ストレスで髪が茶色くなることもあります


抜け毛や髪質の変化などをもたらす原因となるストレスですが、ストレスが原因で髪が茶色っぽく変化してしまうこともあります。

これは、ストレスによって血行が悪くなり、髪に十分な栄養が届けられなくなることなどから起こる現象です。

日本人の髪は、メラニン色素という黒い色素によって色が決められていますが、血行が悪くなることで、メラニン色素が作られにくくなってしまうのです。

メラノサイトの働きが鈍くなると髪の色が茶色っぽくなります

日本人の髪の毛の色を黒く保っているのは、髪にメラニン色素があるからです。

メラニン色素がどのように作られるかを知っておくと、髪が黒くなくなってしまう原因もわかるようになります。

メラニン色素

メラニン色素というのは、メラノサイトから作られる色素のことです。

メラニンは、「シミ」などの原因として知られていますが、髪を黒くしているのもそれと同じものです。

お肌にとっては大敵のメラニンも、髪の美しさのためには必要なのです。

メラノサイト

髪の毛のメラニン色素を作っているのは、毛乳頭の周りにある「メラノサイト」です。

メラノサイトがメラニン色素を作ることで、成長した髪が黒くなります。

ストレス

ところが、ストレスなどによってメラノサイトの働きが弱まると、メラニン色素が作られにくくなってしまいます。

すると、髪の中のメラニン色素の量が減ってしまい、黒い色が保てなくなって、赤茶けたような色になるのです。

さらに症状が進んで、髪の中のメラニン色素が完全になくなると、髪の毛は白髪になってしまいます。

髪は外部からのストレスで退色することもあります


髪が茶色っぽくなってしまう理由は、精神的なストレスだけではありません。

髪に物理的なストレスがかかることによって、色が退色してしまうこともあります。

紫外線

肌が紫外線の刺激を受けると、メラニンが生成されてシミやそばかすができてしまいます。

しかし、髪の毛の場合は、黒くしようとして紫外線を浴びると却って逆効果になってしまいます。

髪の毛は、紫外線の刺激を吸収して内部にダメージを受けてしまいます。

髪の毛のためには、帽子や日傘で紫外線をカットするようにしましょう。

プール

プールの強い塩素は、髪の色を褪せさせる働きがあります。

日常的にプールに入る習慣がある人は、特に髪のケアに気を配りましょう。

プールで濡れた髪をそのままにせずに、しっかりシャワーで流すようにしてください。

髪の傷み

髪が傷むと、光の反射の仕方が変わって色褪せて見えることがあります。

また、髪の傷みから色が赤茶けることもあります。

色だけでなく、髪質も変わっていると感じたら、トリートメントなどで髪をケアするようにしましょう。

頭皮マッサージで髪の変色対策をしましょう

髪の色が茶色っぽくなってきてしまったら、まずは頭皮マッサージを試してみて下さい。

マッサージのタイミング

頭皮マッサージは、入浴中や入浴後に行うのがお勧めです。

全身が温まって血行がよくなっていますし、のんびり湯船に浸かっている時にマッサージをするのは気持ちがよく、リラックス効果も期待できます。

香りの良いオイルなどを利用して、「義務」ではなく、「楽しみ」としてマッサージをしてみましょう。

マッサージの仕方

頭皮全体を指の腹でゆっくりと押しながらマッサージします。

力を入れ過ぎないように気を付けましょう。

「気持ちいい」と思える強さに留めておくことがポイントです。

首筋や肩なども、頭皮に繋がる部分ですから、一緒にほぐすとより効果的です。

蒸しタオル

マッサージと併用したいのが、蒸しタオルです。

お湯につけて絞るか、電子レンジで軽く温めたタオルで頭と髪の毛を包み込みましょう。

頭を温めると、全身の緊張がほぐれますから、ストレス解消にも繋がります。

(まとめ)ストレスで髪が茶色っぽくなることはある?

1.ストレスで髪が茶色くなることもあります

髪の毛の色はメラニン色素によって黒く保たれますが、ストレスが溜まって血行が悪くなると、メラニン色素が作られにくくなり、髪が茶色っぽくなってしまうことがあります。

2.メラノサイトの働きが鈍くなると髪の色が茶色っぽくなります

髪の毛は、メラノサイトがメラニン色素を作ることで黒く保たれています。

ところが、血行不良などによってメラノサイトの働きが弱まると、髪の中のメラニン色素量が減少し、赤茶けた色になってしまいます。

3.髪は外部からのストレスで退色することもあります

髪は、精神的なストレスだけでなく、紫外線やプールの塩素などの刺激によって退色してしまうこともあります。

また、髪質が低下して色褪せて見えることもあるので、髪が傷んでいると感じたらトリートメントをしましょう。

4.頭皮マッサージで髪の変色対策をしましょう

髪の毛の色が茶色っぽくなってしまったと感じたら、頭皮マッサージをしてみましょう。

湯船につかりながら、指の腹で揉むのがお勧めです。

合わせて、蒸しタオルを利用するとストレス解消にも良い効果があります。