シャンプー剤の適量は、髪の長さによって違います


髪を洗うということは日々のヘアケアには欠かせないものですが、シャンプー剤の適量を知らないという人が多いのではないでしょうか。

シャンプー剤が多すぎたり少なすぎたりすると効果的な洗髪ができないため、頭皮環境を悪化させ、ダメージヘアのもととなり、薄毛を引き起こしてしまうことさえあります。

それでは、シャンプー剤の適量とは、どのくらいなのでしょうか。

プッシュ式のシャンプーボトルでいうと、ショートヘアなら1プッシュで十分です。

また、ミディアムヘアの人は2プッシュ、ロングヘアの人は3プッシュが適量だと言われています。

シャンプーの適切な量を知ると、多くの人が少ないと感じるようです。

また、シャンプー剤は、予め手のひらで泡立ててから使用する、というのが適切な使い方です。

これをせずにシャンプー剤を髪につけると、泡立ちにくく、どうしても量が多くなりがちです。

シャンプーの量が多すぎては、すすぎが十分に行えなくなります。

そうなると、シャンプー剤が頭皮に残ってしまい、ヘアトラブルを引き起こしやすくなるのです。

シャンプー剤が適量でないと、頭皮環境に悪影響を及ぼします

シャンプー剤の量が多いと、毛穴詰まりが起きることも

洗髪時には泡立ちの良さを求めて、ついつい使用するシャンプーの量が多くなりがちです。

しかし、シャンプー剤の量が多いと、すすぎ残しが起きやすくなります。

そうなると、頭皮に残ったシャンプー剤が毛穴に詰まってしまうこともあります。

毛穴詰まりは抜け毛の原因となるので、シャンプー剤の使い過ぎには気をつけましょう。

シャンプー剤が少なすぎると十分な洗浄が行えません

それでは、シャンプー剤は少なめで洗髪するのが良いのでしょうか?

極端にシャンプーの量が少ないと、きちんと洗浄することができません。

そうすると、毛髪や頭皮は、不衛生となり、抜け毛などを引き起こしてしまいます。

シャンプー剤は適量を使用することが大切です。

頭皮環境にとって重要な習慣である洗髪を、適切な方法で行い、健康な髪を育てるよう心がけましょう。

シャンプー剤は手のひらで適量を泡立ててから使いましょう

0fa147dd17a92eb7d38560b62505bd7f_s

先に泡立てたシャンプー剤で効果的な洗髪を

シャンプー剤を頭につける前に、手のひらで十分に泡立てるようにしましょう。

泡立てず、そのまま頭につけてしまうと、なかなか泡立たないためにシャンプー剤の量が増えてしまいがちです。

シャンプー剤の量が多いと頭皮環境を乱すことがあるため、抜け毛などの原因となることもあります。

シャンプー剤を適量で使用し、先にしっかりと泡立ててから頭につけることで、頭皮環境に優しい洗髪をすることができます。

シャンプーの上手な泡立て方とは

適量でシャンプー剤を使用するには、予め手のひらで泡立てておくのがコツですが、泡立てることが苦手な方も多いようです。

どのように泡立てると良いのでしょうか。

まず、髪の長さに合った適量のシャンプー剤を手のひらに出します。

そこにお湯を少量加えて馴染ませたら、両手を擦り合わせて泡立てます。

その時に、一緒に空気を含ませるようなイメージで、力を加減しながら、手を擦り合わせると良いでしょう。

シャンプー剤を使用する前の「予洗い」が洗髪力を高めます

予洗いで適量のシャンプー剤を効果的に使用する

シャンプー剤を使用する前に、お湯で髪をしっかりと「予洗い」するようにしましょう。

この「予洗い」で、毛髪や頭皮の汚れをかなり落とすことができます。

また、髪を十分に濡らすことで、シャンプー剤が頭皮に行きわたりやすくもなります。

特に、髪の長い人や毛量が多い人は、シャンプーが頭皮に届きにくいので、念入りに予洗いをしましょう。

予洗いの方法次第で頭皮環境が改善

予洗いとは、シャンプー剤を使う前に、お湯のみで毛髪や頭皮を洗うことです。

お湯で頭髪を流すだけでなく、指で優しくマッサージをしながら、頭皮をしっかりと洗い流すことができるよう工夫をしましょう。

時間でいえば2分くらいはじっくりと洗いたいものです。

洗髪の際にこの予洗いを行うことで、頭皮環境の改善に大きな効果が期待できます。

予洗いを取り入れ、シャンプー剤の適量を守ることで、健やかな髪と頭皮を育みましょう。

(まとめ)シャンプー剤の適量ってどのくらいですか?

1. シャンプー剤の適量は、髪の長さによって違います

洗髪時に使用するシャンプー剤が適量でないと、頭皮環境が悪化し、ダメージヘアや薄毛の原因となることがあります。

シャンプー剤の適量はプッシュ式のボトルでみると、ショートヘアなら1プッシュ、ミディアムなら2プッシュ、ロングなら3プッシュだと言われています。

適量を手のひらで泡立ててから髪につけるのが、適切な洗髪の方法となります。

2. シャンプー剤が適量でないと、頭皮環境に悪影響を及ぼします

シャンプー剤を使う量が多すぎると、すすぎが十分に行えず、毛穴詰まりを起こすことがあります。

そうなると、抜け毛などの原因となってしまいます。

また、シャンプーが極端に少量だと、洗い残しが起こり、不衛生なので、適量を心がけましょう。

3. シャンプー剤は手のひらで適量を泡立ててから使いましょう

洗髪時、シャンプー剤を適量で効果的に使用するには、頭につける前に予め手のひらで泡立てると良いでしょう。

シャンプー剤を泡立てずにそのまま頭につけると泡立ちが悪いため、適量を超えてしまいがちです。

手のひらにとったシャンプー剤に水を含ませ、しっかり泡立ててから使いましょう。

4. シャンプー剤を使用する前の「予洗い」が洗髪力を高めます

シャンプー剤の適量を守るには、「予洗い」を行うことがおすすめです。

「予洗い」とは、洗髪時にシャンプー剤を使用する前に、お湯のみで髪や頭皮を洗い流すことです。

そうすることで、シャンプー剤が頭皮全体に行きわたりやすくなり、洗浄効果が高まります。