お湯洗いやドライシャンプーという洗い方もあります


育毛環境をもっと良くしようと、いろいろなシャンプー剤を試してみることは良いことです。

自分にあうシャンプー剤が見つかる可能性があるからです。

しかし、シャンプー剤を「使わない」洗い方や、お湯を「使わない」洗い方もあります。

シャンプー剤を使わずにお湯洗いをする方法は、シャンプー剤の成分による刺激が無く、頭皮や毛髪に優しい洗髪方法です。

洗いすぎによる乾燥を防止すると共に、アレルギーを発症あるいは何かの成分からアレルギー症状が出てしまう可能性から身を守ることができます。

また、ドライシャンプーはお風呂で洗髪できない時に、頭皮と毛髪を清潔にします。

お湯で流さなくてもよい成分の「ドライシャンプー剤」を使って洗います。

どちらの洗い方も、通常のシャンプー剤を使う洗髪方法と同じようにメリットもデメリットもあります。

いつもは通常のシャンプー剤で洗い、時々、お湯洗いやドライシャンプーをしてみるのもひとつの方法です。

現在の自分の頭皮や髪質の状態、生活習慣に合わせて、いろいろ試してみましょう。

これらの方法は育毛環境の悩みを持つ方にとって、解決方法になるかもしれません。

石油由来の界面活性剤がダメージを増やしている

洗浄剤として使用される界面活性剤は、「天然由来」と「石油由来」のものに分類されます。

市販のシャンプーの成分表をみると、そのほとんどに

「ラウレス硫酸Na」
「ラウリル硫酸」
「パレス硫酸」

などといった名称が入っています。

これらは石油由来の界面活性剤の中でも特に洗浄力が高く、「さっぱりした!」という実感を得やすいため、多くのシャンプーで使用されています。

しかし、この高い洗浄力がくせ者で、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうため、頭皮を乾燥させ、結果としてフケやかゆみ、髪のパサつきの原因になる場合があるのです。

ダメージを助長させるこうした石油由来成分を配合したシャンプーは、避けるのが無難です。

手軽さで人気のあるリンスインシャンプーも合成界面活性剤を使っているので注意が必要です。

ノンシリコンシャンプーが良いとは限らない


市販のシャンプーに入っているシリコンには、傷んだ髪のパサつきを抑え、髪をコーティングする役目があります。

このシリコンが、毛穴をふさぎ、毛根の代謝を止めてしまうなど頭皮の負担となる場合があるため、最近は「ノンシリコン」を謳う商品が爆発的に流行っています。

ところが、ノンシリコンシャンプーといっても、実際には「シリコン」と呼ばれる成分が入っていないというだけで、ほかのコーティング剤が入っているものがほとんどです。

代替のコーティング剤が必ずしもシリコンより優れているとは限らない以上、ノンシリコンと書いてあるからといって、うかつに使用するのは考えものです。

実をいえばシリコンは非常に安全性の高い物質で、十分な「すすぎ」さえできていれば、毛穴に詰まるということはありません。

そして、シリコンは、はげかけたキューティクルや枝毛を補修する能力はとても高いのです。

ダメージの度合いに合ったシャンプーを選ぼう!

では、髪の傷みをケアするシャンプーはどうやって選べばいいのでしょう。

大切なことは自分の頭皮や髪のダメージ度合いにあったシャンプーを探すことです。

ダメージがひどい場合はダメージケア用のシャンプー

ダメージケア用のシャンプーには、シリコンをはじめとするコーティング剤が入っています。

重要なのは、艶が出て指通りが良くなることより、コーティング効果によってドライヤーや紫外線などの外的刺激から髪の毛を守ってくれる効果がある、という点。

パサつきや枝毛など、髪のダメージがひどい場合はダメージケア用のシャンプーを選びましょう。

ただし、シリコンなどのコーティング剤が頭皮を刺激する可能性があるので、よくすすぐ必要があります。

軽度のダメージなら、ノンシリコンも選択肢

髪の傷みが少なく、頭皮環境を優先するなら、シリコンも代替のコーティング剤も使っていないオーガニック系シャンプーや子供用のシャンプーがよいでしょう。

ただ、コーティング剤無しのシャンプーでは、肌の負担は減りますが、ダメージヘアの補修はできません。

髪をドライヤーの熱などさまざまな刺激から髪を守るため、ヘアオイルなどによるケアが必要です。

おすすめは、アミノ酸系洗浄成分を配合しているシャンプー

アミノ酸系の洗浄成分は天然由来で、髪や頭皮にダメージを残さず、適度な洗浄力で汚れを落とすことができます。

また、髪をつくるタンパク質の元となるアミノ成分が主体のため、使用することでアミノ酸が浸透し、ある程度、髪の痛みを補修してくれます。

ノンシリコンであっても、アミノ酸系であれば、髪の油分が適度に残されるため、それが自然の髪のコーティング剤となります。

ただし、重度のダメージヘアの場合は、アミノ酸シャンプーで補う程度では回復は難しいところ。

パサつきや切れ毛が酷い場合は、むしろ良質なシリコンを配合したシャンプーを使うことをおすすめします。

アミノ酸シャンプーにはまた、泡立ちが弱く使用感が悪い、二度洗いするには価格が高い、というデメリットもあります。

(まとめ)シャンプー時に洗い方を変えると育毛環境は良くなりますか?

1. お湯洗いやドライシャンプーという洗い方もあります

シャンプー剤を使わずにお湯をかけ流す「お湯洗い」という方法は、シャンプー剤の刺激が少ないです。

また、ドライシャンプー剤でお湯を使わないので、入浴できない場合に洗髪することができます。

必要に応じて組み合わせて使うことができます。

2. 石油由来の界面活性剤がダメージを増やしている

市販のシャンプーは、手軽で人気のあるリンスインシャンプーも含め、そのほとんどに、洗浄力が高くさっぱりする、石油由来の合成界面活性剤が使用されています。

高い洗浄力が頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうため、ダメージを助長します。

3. ノンシリコンシャンプーが良いとは限らない

シリコンは、髪をコーティングし、傷んだ髪のパサつきを抑えますが、頭皮の負担となる場合があります。

「ノンシリコン」シャンプーは、シリコン以外のコーティング剤が入っているものがほとんどです。

安全性を比べると、シリコンのほうが安全である場合もあります。

4. ダメージの度合いに合ったシャンプーを選ぼう!

大切なことは、自分の頭皮や、髪のダメージ度合いに合ったシャンプーを探すことです。

ダメージがひどい場合は、コーティング剤が入った、ダメージケア用のシャンプーがおすすめです。

軽度のダメージなら、頭皮環境を優先して、ノンシリコンシャンプーも選択できます。

5. おすすめは、アミノ酸系洗浄成分を配合しているシャンプー

重度のダメージヘアでなければ、髪や頭皮にダメージを残さず、適度な洗浄力で汚れを落とすアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

ノンシリコンであっても、アミノ酸系であれば、髪の油分が適度に残されるため、それが自然の髪のコーティング剤となります。