女性ホルモンが過剰に分泌されると体調不良や肌トラブルなどのデメリットが起きやすくなります


女性ホルモンが過剰に分泌されてしまうことによって、さまざまな体調不良や、重大な疾患に発展してしまう可能性があります。

具体的には、エストロゲンの過剰分泌により、生理痛のPMSが重くなってしまうことや、乳がんや子宮内膜症などに発展してしまうケースなどです。

また、プロゲステロンが増えすぎてしまうことによって、ニキビができやすくなるなどの肌トラブルが発生したり、胆石の原因になったりすることもあります。

どちらかが過剰分泌されることにより、ホルモンバランスが乱れ頭皮環境が悪化してしまう危険もあるでしょう。

月経やアルコールは女性ホルモンが過剰分泌される原因となりやすいです

女性ホルモンは、「卵胞ホルモン」の「エストロゲン」と、「黄体ホルモン」の「プロゲステロン」から構成されています。

それぞれ体に対して発揮している能力があり、分泌の時期やバランスも異なっています。

そのため、過剰に分泌されてしまう原因も、エストロゲンとプロゲステロンでは異なっていることが基本です。

エストロゲンは、基本的に月経を繰り返すと分泌量が増加していきます。

そのため、妊娠をしている間は分泌量が減りやすく、妊娠していない女性のほうがエストロゲンが多く分泌されやすい傾向にあります。

また、肝機能が低下しているときも、エストロゲンは過剰になりやすいです。

これは、エストロゲンが肝臓で代謝される成分であり、肝臓の稼働率が下がることによって、代謝が行われないためです。

アルコールを日常的に多く摂取しすぎている人は、エストロゲンが過剰になりやすいといわれています。

更に、睡眠不足によってもエストロゲンは増えやすく、肉や乳製品の過剰摂取によってもエストロゲンが多くなりすぎてしまうことがあります。

プロゲステロンは、ストレスによって増加しやすい女性ホルモンです。

ストレスによりホルモンバランスが乱れてしまうことは多いですが、プロゲステロンは特にその影響を受けやすいのです。

また、脂が多い食生活や、スナック菓子などによってカロリーバランスを悪く取りすぎてしまっても、プロゲステロンは過剰分泌気味になってしまいます。

女性ホルモンが過剰分泌を解決には野菜不足などの食生活の乱れを直しましょう


女性ホルモンの過剰分泌を解決していくためには、いくつかの方法から自分に合ったものを選択していくのがおすすめです。

エストロゲンが増えすぎてしまっている人は、症状を改善していくために、積極的にビタミンB6や亜鉛、マグネシウムなどを取り入れるようにしましょう。

また、トリプトファンや必須脂肪酸なども効果的です。

そのほか、肥満の改善や肝臓機能の強化も重要といわれています。

カロリーが高い食事やアルコールをとりすぎている人や野菜不足が著しい人は、食生活の抜本的な見直しがおすすめです。

サプリメントをうまく取り入れて、バランスを整え、免疫力を高めるのも1つの方法です。

キノコやタラ、フラックスオイルなどを役立てることもできます。

プロゲステロンが過剰に分泌されてしまっている人の場合は、エストロゲンと同じく、ビタミンB6やマグネシウム、亜鉛などを取り入れると共に、ビタミンB群やビタミンEも積極的に取り入れるようにしましょう。

また、消化に負担がかかりすぎてしまわないよう、食事は消化の良いものを意識することが大切です。

海藻類をたっぷり食べるようにすると、プロゲステロンの過剰分泌を防ぐことが期待できます

生理痛やPMSは女性ホルモンの過剰分泌のサインです

女性ホルモンが過剰に分泌されていることに、しばしば気づけないこともあります。

目に見えて分かる成分ではありませんから、体調の微々たる変化に気を配るようにして、気になったらすぐに専門医の診断を受けるようにすることが、ホルモンバランスを安定させるための重要な方法です。

いつもより生理痛が思い、PMSが過度だと感じたら、エストロゲンが不足しているかもしれません。

無排卵や偏頭痛などが引き起こされることもありますし、過剰分泌が続くことで、乳管や間質の量が増加して鬱血し、しこりができることもあります。

肌荒れが酷いときは、プロゲステロンの過剰分泌が原因もしれません。

適量であれば、プロゲステロンは子宮体がんの発症リスクを抑えてくれる成分ですが、増えすぎてしまうと皮脂過剰につながります。

ニキビや乾燥肌が気になるときは注意してみましょう。

また、メンタル面への影響を感じる人も少なくありません。

気分が深く落ち込みやすかったり、社交性が著しく低下してしまったり、不眠や吐き気、頭痛や食欲不振などを感じる人も少なくありません。

(まとめ)女性ホルモンが過剰分泌されるとどうなるの?

1.女性ホルモンが過剰に分泌されると体調不良や肌トラブルなどのデメリットが起きやすくなります

女性ホルモンが過剰に分泌されることによって、肌荒れや生理痛、子宮内膜症や乳がん、胆石などさまざまなトラブルに発展してしまう可能性があります。

エストロゲンやプロゲステロンなど女性ホルモンによって、具体的な症状は変わります。

2.月経やアルコールは女性ホルモンが過剰分泌される原因となりやすいです

女性ホルモンの過剰分泌は、エストロゲンはプロゲステロンによって原因が異なっていることが多いです。

エストロゲンは肝臓機能の低下や睡眠不足、プロゲステロンは、ストレス過多や食生活によって過剰分泌されやすいです。

3.女性ホルモンが過剰分泌を解決には野菜不足などの食生活の乱れを直しましょう

女性ホルモンが増えすぎてしまっている場合、それぞれのホルモンに合わせた改善策を実行していくようにしましょう。

エストロゲンの場合は、肝臓機能の強化や肥満の改善が重要です。

プロゲステロンは、海藻類を取り入れるようにするのがおすすめです。

4.生理痛やPMSは女性ホルモンの過剰分泌のサインです

女性ホルモンの過剰分泌は、目に見えて分かる変化ばかりではありません。

そのため、体調のちょっとした差異に気づき、必要な解決策を実践したり、専門医の診断を受けたりする必要があります。