弱酸性のシャンプーは、肌に優しいというメリットがあります


シャンプーの宣伝広告には、弱酸性であることを強調しているものがあります。

これは、弱酸性のシャンプーを使えば、肌への刺激を軽減できると考えられているためです。

確かに人間の頭皮は、弱酸性に保たれるようになっているため、同じ弱酸性のシャンプーを使えば、肌に優しいと言えるでしょう。

ただし、人によっては合う、合わないがあります。

単純に弱酸性のシャンプーだから、髪や頭皮に効果があると思い込んでしまうのは危険です。

実際に使ってみて、自分の髪や頭皮に合っているかを確かめるようにしましょう。

人間の頭皮は、弱酸性に保たれるようになっています。

なぜ、弱酸性のシャンプーは、頭皮や髪に刺激が少ないと言われているのでしょうか?

それは、人の頭皮は、弱酸性に保たれているからです。

頭皮だけでなく、人の身体はさまざまな菌の侵入を防ぐために、弱酸性に保たれるようになっています。

弱酸性の状態を維持することで、酸性に弱い菌を殺菌したり、増殖を防いだりしているのです。

このように、頭皮は弱酸性を保っているので、弱酸性のシャンプーが頭皮や髪に優しいと考えられています。

では、アルカリ性のシャンプーを使うのは良くないのでしょうか?

実は、そんなことはありません。

確かにアルカリ性のシャンプーを使うと、一時的に頭皮はアルカリ性に傾いてしまいます。

しかし、健康な頭皮であれば、弱酸性に戻そうとする機能が働くので、あまり気にする必要はありません。

ところが、頭皮が弱っていると、弱酸性に戻るのに時間がかかることがあります。

すると、アルカリ性の状態が長引き、頭皮トラブルにつながる可能性が考えられます。

そのため、肌が弱っているときや、敏感肌の方は、アルカリ性より弱酸性のシャンプーを使うほうが、肌への負担を減らせると言われているのです。

弱酸性のシャンプーであっても、洗浄成分もしっかりチェックしましょう


弱酸性のシャンプーと言っても、配合されている洗浄成分には違いがあります。

そのため、弱酸性を謳っているシャンプーであっても、洗浄成分をしっかりチェックしてみましょう。

なぜなら、洗浄力の強い成分のシャンプーであれば、いくら弱酸性であっても頭皮に刺激を与える可能性があるからです。

特に、成分表示に高級アルコール系の洗浄成分(ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウムなど)が含まれているものは、刺激が強いと考えると良いでしょう。

もちろん、頭皮や髪の状態には個人差があるため、高級アルコール系の洗浄成分が含まれたシャンプーを使っていても、何のトラブルもなく健康な髪を保てる人もいます。

そのため、今、使っているシャンプーが高級アルコール系のシャンプーだとしても、特に頭皮や髪のトラブルがなければ、気にしすぎる必要はありません。

弱酸性のシャンプーを選ぶなら、アミノ酸系シャンプーがおすすめです

敏感肌やアトピー性皮膚炎の方は、弱酸性のシャンプーを選ぶと、頭皮への刺激を抑えられる可能性があります。

弱酸性のシャンプーの中でも、アミノ酸の界面活性剤を主成分としたアミノ酸系シャンプーは、より安心して使えるのではないでしょうか。

アミノ酸系シャンプーには、以下のような特徴があります。

  • 洗浄力が強すぎず、皮脂をとりすぎない
  • 保湿性があり、頭皮の乾燥を防ぐ
  • 髪のパサつきを抑える

アミノ酸系のシャンプーは、比較的他の洗浄成分に比べて、肌への負担を減らしてくれると言われています。

肌が弱い、アトピーなどのトラブルがあるという人は、シャンプー選びの参考にしてみると良いでしょう。

(まとめ)シャンプーは、弱酸性のものを選ぶほうがいいの?

1. 弱酸性のシャンプーは、肌に優しいというメリットがあります

人の頭皮は、弱酸性に保たれています。

そのため、頭皮と同じ弱酸性のシャンプーを使うと、頭皮に優しく作用します。

しかし、人によっては合わない場合もあるので、自分に合ったシャンプーかどうか確かめる必要があります。

2. 人間の頭皮は、弱酸性に保たれるようになっています

頭皮は、菌などが体内に侵入しないようにするために、弱酸性に保たれています。

アルカリ性のシャンプーを使うと、頭皮がアルカリ性になってしまいますが、健康な頭皮であれば時間が経つと弱酸性に戻ります。

3. 弱酸性のシャンプーであっても、洗浄成分もしっかりチェックしましょう

弱酸性のシャンプーが頭皮に優しいと言っても、強い洗浄成分が入っているとその効果は薄くなってしまいます。

肌に優しいものを選ぶのであれば、洗浄成分も確認するようにしましょう。

4. 弱酸性のシャンプーを選ぶなら、アミノ酸系シャンプーがおすすめです

敏感肌の人や、アトピー性皮膚炎で悩んでいる人は、弱酸性シャンプーを使うと肌への負担を減らせる可能性があります。

弱酸性のシャンプーの中でも、アミノ酸系シャンプーなら、洗浄力が強すぎず、保湿効果も期待できます。