魚に含まれているビタミンB6には女性ホルモンのバランスを整える働きがあります


女性ホルモンをしっかり分泌させ、バランス良く活性化するためには、魚はとても適している食材です。

それは、さまざまな魚にふんだんに含まれている「ビタミンB6」が、女性ホルモンのバランスを取ってくれるからです。

不足しているときは改善するために分泌を促し、過剰分泌気味になっているときは、全体のバランスを整えてくれるでしょう。

ビタミンB6は特にマグロなどに豊富に含まれていますから、積極的に取り入れると良いです。

ビタミンB6が不足しホルモンバランスが乱れてしまうと、薄毛や生理の乱れなどの症状にもつながるため注意しましょう。

魚に含まれるビタミンB6がエストロゲンの分泌を促します

女性ホルモンは、卵胞ホルモンである「エストロゲン」と黄体ホルモンである「プロゲステロン」から構成されています。

この二つの女性ホルモンが、安定して分泌され、働くことによって、内臓機能の安定や、肌の美しさなどを生み出していくことが可能です。

魚に含まれている「ビタミンB6」は、このなかでも特に卵胞ホルモンの「エストロゲン」の分泌を促す性質を持っています。

逆にいえば、ビタミンB6が欠乏してしまうことによって、エストロゲンが過剰に分泌されるようになってしまったり、逆に不足するようになってしまったりします。

エストロゲンのバランスが乱れてしまうと、女性は月経周期が不規則になってしまったり、PMSや生理痛が悪化してしまったりすることがあります。

頭痛や不眠症などに発展してしまうケースもあるため、体調を安定させるためにも、ビタミンB6は摂ることが大切なのです。

マグロやカツオの赤身は、ビタミンB6を特に多く含んでいる食材です。

サンマやサバ、サーモン、トビウオ、イワシなどにも多く含まれているので、積極的に取り入れると良いでしょう。

魚以外の食材では、にんにくやレバーもおすすめです。

調理法でさらに女性ホルモンの活性化が期待できます


マグロやカツオ、イワシをはじめとして、ビタミンB6はさまざまな魚にたくさん含まれています。

女性ホルモンを分泌させ、バランス良く機能させていくためにとても重要な存在ですが、食事として取り入れるときに、チェックしておきたいポイントをいくつか紹介します。

まず、調理の方法を知っておくことです。

魚と一口にいっても、食べ方はさまざまです。

レシピによってカロリーも異なり、個人の好みの味も違います。

また、その料理の付け合わせとして適しているものも変わってくるでしょう。

脂肪分やカロリーを極端に多く摂取してしまうと、女性ホルモンのバランスが乱れやすくなってしまいます。

そのため、できるだけシンプルな味付けで、総カロリー量が高くならないように気をつけましょう。

また、魚を調理する際には、付け合わせのメニューでも、ビタミンB6を上手に摂れるようにしておくのがおすすめです。

カボチャやモロヘイヤ、にんにくや唐辛子などは、ビタミンB6の含有量が多い食材です。

鶏ひき肉や豚レバーなどもビタミンB6をたくさん含んでいる食材のため、メニューのバランスを意識してみましょう。

味噌汁の香りは食欲もわきやすいですし、味噌は大豆製品であるため、女性ホルモンにも有効です。

魚からビタミンB6を取り入れることで健康的な体づくりをしましょう

女性のなかには、エストロゲンを充填する治療を受けている人もいるでしょう。

避妊や月経バランスの安定のためにピルを飲んでいる人は少なくありません。

これにより、「トリプトファン」と呼ばれる必須アミノ酸の代謝が、体内で異常を起こしてしまうことがあります。

この異常が健康に何らかの害を及ぼして危険というわけではありませんが、ビタミンB6が著しく減ってしまい、欠乏症になってしまうことがあるのです。

そのため、ビタミンB6を意識的に魚から摂取していくことは、ビタミンB6の欠乏症によって、肌の老化やコレステロール値の変化、動脈硬化などを防ぐことにもつながっているのです。

さらに、トリプトファンは、セロトニンの材料にもなっています。

セロトニンは、体内に必要なホルモンの一種です。

幸福物質とも呼ばれていて、リラックス効果を促し、女性ホルモンの安定にもつながります。

ビタミンB6とトリプトファンはセロトニンの合成には必要なため、意識的に摂ることが大切なのです。

(まとめ)女性ホルモンと魚にはどのような関係がある?

1.魚に含まれているビタミンB6には女性ホルモンのバランスを整える働きがあります

マグロなどの魚に含まれているビタミンB6は、女性ホルモンのバランスを取ってくれる働きがあります。

ホルモンバランスを整えるために積極的に取り入れていきましょう。

2.魚に含まれるビタミンB6がエストロゲンの分泌を促します

魚が女性ホルモンの活性化におすすめな理由は、魚にたくさん含まれているビタミンB6という成分のお陰です。

ビタミンB6が欠乏しないためには、マグロやカツオ、サンマやサバなどがおすすめです。

3.調理法でさらに女性ホルモンの活性化が期待できます

魚を上手に取り入れるためには、調理方法も意識しましょう。

カロリーなどが高くなってしまいすぎないようにしてください。

また、付け合わせにもこだわり、ビタミンB6のような成分を取り入れるとより効果が期待できます。

4.魚からビタミンB6を取り入れることで健康的な体づくりをしましょう

ビタミンB6を積極的に取り入れることで、ピルの服用などによって引き起こされてしまう女性ホルモンへのデメリットの改善が期待できます。

また、セロトニンの分泌が促されるため、女性ホルモンの安定にもつながるでしょう。