牛乳にも女性ホルモンが含まれている場合があります


牛乳には、微量の女性ホルモンが含まれています。

卵胞ホルモンの「エストロゲン」と、黄体ホルモンの「プロゲステロン」の両方を含有しているため、女性ホルモンのメリットを取り入れるのに力を貸してくれます。

ただし、全体量としてはあくまで微量のため、体内のホルモン分泌やバランスを整えるための作用を実感できない場合もあるので注意しましょう。

また、牛乳には栄養素が多く入っているため、それらの栄養素が体内で作用することで女性ホルモンのバランスが良くなることがあります。

牛乳に含まれている女性ホルモンが体に影響を及ぼす可能性は低いです

牛乳は、妊娠中の乳牛から絞られることもあるため、エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが含まれています。

その総量はごく微量なものであり、人体に直接何らかの影響が出るという報告は、現在まで世界的にも確認されていません。

確かに、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの存在は、女性らしい体つきや、肌形成、リラックス効果などさまざまなメリットがあります。

女性に主に作用している成分ですが、男性にも女性ホルモンは存在しています。

数々のメリットがある一方で、過剰分泌もまた問題であり、女性ホルモンのバランスが崩れ、何らかの原因で過剰に分泌されてしまうと、体調にマイナスの影響を及ぼしてしまうことは少なくありません。

しかし、牛乳に含まれている女性ホルモンは、人間が普段体内で分泌している量よりもかなり低いといわれています。

そのため、がんや子宮内膜症などの症状につながることはないと考えられています。

牛乳の栄養素が女性ホルモンのバランスを整えることがあります


ごく微量しか女性ホルモンが含まれていない牛乳は、エストロゲンやプロゲステロンの分泌を促すのには適していないというわけではありません。

あくまで、牛乳そのものに含まれている女性ホルモンの総量が少ないというだけで、飲み方次第で体内のホルモンバランスを安定させ、分泌を整えていくことができるでしょう。

牛乳には非常に豊富なたんぱく質やカルシウムが含まれています。

これは人間の健康維持のためには欠かせない成分です。

特に必須アミノ酸は体外から取り入れなくては生成できない成分であり、これが安定して体内を循環することで、内臓が安定した働きを実現できるようになります。

また、運動能力の向上を促していくことができるため、ホルモンバランスの分泌が乱れがちの人は、適度な運動のお供に牛乳を取り入れることもおすすめです。

たんぱく質の不足によって、筋肉量が低下したり、代謝能力が下がったりしてまうと、女性ホルモンのバランスも乱れがちになってしまいます。

更に、牛乳には神経伝達物質の「セロトニン」や「メラトニン」を生み出す作用があります。

女性ホルモンの分泌バランスを狂わせやすいストレスのケアにも、牛乳は適しているといえるでしょう。

牛乳は寝る前に飲むと効果的といわれています

牛乳を取り入れることで、女性ホルモンの分泌を盛んにし、稼働率をアップさせたいときには、眠る前に飲むのがおすすめです。

眠る前に飲むことで、牛乳の持つカルシウムやビタミンの吸収率を高めることができるため、栄養素を逃がさず体内活動に当てることができるでしょう。

更に、眠る前に牛乳を飲むことによって、セロトニンやメラトニンのリラックス効果もより期待できます。

安眠効果を促すことができるため、良質な睡眠を取りやすくなるのです。

睡眠不足は、女性ホルモンの過剰分泌やバランス崩れを引き起こす大きな問題です。

一定の睡眠時間を確保し、眠る前に牛乳を飲むようにするだけで、睡眠の質も向上するでしょう。

また、眠る前に飲む牛乳は、温めたほうがよりリラックス効果が高めやすいです。

体温が上がることによって、寝付きが良くなり質の高い睡眠を目指せます。

(まとめ)女性ホルモンは牛乳でも摂ることができる?

1.牛乳にも女性ホルモンが含まれている場合があります

牛乳には、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの二種類の女性ホルモンが含まれていますが、全体量としては微量になっています。

そのため、牛乳をたくさん飲んでも女性ホルモンの働きを実感できない場合もあります。

2.牛乳に含まれている女性ホルモンが体に影響を及ぼす可能性は低いです

牛乳に含まれている黄体ホルモンと卵胞ホルモンの量は、ごく少量となっています。

そのため、牛乳を多く摂取しても人間の健康に何らかのデメリットが発症することはないといわれています。

3.牛乳の栄養素が女性ホルモンのバランスを整えることがあります

牛乳には、ごく少量の女性ホルモンしか含まれていませんが、女性ホルモンの分泌や活性化に取り入れていくことはできます。

豊富なたんぱく質は筋肉組織を安定させることができるため、筋肉量や代謝の低下を防ぐことが可能です。

4.牛乳は寝る前に飲むと効果的といわれています

女性ホルモンの稼働率アップのためには眠る前に飲むことと、牛乳を温かくして飲むのがおすすめです。

栄養価の吸収率もぐっと上がりやすくなり、睡眠の質を上げることができるため、ホルモンバランスの安定にもつながります。