育毛剤は、大きく分けて「医薬品」と「医薬部外品」の2種類に分類されています。


「医薬品」として認められた育毛剤は、発毛剤として毛母細胞に働きかけ、育毛効果が非常に高い商品と言えます。

ミノキシジル、フィナステリドといった成分を使用しており、特に男性の薄毛であるAGAに効果が高いといわれています。

このミノキシジルというのは、血管拡張薬です。

血管を拡張し血行を良くすることで細胞分裂を促進、髪を太く長く成長させます。

薬局やネットなどでも購入が可能です。

フィナステリドは、男性ホルモンの働きを阻害する薬で、もともとは前立腺肥大症や前立腺がん治療のために開発されました。

医師による処方が必要な内服薬です。

一方、「医薬部外品」の育毛剤は、今、生えている髪や頭皮に栄養を与えるため、天然成分が主体となっています。

医薬品よりも効果が穏やかで、効果は医薬品よりは落ちますが安全です。

どちらが育毛の効果があるかといえば、医薬部外品よりも医薬品の育毛剤の方が、確実に効果が高いといえます。

なぜ、「医薬部外品」天然成分の育毛剤がおススメなのでしょうか。

それは、効果が高いものは副作用も大きいからです。

医薬品の育毛剤のメリット・デメリット

メリット

  • 薄毛や抜け毛などを防ぎ、発毛、育毛を促進する効果が期待できます。
  • 生えてきた毛を太く強くします。
  • 医薬部外品よりも薄毛の改善率が高いです。
  • 厚生労働省によって治療の効果が認められています。

デメリット

  • 血圧低下や男性不妊、皮脂分泌が過剰になりニキビや肌荒れが起こることがあります。
  • 多毛症など、他の部分の毛が濃くなる副作用が現れる可能性があります。
  • 妊娠や授乳に影響を及ぼすといわれています。
  • 高額ですが、使用をやめると再発することがあります。
  • 動悸や息切れ、胸の痛み、むくみなどの症状が起こることがあります。
  • 医師や薬剤師の処方が必要です。
  • かゆみや赤みが出ることがあります。
  • 頭痛やめまい、しびれが出る場合があります。

天然成分の育毛剤のメリット・デメリット

メリット

  • 体への副作用の心配がほとんどないため、安心して使用できます。
  • 病院に行かなくても一般向けに販売されており、購入しやすいです。
  • 種類が多く、好みによって選ぶことができます。
  • 天然成分なので、べたつきが少ないです。
  • 症状に合えば、薄毛の進行を食い止める効果が得られます。
  • 厚生労働省で許可された効能や効果を持った天然成分が含まれています。
  • 髪や頭皮を痛めることがありません。

デメリット

  • 育毛の効果が穏やかで、劇的な効果が期待できません。
  • アレルギー体質などの人は、合わない場合があります。
  • AGAには効果が薄いといわれています。
  • 比較的安価です。
  • 効果を実感できるまで最低でも3か月以上の時間がかかります。

自分にあった天然成分が配合されている育毛剤を選ぶ

天然成分はそれぞれ作用が違います。

効率的に育毛をするためには、自分の症状や体質にあった育毛剤を選ぶようにしましょう。

男性型の脱毛症の人

ノコギリヤシ・M-034海藻エキス

冷え性で肩こりがある人

イチョウ葉エキス・セファランチン・唐辛子エキス・オランダカラシエキス・ニンジンエキス・センブリエキス・クジンエキス・ビタミンEなどは、血行促進の効果があります。

栄養バランスの悪い人

ビタミンB6・チクセツニンジン・オトギリソウエキス・イノシトールなどは、頭皮に栄養を与え、毛母細胞を活性化します。

頭皮が脂っぽい人

イオウ・カシュウ・ビタミンB6などは、頭皮の皮脂の分泌を調整し、毛穴を清潔に保ちます。

頭皮が乾燥している人

甘草エキス・ヒノキチオール・ニアオイエキスなどは、殺菌効果がたかく、頭皮の新陳代謝を高めます。

また、アロエエキス・アルテアエキス・海藻エキス・などは、頭皮の保湿効果を高めます。

(まとめ)育毛したいなら天然成分の育毛剤がおすすめ?

1. 薄毛や抜け毛で悩んでいる方には、まず天然成分の育毛剤の使用をおすすめします

医薬品の育毛剤の方が、確実に効果が高いと言えます。

しかし、効果の高いものは副作用も大きいのです。

天然成分なら副作用がほぼなく、安全です。

2.医薬品の育毛剤のメリット・デメリット

メリット

薄毛や抜け毛などを防ぎ、発毛、育毛を促進する効果が期待できます。

また、生えてきた毛を太く強くします。

デメリット

医師や薬剤師の処方が必要です。

血圧低下や男性不妊、ニキビや肌荒れ、多毛症、動悸や息切れ、胸の痛みなど副作用が起こることがあります。

3. 天然成分の育毛剤のメリット・デメリット

メリット

体への副作用の心配がほとんどないため、安心して使用できます。

一般向けに販売されているため購入しやすいです。

デメリット

育毛の効果が穏やかで劇的な効果が期待できません。

アレルギーなどの人は体質に合わない場合があります。

4. 自分にあった天然成分が配合されている育毛剤を選ぶ

天然成分はそれぞれ作用が違います。

冷え性で肩こりがある人が育毛をしたいなら、イチョウ葉エキス、セファランチンなど、自分の症状や体質にあった育毛剤を選ぶようにしましょう。