女性ホルモンの分泌のためには冷えに効果的な運動が効果的です


髪の育成に大きな働きをする女性ホルモンを増やすためには、どうすればよいのでしょうか。
女性ホルモンは体の冷えに敏感に反応するので、体を温めて活性化するストレッチが効果的です。
自律神経のバランスを整える運動を定期的に行って体をケアしていくと、ホルモンを分泌しやすい体になって、美と健康を維持できます。

寝る前のストレッチを習慣にしましょう

女性ホルモン活性化効果が期待される部分は「仙骨」と呼ばれていて、骨盤中央にある三角形の骨のことです。
ここを刺激しながら体をほぐしていくことで、女性ホルモンの乱れをケアできます。

  1. 床にヨガマットなどをひいて立て膝になり、両手を仙骨に当ててください。
  2. 仙骨をぐっと押しながら上半身をゆっくり引き上げていくイメージで腰をぐっと伸ばしましょう。
  3. さらに骨盤を前に押し出し、10回深く呼吸して元の状態に戻してください。

寝る前に毎日チャレンジすると自律神経のバランスを整える効果も期待されて、体全体がほぐれます。
腰痛や肩こり解消効果も期待されるので、デスクワークで凝り固まった体のケアにはぴったりです。
首から肩にかけてのハリが気になるときには、胸鎖乳突筋のストレッチもプラスしましょう。

  1. 正面を向いてまっすぐ立ち、鎖骨あたりに片手を添えます。
  2. そのまま斜め上を向くようにアゴをあげ、首の前側を伸ばしましょう。

首の前が伸びる感じがして皮膚が引っ張られるようになったら正しくストレッチできている証拠です。

自律神経のバランスを整えてくれます


ストレッチには体をほぐしてリラックスさせる効果が期待され、自律神経のバランスが整うことで女性ホルモン分泌を促します。
運動が苦手な人でも自宅で気軽にチャレンジできるメリットがあり、寝る前の習慣にするにはぴったりです。
他にも女性にうれしい特徴がたくさんあって、こんな副次効果が期待されます。

血行促進効果

筋肉をほぐすことで基礎代謝をあげて、血行改善効果が期待されます。
手足の冷えを改善する効果も期待され、つらい冷えに悩む女性にぴったりです。

心身をほぐしてケアする

体を良く動かして柔軟性を高めることで、心身がすっと軽くなってストレスケアに役立ちます。
更年期症状からくるイライラ緩和効果も期待され、情緒不安定が気になる女性におすすめです。

代謝促進効果

代謝があがるとエネルギー変換効率が良くなるので、同じエクササイズをしたとしても高いダイエット効果が期待できます。
更年期症状とともに体型の乱れが気になっている女性にはぴったりの運動で、痩せやすく太りにくい体質へと変えていきます。

注意点を守って安全に運動しましょう

普段運動していない方が急に筋肉を動かすとケガをしてしまうリスクもあり、注意点を守って運動しましょう。

体が冷えた状態でストレッチしない

筋肉が冷えた状態で急激に伸ばすと危ないので、軽い準備運動をして体を温めた後にストレッチします。
お風呂に入って体がポカポカした状態のときにストレッチするのも、筋肉がしっかりほぐれるのでおすすめです。

痛くなるまで伸ばさない

筋肉が伸びていることを実感しているくらいがちょうどよく、痛いところまで伸ばす必要はありません。
痛いけど気持ちいいというところまで来たらそこで止めて、ゆっくり元に戻してください。

ゆっくり息をしながら伸ばす

ストレッチはゆっくり呼吸しながら伸ばすのが正解で、息を止めると無駄な力が入ります。
体がしっかり伸びずケガの原因にもなるので、ゆっくり息を吐きつつ伸ばしましょう。

紹介したストレッチに限らず、全身運動を取り入れていくとより効果が高まります。
注意点を意識しながら毎日筋肉をほぐす習慣をつけて、体の柔軟性を高めましょう。

(まとめ)女性ホルモンを活性化させる運動とは?

1.女性ホルモンの分泌のためには冷えに効果的な運動が効果的です

女性ホルモンを活性化させる運動として、体の冷えを解消するストレッチがあげられます。
自律神経のバランスを整える効果も期待されて、ホルモン分泌しやすい体を維持します。

2.寝る前のストレッチを習慣にしましょう

具体的には女性ホルモン活性化に関わる「仙骨」を伸ばしたり鎖骨部分のリンパの流れを改善したりして、ホルモンバランスを整えます。
血行を良くすることで体質改善、女性ホルモンを分泌しやすい体作りを進めましょう。

3.自律神経のバランスを整えてくれます

ストレッチすることで血行が良くなって手足の冷えが改善されると、女性ホルモンが安定します。
心身をほぐしてリラックスさせることもホルモンバランスを整える一つの手段で、女性の体の美と健康維持に役立ちます。

4.注意点を守って安全に運動しましょう

普段運動していない方が急にストレッチしたり体を動かしたりするとケガをしやすく、準備運動してからはじめます。
お風呂に入って血行を良くしてから運動する方法もあり、筋肉を傷めないよう工夫しましょう。