まずは髪が抜ける原因が本当にストレスか考えてみましょう


ストレスから髪が抜けることは確かにあります。

しかし、髪が抜ける原因はそれだけではありません。

生活習慣の乱れや加齢、頭皮状態の悪化など、様々な原因から髪の毛は抜けていきます。

髪が抜ける原因を見誤ると、適切な対策が取れなくなる可能性もあります。

「ストレスが溜まって髪が抜けた!」と決めつけないようにしましょう。

髪が抜ける原因にはストレスや加齢などいろいろなものがあります

髪の毛が抜ける原因にはいくつもの種類があります。

それがひとつで原因になっている場合もあれば、いくつかが絡み合って抜け毛につながっていることもあります。

ストレス

ストレスが髪によくないというのは、多くの人が認識していることだと思います。

ストレスというのは、気持ちの面だけでなく、睡眠不足や生活環境の変化、長時間勤務といった身体的なストレスも含まれます。

このようなストレスが心身に溜まることで、女性ホルモンや自律神経のバランスが崩れて髪が抜けてしまうことがあるのです。

加齢

加齢による抜け毛は、誰であっても起こりやすく、抜け毛の原因として非常によく見られるものです。

年齢を重ねるにつれて、髪の毛の成長を助けている女性ホルモンの分泌量が低下したり、成長ホルモンの分泌量が下がることから抜け毛が起こりやすくなってしまうのです。

季節の変化

秋は抜け毛が多くなる季節です。

そのため、春や夏にはあまり気にならなかった抜け毛が、秋になって増加してしまうことがあるのです。

また、季節の変わり目は湿度や温度の変化から体に負担がかかり、抜け毛やストレスの増加などのトラブルが起こりやすくなります。

ストレス解消の方法を間違えると抜け毛につながることがあります


髪が抜ける原因がストレスだと感じている場合は、「ストレスを解消して抜け毛を防ごう」と考えるのが普通です。

しかし、ストレス発散方法を間違えると、かえって抜け毛を引き起こしてしまう場合があります。

飲酒

飲酒は適量であれば血行をよくする働きもあり、悪いものではありません。

しかし、お酒が飲めない体質であるのに過度に飲酒をしてしまったり、適量を超えてお酒を飲むと、体の中の栄養を壊し、かえって抜け毛を引き起こす原因になってしまうのです。

また、お酒を飲むと睡眠が浅くなってしまうため、ストレス解消のための晩酌がかえって体に負担をかける結果になる場合もあります。

おいしいものを食べる

スイーツやお肉など、おいしいものを食べてストレス発散をする、という女性も多くいます。

しかし、糖分や脂質の高い食べ物は、体に負担をかけるだけでなく、髪の健康のためにもあまり良いものではありません。

栄養が少なくカロリーばかりが高い洋菓子や脂っこい食べ物はなるべく避けるようにしましょう。

フルーツや和菓子、脂分の少ない赤身肉などがお勧めです。

ストレスに強くなるためにも髪のためにも健康的な生活を目指しましょう

ストレスなどが原因で髪が抜けてしまった場合は、ストレス解消だけをしようとするのではなく、総合的な生活の見直しをするようにしましょう。

朝の散歩

朝日を浴びることは、体と心を目覚めさせるために効果的です。

また、軽い運動は血行を良くするためにも、体の動きを活発にするためにも良いことです。

体のリズムを整えるために、朝のウォーキングを習慣にすることをお勧めします。

仕事などで時間が取れないという人は、ひと駅手前で電車を降りたり、少し遠回りをする路線に乗ってみるなどの工夫をしてみましょう。

規則正しい食事

朝、昼、夜の食事時間をそろえることも、体のリズムを整えて健康に保つ役割があります。

朝ごはんを食べていないという方は、スムージーやヨーグルトなどの軽いものでも食べるようにしてみてください。

また、夕食が遅くなりすぎてしまうという人は、夕方頃におにぎりなどの軽食を食べるようにして、夕飯は軽めに済ませましょう。

就寝前にたくさんの食べ物を食べると、眠りが浅くなったり、胃腸に負担がかかったりしてしまうためです。

体のリズムを整えることで、ストレスに負けない体を作りましょう。

(まとめ)ストレスで髪が抜けるときはどうしたらいい?

1.まずは髪が抜ける原因が本当にストレスか考えてみましょう

髪の毛はストレスで抜けることもありますが、髪が抜ける原因はそれだけではありません。

正しい対処をとるためにも、髪が抜けた原因をストレスと決めつけずに、きちんと考えるようにしましょう。

2.髪が抜ける原因にはストレスや加齢などいろいろなものがあります

髪が抜ける原因には、心身にかかるストレスや、加齢による女性ホルモンや成長ホルモンの減少、季節の変化などによるものがあります。

これらの原因は単体で抜け毛を引き起こすこともあれば、複合的に原因となっている場合もあります。

3.ストレス解消の方法を間違えると抜け毛につながることがあります

ストレス解消のために対策をとるのは悪いことではありませんが、方法を間違えるとかえって抜け毛がひどくなる可能性もあります。

過度の飲酒や晩酌、スイーツや脂っぽい食べ物の食べ過ぎに気をつけましょう。

4.ストレスに強くなるためにも髪のためにも健康的な生活を目指しましょう

朝日を浴びて軽いウォーキングをしたり、食事の時間を毎日なるべく同じになるように心がけることで、心身のバランスがとりやすくなります。

ストレスの解消だけに着目するのではなく、生活習慣を総合的に見直しましょう。