ダイエット中は髪の栄養にも気を配りましょう


ダイエットをしているとき、栄養バランスに気を使うことはとても大切です。

健康的に痩せるためには、きちんと体が必要としている栄養素を摂らななければいけません。

また、それと合わせて、髪の栄養についても意識する必要があります。

髪の毛に必要な栄養を摂ることと、髪の栄養補給のためのケアをすることを忘れないようにしましょう。

髪に栄養をいきわたらせることも大切です

髪に栄養を与えるためには、血行を良くすることも大切です。

食事から摂取した栄養は、血液によって体中に運ばれているからです。

入浴

入浴は、全身の血行を良くするのに役立つばかりでなく、ダイエットにも効果があります。

半身浴や反復浴などで代謝を高め、健康的なダイエットを目指しましょう。

入浴をすると多量の水分を失いますから、適宜水分補給をしながら行うのがポイントです。

マッサージ

マッサージも、血行促進に効果があります。

首や肩が凝っている時に、マッサージをするととても気持ちが良いと思います。

これは、コリがほぐれて血行がよくなっているからです。

頭皮や首、肩のマッサージをして、髪に栄養が運ばれやすい環境づくりをしましょう。

ストレッチ

ストレッチも、マッサージや入浴と同様、血行を良くする効果が期待できます。

ストレッチで体を柔らかくすることで、体のコリをほぐしたり、凝りにくくすることもできますから、毎日の習慣にしましょう。

ストレッチは、体が温まっている入浴後に行うのがお勧めです。

髪のためにもバランスの良い献立を作りましょう


髪と体の健康の為には、ダイエット中もバランスの良い献立を作ることが大切です。

献立限定ダイエットは避ける

毎日の献立を「朝は○○、昼は自由、夜は××」などと、ある程度限定してしまうダイエットは、カロリー計算をする必要がなく、簡単で便利です。

しかし、こうしたダイエットをしていると、どうしても栄養が偏ってしまいがちです。

このようなダイエットは、大抵ある程度栄養価も考えて献立が組まれているものですが、やはりバランスよく様々な食材を食べる方が健康には良いのです。

品目数を見る

昔から、「1日30品目食べると健康に良い」と言われています。

これは、いろいろな食べ物を食べることで、自然とバランス良く栄養が摂れるからです。

ミネラルやビタミンの豊富な野菜や海藻類を中心に、タンパク質、炭水化物、脂質とバランス良く食物を摂取するようにしましょう。

肥満の原因になりやすい脂質は、栄養価の高いナッツやアボカド、便秘に効果がある良質のオリーブオイルなどから摂るようにしてください。

外側からのケアも行いましょう

ダイエット中は、髪のトリートメントも積極的に行うようにしましょう。

新しく生えてくる髪の健康状態は生活習慣によって左右されますが、既に生えている髪の美しさを保てるかどうかは、髪のケア方法によって変わって来るからです。

シャンプー

髪の毛のケア方法として最も一般的で、多くの人が行っているのが、「シャンプーで洗うこと」だと思います。

髪を洗うことは、髪についた汚れや、頭皮の余分な皮脂を落とすのに効果的です。

1日から2日に1度はしっかり洗うようにしてください。

また、シャンプー剤は、なるべく保湿力が高いものを選ぶのがお勧めです。

特に女性は頭皮が乾燥しがちですから、しっとりとした洗い上がりのものを選びましょう。

トリートメント

タオルドライの後は、洗い流さないトリートメントを使いましょう。

ドライヤーの熱は髪を傷める原因になるため、保護するためのトリートメント剤が有効です。

スプレータイプやクリームタイプ、オイルなど、様々なものがありますから、自分の髪質に合っている使いやすいものを見つけるようにしてください。

(まとめ)ダイエット中は髪への栄養を気にするべき?

1.ダイエット中は髪の栄養にも気を配りましょう

ダイエット中は、栄養不足に陥りがちです。

体が必要としている栄養素をきちんと摂ると同時に、髪の栄養についても意識しましょう。

栄養を摂ることと、髪のためのケアを行うことが大切です。

2.髪に栄養をいきわたらせることも大切です

髪に栄養を与えるためには、血行促進も大切です。

ダイエットにも効果のある入浴や、コリをほぐすマッサージやストレッチを行いましょう。

ストレッチは入浴後に行うと効果的です。

3.髪のためにもバランスの良い献立を作りましょう

朝晩の献立を毎日決めてしまうようなダイエットは避けて、なるべくバランス良く様々な食材を摂取するようにしましょう。

タンパク質、炭水化物、脂質についてもバランス良く食べるようにしてください。

4.外側からのケアも行いましょう

綺麗な髪を維持するためには、外側からのケアを行うことも大切です。

1日から2日に1度きちんと髪を洗うことや、タオルドライ後に洗い流さないトリートメントを使ってドライヤーの熱から髪を守ることなどを心がけましょう。