受けた医薬部外品の場合、配合されている成分に副作用の心配はほとんどありません。

エタノールそのものを危険視する必要はありませんが、しかし、配合量が多ければそれだけ刺激が強く、頭皮や髪に影響がある点に注意が必要です。

シャンプーを選ぶ際にはエタノールがどの程度配合されているかをあらかじめチェックしておくとよいでしょう。

ボトルに記載された成分表では、シャンプーの主成分である「水分」が最初にあり、多い成分順に名称が上げられています。

たいていの製品ではエタノールはかなり後ろの方に書かれているはずです。

そうしたシャンプーに使われているエタノールはごく微量ということです。

皮脂の除去や爽快感をうたった製品の場合は、洗浄成分の次あたりに記載されていることがあります。

これはエタノールの配合量が多いということですので、避けた方が無難でしょう。

(まとめ)エタノールが入ったシャンプーは頭皮に良くないの?

1. 地肌への刺激があるので肌の弱い人は避けましょう

シャンプーに添加されているエタノールは洗い流されてしまうので、人体への影響はほとんどありません。

しかし、アルコールアレルギーや、敏感肌・乾燥肌である場合は、肌への刺激が強いので、エタノール配合のシャンプーは避けた方がよいでしょう。

2. エタノールがシャンプーに配合される理由
  • 製品の品質保持

    静菌効果で品質を安定させます。

  • 成分を溶解

    シャンプーに含まれる成分の溶剤として使われています。

  • 皮脂汚れを除去

    皮の皮脂分泌を抑え、かゆみやフケを抑えます。

  • 頭皮を清潔にする

    頭皮に雑菌が繁殖するのを抑制します。

3. エタノール入りのシャンプーを避けた方がよいケース

アルコールアレルギーを持つ人は使用前にパッチテストを行ないましょう。

揮発性が高く、頭皮から水分と皮脂を必要以上に奪ってしまうため、乾燥肌・敏感肌の人は注意が必要です。

またパーマやカラー剤を使っている場合、落ちが早まることがあります。

4. シャンプー選びでは配合量のチェックを

配合量が多ければ、頭皮や髪に影響が出ることもあります。

シャンプーを選ぶ際には成分表を確認しましょう。

後の方に書かれていれば、エタノールはごく微量ということです。

皮脂の除去や爽快感をうたった製品は配合量が多い可能性が高いので、避けた方が無難です。