ダイエットは髪によくない影響を与えることがあります


ダイエットは、食事や運動を見直して行われることがほとんどです。

このうち、髪に影響を与える可能性が特に高いのが、「食事」です。

ダイエットと言えば食事制限というほど、ダイエットと食事には密接な関係があります。

ところが、ダイエットのために食事制限をすると、体の栄養が不足して、髪の健康が維持できなくなることもあるのです。

ダイエットをする時は、髪の状態にも気を配るようにしましょう。

ダイエットの仕方によって受ける影響は異なります

ダイエットには様々な方法が考えられます。

それぞれのダイエット方法について、髪に与える影響を見てみましょう。

食事制限

食事制限は、ダイエットに欠かせない方法です。

いくら運動やエステを頑張っても、暴飲暴食をしていては痩せることはできません。

ところが、極端な食事制限で栄養不足に陥ると、髪の毛や肌はどんどん荒れて行ってしまいます。

食事制限は栄養不足にならないように行う必要があるのです。

半身浴

半身浴は全身の血行をよくするため、お肌や髪のためにもなるお勧めのダイエット方法です。

新陳代謝を上げることで、髪の成長を促す効果も期待できます。

ただし、半身浴を行う時は、のぼせすぎや脱水に注意しながら行いましょう。

運動

適度な運動は、カロリー消費効果があるだけでなく、基礎代謝を上げるためにも役立ちます。

運動にも血行を良くする効果がありますし、毎日の生活に適度な運動を取り入れることで、生活リズムも作りやすくなります。

髪の健康が損なわれるダイエットは体の健康も害する恐れがあります


食事制限のように、髪に影響を与えるダイエットは、髪以外の部分にも悪影響を及ぼす可能性があります。

栄養不足

ダイエット中は、ビタミン、ミネラルなどの栄養が不足しがちになります。

これらの栄養素は、髪の健康を保つために必要であると同時に、体の健康を保つための働きも担っています。

こうした栄養が不足すると、髪だけでなく、血液や筋肉など、身体活動に必要な肉体を作りだすこともできなくなってしまうのです。

カロリー不足

ダイエットのために、絶対的な摂取カロリーを抑えると、それだけ日常の活動するためのエネルギー量が少なくなってしまいます。

もちろん、ダイエットにはある程度のカロリー制限は必要です。

しかし、人間が身体機能を維持するためには、最低限、基礎代謝と呼ばれる一定のカロリーが必要です。

基礎代謝は体重から簡単に求められます。

ダイエット中だからと無暗にカロリー減を目指すのではなく、基礎代謝を知った上で摂取カロリーを決めるようにしましょう。

ダイエットは健康的に行いましょう

ダイエットをする時は、心身の健康を意識して行うことが大切です。

そうすることで、自然と美しい髪を維持しながらダイエットを行うことができるようになります。

外食・間食を控える

ダイエットの大敵と言えば、外食や間食です。

外食の中には、味わいを良くするために多量の脂質を含むメニューが多く、栄養価の割に高カロリー、高脂質で太りやすい食事になってしまうのです。

また、甘いお菓子もダイエット中は禁物です。

特に洋菓子は、脂質が高く太りやすい食べ物です。

どうしても甘いものが食べたい場合は、フルーツや少量の和菓子をチョイスしましょう。

早寝早起き

夜型生活は太りやすいと言われています。

ダイエットをする時は、朝きちんと目覚めて朝日を浴び、夜はあまり遅くならないうちにベッドに入るようにしましょう。

こうした生活は、体のリズムを整えるのにも役立ちます。

また、成長ホルモンは夜に多く分泌されることから、髪のためにも良い生活リズムなのです。

(まとめ)ダイエットが髪に髪に悪影響を与える可能性がある?

1.ダイエットは髪によくない影響を与えることがあります

食事制限を含むダイエットを行うと、栄養不足によって髪の健康が保てなくなる場合があります。

ダイエットをする時は、髪の状態にも気を配りながら行うようにしましょう。

2.ダイエットの仕方によって受ける影響は異なります

ダイエットには、食事制限や半身浴、運動など、様々な方法があります。

このうち、血行を良くしたり代謝を上げてくれる半身浴や運動は髪のためにもなりますが、食事制限は髪の栄養不足を引き起こす可能性があります。

3.髪の健康が損なわれるダイエットは体の健康も害する恐れがあります

髪の健康が損なわれるような極端なダイエットは、髪以外の体にも悪影響を及ぼします。

栄養不足や絶対的なカロリー不足に陥らないよう、栄養バランスと基礎代謝に気を配ってダイエットを行いましょう。

4.ダイエットは健康的に行いましょう

ダイエットは、心身の状態を意識しながら健康的に行うことが大切です。

過度の食事制限をするのではなく、外食や間食を控えたり、早寝早起きをして生活リズムを整えたりするのがお勧めです。