ダイエットの方法によってはタンパク質不足に陥る可能性もあります


髪の毛は、ケラチンというタンパク質でできています。

ところが、ダイエットをしていると、このケラチンが不足して、髪の毛が十分に作れなくなり、髪質が低下したり、抜け毛が起こったりすることがあるのです。

このような事態を招かないためには、正しい方法でダイエットを行う必要があります。

ダイエットをしているとタンパク質が不足しがちです

ダイエットを運動だけで行うという人は少ないのではないでしょうか。

多くの場合、ダイエットは、運動と食事制限を組み合わせて行います。

しかし、食事制限が極端になると、タンパク質不足が起こりがちになってしまいます。

タンパク質=高カロリー?

タンパク質が多く含まれる代表的な食べ物に、お肉があります。

ところが、「ダイエット中は肉を控える」という人がたくさんいるのも事実です。

確かに、タンパク質がたくさん含まれる食べ物には高カロリーなものも多く、避けた方がカロリーは抑えられるのです。

サラダやスープ、野菜の煮物、おでんなど、カロリーが低めの食べ物には、あまり多くのタンパク質が含まれていません。

一方、ステーキや豚の角煮、鮎の塩焼きなどには豊富なタンパク質が含まれています。

ステーキや角煮は、ダイエット中に好まれる食事ではないため、タンパク質が不足しがちになってしまうのです。

低カロリーな食材もある

タンパク質の多く含まれる食材のうち、大豆製品やササミなどは低カロリーのものです。

全てが高カロリーなわけではありませんから、ダイエットを行う時は低カロリー高タンパクな食べ物を知っておくようにしましょう。

高タンパクでも吸収されづらい食材もあります


大豆製品は、肉類と比べてもかなり高タンパクで、ダイエットにも適した食材です。

しかし、植物性タンパク質は、動物性タンパク質に比べると体に吸収されにくいという難点もあります。

動物性タンパク質も合わせて摂る

大豆だけでタンパク質を補おうとすると、吸収率の問題から結局タンパク質不足になってしまうことも考えられます。

また、大豆製品に含まれるイソフラボンは髪の健康や女性の美に良い働きをするものですが、1日の摂取上限の目安が定められており、摂りすぎもよくありません。

そのため、大豆製品だけでタンパク質を補うのではなく、低カロリーの動物性タンパク質と大豆製品を組み合わせて摂取するのがお勧めです。

低カロリーの動物性タンパク質

動物性タンパク質を多く含む食品の中で、比較的低カロリーなのが、「鶏のササミ」、「ツナ(水煮)」などです。

また、牛の赤身肉も良質のタンパク質を多くふくみ、脂質が少ないためお勧めです。

ダイエット中も、野菜だけでなくこうした食材を食べるようにしましょう。

タンパク質不足を補うお勧めダイエットレシピにチャレンジしましょう

ダイエット中にタンパク質を補うためには、卵やツナ、肉類を食べると同時に、脂質を控えることが大切です。

サラダ

ダイエット中に食べる機会も多いサラダですが、野菜だけでなく、ゆで卵やツナの水煮缶、ミックスビーンズなどをトッピングしてみましょう。

味に変化が出て満足感が上がりますし、タンパク質を効率よく食べることができます。

マヨネーズは使わず、オリーブオイルと塩や、ノンオイルドレッシングなどを少量使いましょう。

ローストビーフ

牛の赤身肉を使って作るローストビーフは、脂質が少なく高タンパクでダイエットに向いた食事です。

薄く切ることで、量をそれほど食べなくても満足感が高いというメリットもあります。

食事制限はストレスが溜まりやすいものですから、食べ過ぎに注意しながら、脂質の少ないお肉類も食べるようにしましょう。

蒸し鶏

鶏むね肉の脂を取り除き、キャベツやニンジン、ブロッコリー、インゲン、ジャガイモなどたくさんの野菜と共に酒蒸しにします。

鶏の出汁が出るので薄味でもおいしく、野菜もたくさん食べられるのでダイエット中にお勧めです。

(まとめ)ダイエット中は髪のためのタンパク質が足りなくなる?

1.ダイエットの方法によってはタンパク質不足に陥る可能性もあります

髪の毛はケラチンというタンパク質で出来ていますが、ダイエット中はこのタンパク質が不足してしまうことがあります。

ダイエットは正しく行い、タンパク質不足にならないように気を付けましょう。

2.ダイエットをしているとタンパク質が不足しがちです

タンパク質が多く含まれる食品には、牛のステーキや豚バラ肉の角煮など、高カロリーのものも多くあります。

そのため、ダイエット中はタンパク質不足に陥りがちです。

大豆やササミなど、低カロリー高タンパクな食材を知っておきましょう。

3.高タンパクでも吸収されづらい食材もあります

大豆製品は高タンパクですが、動物性タンパク質を含む食品に比べて体への吸収率が低いという難点があります。

そのため、ササミやツナの水煮などの動物性タンパク質を含む低カロリー食材も食べるようにしましょう。

4.タンパク質不足を補うお勧めダイエットレシピにチャレンジしましょう

タンパク質不足を補うために、ダイエット中でもサラダに卵やノンオイルのツナをトッピングしてみましょう。

ローストビーフや鶏の酒蒸しもお勧めのメニューです。

お肉も食べて、ストレスの少ないダイエットを目指しましょう。