適切でないシャンプー法で頭皮環境が乱れると、パサつきが悪化します


乾燥する冬場や、紫外線の強い季節には、髪のパサつきに悩む人が少なくないでしょう。

パサつきは、頭皮や髪の乾燥が原因ですが、シャンプーの方法次第で頭皮環境が悪くなり、起こることがあります。

例えば、シャンプーの回数が過剰であったり、頭皮に爪を立てて洗っていたり、シャンプー剤を多量に使ったりすると、悪影響を及ぼします。

パサつきを改善するためには、シャンプーを適切に行うよう心がけましょう。

では、適切なシャンプー法、正しいと言われるシャンプーの方法とは、どのようなものなのでしょうか。

まずは、髪を濡らす前にブラッシングをします。

ただし、ブラッシングし過ぎは頭皮を傷めるので注意しましょう。

次に、お湯で「予洗い」をします。

シャンプー剤を使わず、お湯のみで頭皮の汚れをしっかりと洗い流してください。

そして、シャンプー剤は、先に手のひらで泡立ててから頭につけます。

爪は立てず、指の腹で優しく頭皮をマッサージしながら洗いましょう。

シャンプー剤で洗い終えたら、十分にすすぎをしてください。

コンディショナーは毛髪部分に使用し、できるだけ頭皮につかないように気をつけ、しっかりと洗い流しましょう。

洗髪後のドライヤーの使い方にも注意が必要です

ドライヤーの風は毛先ではなく髪の根元にあてること

洗髪で濡れた髪はドライヤーで乾かしますが、その時の熱風が頭皮を乾燥させ、パサつきの原因となることがあります。

それを防ぐには、正しい方法でドライヤーを使うことです。

ドライヤーの風は毛先にあてるのではなく、髪の根元にあてるようにしましょう。

指で髪をかき上げながら行うと、うまく根元から乾かすことができます。

その時に、近い距離でドライヤーの熱風をあてると、頭皮を傷めてしまうので、少し離れた位置から風をあてるようにしましょう。

自然乾燥は、髪を傷めて逆効果

ドライヤーの熱風が、髪のパサつきの原因になることがあるのなら、自然乾燥をしたほうがいいのではと思う人もいるかもしれません。

それは逆効果です。

なぜなら、髪が濡れた状態だと、菌が増殖するなど、頭皮環境が悪くなってしまうからです。

洗髪で濡れた髪は、ドライヤーを正しく使い、速やかに乾かすようにしましょう。

頭皮環境が悪化すると髪のパサつきが起こります

頭皮の血流が悪いと髪がパサつく原因に

髪のパサつきが気になったら、注意したいことは、シャンプーの方法だけではありません。

頭皮が血行不良だと、髪に栄養が行き届かず、パサつきを起こしやすくなります。

血行不良は、不規則な生活習慣が原因とされ、睡眠不足やストレス、食生活の乱れや飲酒、喫煙などが影響します。

髪のパサつきが気になったら、生活習慣が乱れていないか見直してみましょう。

そして、冷えも、頭皮の血行不良の原因となるので、特に、冬場は、身体を冷やさないよう注意が必要です。

過度なパーマやカラーリングにも注意を

パーマやカラーリングをすると頭皮が乾燥しやすくなります。

そのような施術を行った髪と頭皮は、念入りにケアをしましょう。

また、短期間に何度もパーマやカラーリングを施すと髪に悪影響を及ぼします。

十分な期間を空けてから行いたいものです。

頭皮や髪への影響が少ないパーマやカラーリングの液剤もあるようですので、美容室で相談してみるのもよいでしょう。

低刺激のシャンプー剤やヘッドスパで頭皮を労わりましょう

頭皮への刺激の少ないシャンプー剤がおすすめ

シャンプー剤の中には、洗浄力が強すぎるものがあります。

汚れを落とすことを優先しているようなシャンプー剤は、頭皮への刺激が強くなりがちです。

洗浄力の強いシャンプーで潤いまで流してしまうと、頭皮の乾燥につながりますので、刺激の少ないものを選ぶとよいでしょう。

髪のパサつきと同時に、薄毛も気になるという人は、育毛用のシャンプーがおすすめです。

育毛用シャンプーには、頭皮への刺激を抑えたものが多くありますので、試してみてはいかがでしょうか。

ヘッドスパは頭皮の乾燥を改善するのに効果的

髪のパサつきを改善するには、ヘッドスパがおすすめです。

自身で行うセルフヘッドスパもありますが、まずは専門店で適切な施術を受けてみましょう。

専門店では、頭皮の汚れをていねいに洗浄してもらえ、保湿され、頭皮環境をリフレッシュしてくれるはずです。

(まとめ)パサつきが気になる髪をシャンプーする時の注意点は?

1. 適切でないシャンプー方法で頭皮環境が乱れるとパサつきが悪化します

髪のパサつきの原因は頭皮の乾燥にありますが、適切でないシャンプー方法によって起こることがあります。

シャンプー剤の量が多すぎたり、爪をたてて頭皮を洗っていたりすると、頭皮の乾燥につながってしまいます。

より良い、正しい方法でていねいに洗髪し、髪のパサつきを予防しましょう。

2. 洗髪後のドライヤーの使い方にも注意が必要です

洗髪後の髪を乾かすドライヤーの熱風が、頭皮を乾燥させて、髪のパサつきの原因となることもあります。

ドライヤーの熱は、乾燥しやすい毛先にはあてずに、根元にあてるとよいでしょう。

また、ドライヤーが頭部に近すぎると、強い熱風があたってしまうので、なるべく離して使用してください。

3. 頭皮環境が悪化すると髪のパサつきが起こります

髪のパサつき予防のためには、シャンプー以外にも気をつけたいことがあります。

不規則な生活は、頭皮環境を悪化させ、髪のパサつきを招くので、睡眠不足や食生活の乱れなどには注意しましょう。

また、パーマやカラーリングを施すと頭皮が乾燥しやすくなるので、施術後はしっかりケアをしてください。

4. 低刺激のシャンプー剤やヘッドスパで、頭皮を労わりましょう

洗浄力の強いシャンプー剤は、頭皮のうるおいまで奪うこともあります。

髪のパサつきが気になる時は、低刺激のシャンプー剤を選ぶとよいでしょう。

例えば、育毛シャンプーなら、頭皮への刺激を抑えたものが多く、おすすめです。

また、ヘッドスパで頭皮環境をリセットするのも、パサつきの改善となります。